脱感作

この記事は約2分で読めます。

一昨日のお話しを思い出してくださいね。
レスポンデント反応。
反射。

今日は、その反射に支配された犬とそこから救い出すための方法を考えてみます。

まず、
反射に支配された犬とは?(大脳の辺縁系に支配された状態)
たとえば、
雷等の恐怖症。
罰による、恐怖、攻撃症状・・・
(もっといろいろ考えられるでしょうが。)

雷などの恐怖症状は説明するまでもないでしょう。
雷の刺激によって、自律神経系の反射を現すものですね。
鼓動が速くなる、体温が上昇する、それに伴ってパンティングが激しくなる
うろうろ落ち着きがなく動き回る、反対にがたがた震えて固まる、
瞳孔が開く、焦点が定まらない、よだれを流す・・・

かわいそうですね。

また・・・罰による恐怖や攻撃とは、
罰を受けた相手を見ると震える、罰を受けた場所に行くと固まって動けない
また手で叩かれ続けることによって、手をこわがる、
棒など長いもので叩かれることで、長いものを見ると攻撃的になる
これらの反応が、意識せずに反射として現れるようになってしまう、
行き過ぎた罰の弊害です。

では・・・
この犬たちを救う方法は?

脱感作です。

脱感作?系統的脱感作ともいいます。
難しい話ではないのでお付き合いくださいね。説明します。

脱感作とは、恐怖を感じていない状態の犬、リラックスした犬に
その犬が恐怖だと感じる刺激(雷音とかですね)を、
恐怖反応が起こらないくらい程度を弱いものから順に強い刺激へと
徐々に刺激を強くしていく方法をいいます。
簡単に言うと
だんだん慣らす。(簡単すぎ!)

また、ウォルピという精神医学者の逆制止という方法も使えると思っています。
実際矯正の現場で使っています。
逆制止とは・・・
不安反応に対して、不安を制止する反応を与える、ということ。
食べることが良いと言われています。

ということは?
だんだんに慣らす場面に、食べ物を利用すればいい!
という考えにたどり着きませんか?

私は着いちゃった、と感じましたけど・・・

実際、矯正の手順、取り組みは困難ですけどね。

刺激の強さは、反応が出ないくらい小さく、そしてその時におやつを食べさせる。
食べていれば気にならなくなるし(逆制止)食べられることは
その程度の刺激はクリアできた証拠です。
社会化の慣れのトレーニングでも使える方法ですね。

明日に続きます。

コメント

  1. みーな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。毎朝の通勤途中でまず、8時半頃携帯のブックマークからアクセス。blogが更新されてるかなぁ~っと覗くのが日課になりました。アンディは一昨日から便がなかなか出なくて(前日に食べた短い骨が消化されなくて、硬くやってしまった)座るのも少々拒否気味状態でした。昨日は散歩で、便を出すのに苦労しながらやっと出ましたが、散歩行く前に宅配便が来てインターホンが鳴りました。いつものアンディだったら…吠えながら玄関へ走って行くのですが、無言で玄関へ走り部屋に戻りで一言も吠えなかったので、「いいこね~」っと褒めちぎりました。便が出てからは散歩で歩くのも嫌がらなくなって、普段のアンディに戻りましたが…吠えなかった→褒められた→吠えない方がいいなっと一度の体験でアンディが理解してくれれば…っと、淡い期待をしている私です(;^_^A

  2. バニ母 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    脱感作は、以前「苦手な音を録音したものをひたすら流す」と書かれていたものがそうですよね。玄関の「ピンポ~ン」って音・・・TVの中ででちっちゃく鳴っても猛ダッシュなので、慣れさせなきゃいけないよね、と思いつつそれ以前に(鳴る前に)車の音や人の気配を察知して飛んでいってしまうようになったので視点を変えてみようと思ってやっているのが、宅急便のお兄ちゃんに頼んでいる「おやつ作戦」ですこっちは逆制止になるんでしょうか~さっきも、おやつをあげてもらったのですが・・・吠えながら、腰引けながら、奪い取るような感じで食べるくせに、前後はガウガウですそして、週末には新たな(苦笑)発見が家に来るとガウガウ吠える対象者であっても、散歩の途中など、外で会えば「好き好き~」ってする方も多くソコまで行かなくても、普通に接することができるのにこのお兄ちゃんには外でも変わらずガウガウなことが判明しましたこの場合でも、今のまま続けていてよいでしょうか

  3. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    場に馴れさせる為のおやつトレーニング』という方法をここで初めて知ったときは、「おやつの使い方にはこういうのもあるのか!」と、斬新さを感じたのですが、同時にママさんの論理を見て、「なるほど~ 理に適っているな~!」と、正直感銘を受けたのもです。『ところで、バニ母さんのバーニーは首輪に馴れていないということでしょうか?僕ならば、首輪を付けっぱなしにして馴らします。 就寝時に外して、朝の挨拶で首輪装着。(^^)

  4. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    みーなさん、こんにちは。そうなんですね!?通勤途中でしたか!?お仕事フルタイム?なんですか?ご苦労さまです。便が・・・出なかった。それはかわいそうでしたね。出てよかった。吠えるどころじゃないってわけですね。さてさて・・・次からはどうでしょうね?大復活を遂げて(爆)のども調子よく、吠え全開でないことをお祈りしますね。

  5. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。う~~~む、バーニーちゃんなかなかですねぇ。まあ、バニ母さんが手を焼くのですからいわゆる、「難しい仔」なんですよねぇ。問題を起こす仔には、接し方を変えれば劇的に直る仔と、もともと犬にしては思慮深いために、中途半端にいろいろ考えてしまう、人間ではないので解明できないから、犬自身悩んだり、パニックったりしちゃうんじゃないか・・・そう睨んでいます。人間だって想定外のことをする輩がいるわけだし、犬にはそういう仔がいないとは言い切れないですもんね。と言うことで!忍耐!創意工夫の鬼と化して、日々精進の道!なんですよねぇ~。

  6. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。ダジャレがなくてなんだかほっとするような、物足りないような・・・条件づけられましたかね?ブログ村のしつけランキング・・・いろいろ勉強になりますが、おやつに関して、誤解があるようなのでちょっとここで集中的に記事にしてみました。バーニーちゃん・・・確かつけっぱなしは具合悪かった・・・っておっしゃっていた気がしますが・・・お付き合いも長いもので。なかなか熱心な方で、呑み込みも早くてですね・・・しかもお美しいのよぉ~。

  7. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ムササビ現れました! あっ、違う。マタタビ洗われました! これも違う。再び現れました!そうですね。ここ数日のランキングは、おやつ使わな~い記事が目立ちますね。使わないのはいいけれど、否定してる内容もありますね。 おやつの本当の使い方を知らないというか、オヤツを使ったその先を知らないというか。。。そんな記事が、実は僕もちょっと気になっていたのです…。そこで僕も、狩猟本能の次はおやつ記事を書こうと企んでいたのですが、考えることは同じなんですね。(^^)狩猟本能とおやつ!? これはどこかで否定されていたキーワードのような…皆、犬に優しくありたいという志向性は同じだと思うのですが、そのアプローチは本当に様々ですね。 日本犬ランキングにいた頃は、他の記事で困惑したり、異議のある記事はなかったのですが、ここのランキングは危険ですね。(笑)それぞれが真逆の論理を展開しているのが一度に目に留まるのですから、熱心な初心者にとっては迷宮のような気がします。それにしても、首輪を付けっぱなしで馴れない犬もいるんですね。

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    しつけランキング・・・迷宮、まさにそうかもしれません。それぞれが、己の方法をアピールするのは別にかまわないのですが、本当に犬に優しいかどうか・・・そこのところを見極めるのは難しい、特に今まさにお悩みの飼い主さんは、視野が狭くなっていると思いますのでさらに難しいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました