オ・オペラント・・・!?って何でしょか?(汗)

この記事は約2分で読めます。

オペラント条件づけという言葉ご存知でしょうか?

動物の反応には
外界の刺激によって引き起こされるレスポンデント反応と
自発的に起こる、オペラント反応とがあります。
(ちょっとややこしいですね。簡単な説明を心がけます)

レスポンデント反応というのは反射です。
光を当てられると瞳孔が収縮するとか、怖い思いをすると心臓の拍動が速くなる、
というような、反射反応です。

パブロフの犬の実験は有名ですね。犬の唾液反応の条件付け。
これは条件付けで唾液を出させるようにした、条件付けレスポンデントです。

では・・・オペラント反応とは?

自発性の反応です。
自らの意思による反応のすべてをいいます。

トレーニングで強化していきたいのはこの自発的な反応です。

オペラント条件付け、というものですね。
自発的な反応にご褒美を与えることで、自発的な良い行動の出る確率を高める、
ということです。

脳の高次元の部分が関わってきます。
犬にはなかなか難しいので、繰り返しとご褒美が必需品です。

レスポンデント反応は、先にも言いましたように、反射です。
大脳の辺縁系の活動なので
ここを活性化させると、トレーニングは台無しになります。

強制訓練の「怯え」はまさに、このレスポンデント反応ですので、
そういう意味で、恐怖を与える罰を使うトレーニングは
トレーニングではありません。

恐怖の反射です。

これが続くと、学習性無力症状が現れます。
行き過ぎた罰は、この無力感をっ作っている、
そう言っても言いすぎではないです。

トレーニングは心で行うものではないです。

脳の状態を観察した、非常に科学的なものでなくてはいけません。

真摯な態度で、心をこめて、ということは
トレーニング以前の、トレーナーにとって(トレーナーでなくても、
一般の飼い主さんでも同じです)の必須アイテムなので、
人間性を高めることを、
技術の習得の前の基礎としなくてはいけないのではないでしょうか!?

私たちの可愛いい愛犬を、安心してお任せできる、
そんな人間性を、まず、と望みます。
それにプラスして、より良い方法を常に勉強するという向上心ですね。
これでいい、ということは今の日本ではあり得ないです。
正しいと思う方法が、正しくないのかもしれないですから・・・

コメント

  1. みーな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。犬を育てるにも、人間の子供を育てるにも…共通する所もありますが、いつまで経っても親としての勉強は続きますね(^_^;)

  2. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    みーなさん、こんにちは。何事も、真実は深い所にありますねぇ。まだまだ、知らないことがたくさんあって、もっと学べば、犬たち飼い主さんにより良い方法でお教えできるのではないか、そう思って日々過ごしています。プロ意識は持ち続けないと。ということで!犬育ても子育てにも、自分を育てることにも終わりはないような気がします。

  3. ことり より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今日の記事、なんだか嬉しくて、力がわいてきました。犬のトレーニングで人間性を高める。「犬がいるから人間ができる」ってことですねー。いろんな迷いや壁があるけど、これからも>真摯な態度で、心をこめて、犬と暮らしていきたいと思います。

  4. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    初めまして、いらっしゃいませ。>「犬がいるから人間ができる」ってことですねー。はい、その通りだと思ってます。賛同者がいることが私の支え、励ましになってます。ありがとうございます。なかなか・・・人間性を高める、ということに拒否反応示される方が多いと思うのは気のせいでしょうか?迷いや壁、頑張ってぶち壊して(爆)突き進みましょうね。よろしく~~~。

  5. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは~♪ 今日の記事タイトルは、ちょっとおどけていて素敵ですね!(笑)仕事で上司を持つならば、オペラント条件付けの巧みな人がいいなぁ。 でないと、凡人の僕はいい仕事は出来ません。。。「犬を見ると何となく癒される。」これは僕にとってのご褒美でしょうか?車を運転していて犬を見掛けると、そのご褒美欲しさについつい犬を見てしまいます。で、それがどの程度条件付けされているかというと・・・  若いお姉さんと犬が居たら、迷わず犬を見てしまうほどです。(笑)だって、お姉さんは何時でも何処でも見れるけど、犬は何処でも見掛けるわけではないでしょ。だから、犬を見るほうが褒美としての価値ありなのだ♪(^^)ママさん、僕はパブロフの犬と化してしまっているのでしょうか?(爆)

  6. だらだら犬を飼ってる人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >賛同者がいることが私の支え、励ましになってます。ありがとうございます。すみません。今回に限り理解が出来ません。>自らの意思による反応のすべてをいいます。恐怖や生理的な反応をを含めて自らの意思でない反応とはなんでしょうか?怖い 危険などを感じる能力は犬に必要な能力だと思っています。犬に考えさせることは必要だし正解を見つけさせることも大切なことだと思っています。犬が困っている時に手を貸すのは犬の成長する機会を奪うものとさえ考えています。しかし「すわれ」を教える後半には右手のモチベーションで誘導しながら左手でお尻を押しませんか?この左手は強制ですがこれも否定されるのでしょうか?恐怖→無気力→無反応になることは理解しています。

  7. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。おどけてます?今日のタイトルは、もっとはっちゃけてましたが、ちょっと・・・やめました。(ちなみに・・・ここだけの話「レ・レスポンデント?ポリデント?(爆)」です。)タローの主さん、もうそれはオペラントを超えて、犬ばかレスポンデント条件付けかと思われます。

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。>恐怖→無気力→無反応になることは理解しています。ここを分かり合えるだけで十分嬉しいです。言葉が足りなかったかもしれません。私の住んでいるところ、まあ、犬に関して意識がそれほど高まっていないところ、人の間では、強制訓練には必ず体罰的なものが含まれます。これ、記事にするとまずいじゃないですか。だから・・・ご褒美を条件付けに使う強制訓練、服従訓練には恐怖の反応はあてはまりませんね。最初は意思が絡んだものでも・・・繰り返されると意思を通さず、反射になります。良い反射を作り上げるのが、問題行動の矯正であったり、信頼関係の構築で、悪い反射は、恐怖による支配や無気力を利用した訓練ですかね。と私は思っているんです。

  9. だらだら犬を飼ってる人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    了解>悪い反射は、恐怖による支配や無気力を利用した訓練ですかね。と私は思っているんです。そのように思います。継続的な体罰は訓練というより虐待ですね。 あっ 同意ですのでRES不要です。。。。

タイトルとURLをコピーしました