レ・レスポンデント・・・!?

この記事は約2分で読めます。

レスポンデント反応は・・・
反射ですね。意思とは関係ない反応です。

問題行動の矯正とは、この状態になった、または
なりやすい犬の行動を直すものだ、という認識を持っています。
はっきり言って訓練、トレーニングでの矯正とはちょっと方向性の違う
反射的な部分の問題なんですね。

雷恐怖症、やパニック的な行動は、
反射なんですね。
反射ですから、犬が自分の意思で立ち直ることはできないのです。

大脳の辺縁系の部分の仕業ですので
脳の興奮レベルを落とさなくてはいけなくなってきます。

多くの犬は恐怖症状とは無縁だと思うので、
レスポンデント反応というより、辺縁系に支配された状態の説明をします。

ヒッパリッコ遊びでちょっと考えてみましょう。
最初はかなり理性的に遊ぶ犬も、
「ヴ~、ヴ~」「ガ~、ガ~」唸り始め、
アウトの掛け声で,放せたロープが放せなくなる。
終いには目の色が変わったようになり、犬も変わったようになり
飼い主さんが引いてしまうようなパニック的な遊びをしている。
そんなご家庭はありますか?

はっきり言ってやりすぎです。

目の色が変わったような感じ、視点が一点集中する(しすぎる)感じ、
これは辺縁系に支配された状態です。

この状態を何度も繰り返させると、
もともとスイッチの入りやすい犬は、ロープを見ただけで
この辺縁系に支配された状態(眼の色が変わり、唸り、よだれを垂らす等)
になってしまうかもしれません。

その状態はレスポンデント反応でしょう。
刺激によって起こる条件付けされた反応。

(闘犬は、これを利用しているのか?
と私は考えますが・・・どうでしょうか?
戦いのための条件反射を作りだしているのでは・・・)

このように、意思でどうにもならない反射を
犬の不利益になる行動に結びつけることは・・・
悲しいことですね。

しかも・・・意図しないで、飼い主さんが良かれと思ってやっていることが
ひょっとしたら?とんでもないことを植え付けているとしたら?
ヒッパリッコ遊びの過剰さ、
犬との荒っぽいプロレスごっこなど・・・
理性が効きにくいタイプ、興奮して歯を使うタイプの犬には
細心の注意が必要なんです。
ご自分の犬がどういうタイプなのか、観察して見極めていただきたいと思います。

反射は一度条件付けされると、治療が難しい。

まず、とことん追い詰めないことと、
刺激に集中させすぎない、ということです。
気分転換を早くさせてあげると、辺縁系に支配されにくい
それは人も犬も同じなんですね。

コメント

  1. まるも より:

    SECRET: 0
    PASS:
    しつこく「いい子」作戦のご報告ですが、昨日は1勝3敗(笑)1勝は全く吠えずに見ながら通過できました。3敗の理由は、吠えている子の前をウロウロして視界をさえぎるという方法と「いい子」のどちらをしてみようか?なんて思っているうちにタイミングがはずれて、更に猛虎の視界に何匹も入ってしまいこの結果です。でも、以前よりずっと早く止みます。ウロウロ作戦を始めるタイミング、対象犬に視線がロックされる瞬間がわかるようになりましたが、その時に始めればいい・・でしょうか?短めにしているリードなので確かにウロウロしにくいですね。オペラント条件付けとかの項目、理解に苦戦している部分です。>刺激によって起こる条件付けされた反応猛虎の他犬への吠えはこれか?と思ったのですが。以前は吠えると私が引っ張って怒る。どこかに方程式みたいなのありましたよね、吠える=飼い主が叱る=というようなの。とっても納得してしまう方程式でした。この理解は違います・・・か?

  2. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    朝の挨拶、オハヨーキー♪(座布団没収!?)今日も陽気なヨーキー♪(これで家没収決定!?)毎朝9時前後にアップされる最新記事を目当てに、9時過ぎるとここに来てしまう飼い主さんは多いのではないでしょうか?僕もママさんにそんな条件付けをされてしまった1人です。(爆)今回もいい話をありがとう御座います。まるで僕の次回記事を援護してくれるような内容です。 という訳で次回記事でママさんの記事を紹介させて頂きまーす♪〈^●(∀)●^〉あっ それと、ポリデント?(爆)にはウケマシタ!(笑)でも、ここまでの流れで真面目な人があのタイトルを見た日には、洗浄剤とは知らずに「訓練の専門用語か?」な~んて思ったかもしれませんね。(^∀^)ここのコメント欄は参考にされる方も多いので、先日や今回のように冗談だけで終わってはちょっと申し訳ない気がします。。。(汗)>反射は一度条件付けされると、治療が難しい。逆に言えば、条件付けでしっかり定着された反射行動は犬も忘れにくい。老犬である近年では使っていませんが、タローが若い頃は「スワレ」「フセ」「ヤスメ」をよく使っていました。(おやつは使用せず。)でも、タローの指示の聞き方は喜んでいるわけでもなく、嫌がるわけでもなく、コマンドとハンドサインによる反射という感じです。タローは子犬の頃から、褒めても反応が薄い性格ではありましたが、褒められることを喜びに感じて指示を聞く犬の場合も反射行動と呼べるのでしょうか?

  3. Pan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。>毎朝9時前後にアップされる最新記事を目当てに、9時過ぎるとここに来てしまう飼い主さん 私も条件付けされている1人です引っ張りっこの「興奮しすぎた状態」というのが、よくわかりませんでした。初心者飼い主としては、他の犬と比べようがないし、Panの興奮ぶりが正常なのか、「興奮しすぎ」なのか見極めができず、「Panは興奮しすぎに違いない」と思いこんでいました。>「ヴ~、ヴ~」「ガ~、ガ~」唸り始め、アウトの掛け声で,放せたロープが放せなくなる。終いには目の色が変わったようになり、犬も変わったようになり飼い主さんが引いてしまうようなパニック的な遊びをしている。 これが「異常な興奮状態」なのですね。もう少し早く知っていればよかった一時、引っ張りっこは封印していましたが、最近は「持って来い」でおもちゃを持って来たら、それを使って引っ張りっこをしています。歯を当てないように上手に遊べるようになってきました。「離せ」というと、名残惜しそうに数回ぬいぐるみの端っこをアムアムと噛んでから伏せをします。4ヶ月と2週間で、乳歯が数本抜けています。小さな乳歯、かわいいです。宝物にとっておきます 「適度な刺激」の見極めと、「オンとオフ」。飼い主が心がけないといけないことですね。がんばりま~す!

  4. もあ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    最近,チャム(9か月)は,私に対して,甘がみがひどくなってその上,ボールは,うなって話さなくなってしまいました。いっとき,そういうのはなくなっていたのですが。ひっぱりっこなどで,興奮させすぎということですね。きっと。うなったり,咬んだりしたら遊びをやめてマテ・という方法をとっているのですが,これでよいのでしょうか。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    ブログの紹介ありがとうございました。(驚きと緊張でわたしもびびりました)今回ファピを家族に迎え入れて多頭飼いになったことで今までになかった問題が多々起きています。ファピのマーキング、食への執着、ランスのびびりによる精神的なダメージ、吠え等…ただ、次々と問題が起きてもあまり深刻にならずにどっしりと構えていられるのは、ママさんのブログで日々勉強しているからだと思っています。リーダーである私が自信を失わなければ時間がかかってもきっと良い方向へ向かっていくはず。その確固たる信念は「私は社会化のドッグトレーナー」からの知識であり心の支えとなっているのは、ママさんがそばにいてくださること。成長していく2匹を楽しみに頑張っていきますね。ママさんのブログ、リンクさせてもらってもいいですか?

  6. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。「いい子」作戦のご報告ありがとうございます。私の実践では・・・対象犬を見た瞬間(対象の犬じゃなくても試しても害にはならないので)に、その犬と、猛虎君(勇ましい名前ですね、しかし・・・)の間を通り過ぎる、うろうろの「うろ」だけでも、意識が集中するのを止められることもあります。それでも吠え始めたら、「いい子」の出番。オペラント、レスポンデント、難しいですよね。「吠え」に関して、行動学の専門家には「違うよ」と指摘されるかもしれませんが・・・私的に、経験から推測して、「吠え」しかも、制止を振り切って吠えるような場合は、すでにレスポンデント反応ではないか、と睨んでいます。だから・・・指示に従える状態じゃないのではないか?と思うんですね。脳の興奮レベルを下げるための「うろうろ」カーミングシグナルですし、本能の部分に訴えかける「心地よい飼い主さんのいい子の声」。そういう考えで行っている方法です。さらに続行しますよ、私も。

  7. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。家の没収は免れましたか?ふふ・・・おばさんギャグに対抗しようなどと10年早いかも年季が違いますからねぇ~。>褒められることを喜びに感じて指示を聞く犬の場合も反射行動と呼べるのでしょうか? これはオペラント条件付けされた反応ですね。で、無意識に従えるようになる、ということが犬と人間との関わり合いの究極だと思うので、オペラント条件付けで良い反応を作りそれを繰り返して強化して、反射のレベルまで持って行く、これが理想ではないでしょうか?反応や反射が、犬にとって幸せならば、それは良い反応であり販社である、ということですね。

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうそう、言い忘れました。次の記事楽しみにしています。私も紹介させていただきますからね。

  9. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。愛しいPan君は今日も元気ですか?抜けた乳歯も愛しいですね。ペンダントにする方もいらっしゃるそうですね。>歯を当てないように上手に遊べるようになってきました。「離せ」というと、名残惜しそうに数回ぬいぐるみの端っこをアムアムと噛んでから伏せをします。これは素晴らしいですね。よく、唸っているから興奮しすぎか、と思われる方がいますが・・・遊びの唸りとは区別しないと、ですね。興奮を自分でコントロール出来るようにするのが、トレーニングの最終目標かな、と思っています。小さいうちに、興奮を制御する手助けをすることで、徐々に身について行きます。ところが、そういう遊びをしながら、興奮を抑える練習をさせないでおくと、噛みつき加減も強く、人の手にも歯を当てる癖が抜けないのです。飼い主さんは面倒でも、その時期にしかできないトレーニングを、辛抱強く続けていただきたいと思います。Panさん、その調子!

  10. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。9か月・・・少~し反抗期でしょうか?>うなったり,咬んだりしたら遊びをやめてマテ・という方法これは普通に行われるトレーニング方法だと思いますが、私的には「マテ」をさせるとボールへの執着はそのまま、ということになる、と考えます。なので、ボールをくわえて放さないことを、もあさん自身が気にしないよ、というのが一番。「君のその行動には全く興味はないよ」というように、これ見よがしにそっぽを向きます。次、「チャム!おやつを食べよう」といっておやつを取りに行っちゃってください。ついてくるならよく褒めて。ついてこないのなら、そのままほっぽっておいてください。気を逸らす、興奮を鎮めることを優先していると、気分転換の早い子に育つと思います。

  11. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。ランス君、落ち着いてきましたか?ファピ君の体調は良いですか?マーリンさんの*印はつけるの?いきなりの多頭飼い、それはそれは想像を絶することの連続でしょう。本当に始まったばかり、ファピ君の犬生もこれからが本番!ランス君は犬生での修業の始まり。苦労も多くなるけれど、喜びは何倍にもなるはずですよ。家族の方の前向きな努力があれば、幸せは何倍にも膨らんでいくでしょう。いつでも、何でも相談してくださいね。一度・・・お邪魔してみたいなぁ~。

  12. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうそう、また言い忘れた。リンクの件了解です。私もブックマークさせていただいてます。本当に素敵なブログ。ブロ友もたくさんできますね。

  13. もあ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >ボールへの執着はそのまま、ということになるああ。これです。なんだか,遊びもしつけも不完全燃焼みたいで,気になったいました。気にしない・・・・て(^^;)かなり難しいですね。がんばってみます。ありがとうございます。

  14. バニ母 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私も間違いなく、ですねで、本日も漏れなく・・・でしたが理解できずに出直してまいりました・・・が、やはり未だスッキリと理解できず、です>多くの犬は恐怖症状とは無縁だと思うので、レスポンデント反応というより、辺縁系に支配された状態の説明をします。↑↑↑ということは レスポンデント反応 ≠ 辺縁系に支配された状態?>もともとスイッチの入りやすい犬は、ロープを見ただけでこの辺縁系に支配された状態(眼の色が変わり、唸り、よだれを垂らす等)になってしまうかもしれません。その状態はレスポンデント反応でしょう。↑↑↑ということは レスポンデント反応 = 辺縁系に支配された状態?と読めてしまったので、訳が分からなくなってしまいましたこのままだと前に進めそうにないので、先日のお話の続きを>首輪とリードはセットにしてありますか?それを持って、バニ母さんがどんどんお散歩の準備をして、玄関に行ってしまうとか、玄関から出てしまうとか・・・試してみたことありますか?↑↑↑いつもこんな感じです実際、本当に玄関から出たこともありますたいていはトコトコ走ってきた時にササッとはめるのですが未だその瞬間は、耳をうしろに倒したり、ヒクヒク小刻みに震わせたり・・・まだ慣れていないようですね

  15. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。不完全燃焼・・・なかなか大変ですからね、何事も。楽しいだけじゃないですからね。でも、成果が見えた時は無条件に楽しいですから、頑張れるんですね。しつけ、と頑張り過ぎると反抗もエスカレートするので、ごまかす、というのは言葉が悪いですが、まあ、簡単に言うとごまかす、気を逸らせるほうがノリノリでトレーニングできると思いますよ。

  16. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。>やはり未だスッキリと理解できず、ですなかなか難しい理論だから、ということより私の書き方がいけないのでしょうねぇ。レスポンデント反射は、反射なんですね、それが長く続くのが辺縁系に支配された状態。と私は理解しています。これでどうでしょうか?さすがバニ母さん、試せることは試していらっしゃるのですね。何故に恐れるバーニーちゃん、って感じですが、それがまさにレスポンデント反応だと思います。自分の意思ではどうにもならない反射的なもの、だからどうやっても首輪に馴染めないのかもしれませんよね。首輪をはめる瞬間に気分がよくなればいいわけだから・・・何かいい案思いつきます?私も考えてみます。

  17. だらだら犬を飼ってる人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >闘犬は、これを利用しているのか?1回しか見たことがないので自信はないのですがこんな見方もあるということで許してください。闘犬は生まれた時から闘犬で戦う時は冷静に戦っていると感じました。興奮して声を出したら負けですから。。恐ろしいほど合理的な攻防は美しいと感じさせる迫力がありました。たとえばマンジュウ(パット)攻撃を得意にしている犬と対戦する犬は前足を体側にぴったりくっ付けて攻撃していました。闘犬として生まれた犬にとって戦うことは不幸なことではないと感じました。戦うことでしか本能を解き放つことが出来ない犬達なのでしょう。かわそうという言葉を出すならシープドッグの羊の方がかわいそうな気がします。余談でした。。。。

  18. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。私も一度見たことがありますが思考をシャットダウンせざるを得なかった、というのが正直。もともと戦いはノーサンキューなので。確かに羊さんはかわいそう・・・でしょうか。

タイトルとURLをコピーしました