褒めることは肯定すること

この記事は約2分で読めます。

カテゴリー、トレーニングに対するひとりごとシリーズ(?)続きます。

つぶやきですかね。
ぼやきかな???

今日は褒めることについて。

褒めることについても相当認識にずれがあるようです。

トレーニングの褒め、日常の褒め・・・

犬にとっての最高の褒めは何だと思いますか

私は肯定すること
だと思います。

日常的には、「あなたがそこにいること」
でしょうし、
トレーニングでは、
「そうそう、その行動でOKだよ」
の合図ですね。

褒めは慰めや、可愛がりとは違うかな?と感じてます。

犬にとっての褒めを、犬にとってわかりやすく与える。
(正しい行動に肯定の言葉を重ねる)
犬の安らぎとはこれでしょう!
と思うのですね。

犬の安心感、というのは人間のそれとは違うようです。
脳の構造がそもそも違うので、
飼い主さんが頼りになるからといって、
ただそれだけで、日々をのんびりと暮らせるかというと疑問です。

これはこういう合図だから次はこうなる、とか
ママが機嫌よさそうだからきょうのお散歩は楽しいだろうな、
とか・・・
昨日は最悪だったな、ママにとっても叱られて。今日はご機嫌どうかな?
などと、
犬は、未来も過去も、連想して関連付けることが苦手です。
だから!
犬は今を生きるのですから!
今の行動、今の状態に、飼い主さんは肯定や、禁止の合図を出して
今、わかるように、
今、どうすべきかを教えてあげないといけません。

いけないことをしたとき、
叩いたり、引きずったり罰を与えるとしましょう。
いけない行動と罰とを関係づけることができるでしょうか?
できないと思います。
で、罰は嫌だと、犬はショックを受けます。罰の効果は犬にショックを与えるだけです。
その後に、いくら慰めても、ショックは消えません。
次は罰を与えないでね、と必死に取り入るだけでしょう。
いけないといわれる行動は発想の余地もない。結び付けられない。

褒めることは肯定すること。
肯定するために、正しい行動をとらせる
ことに集中してください。
目的を正しい行動をとらせること、に置くより
褒めることに置くと、犬は素直に従うものです。

例えば、チャーリー。
知らない犬に吠えかかります。その場合、座らせても興奮がMAXに達すると
飛びかかり、吠え始めます。パニック的に。
なので、私がチャーリーの前に立つように、立ちはだかるように
視線を遮ることをします。方向転換させるのもOK。
上手くすれば我に帰ります。
吠えても拘束技で辛抱すればやがて我に帰ります。
その時にかける言葉は?
あなただったら?

考えておいてくださいね。

コメント

  1. バニ母 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    これ・・・この対応結構迷ったりしてます大丈夫~?とか怖かったでしょう、もう大丈夫よぉ~とかは言っちゃいけなかったかなぁよしっ!とかいい子ねっ!とか短く肯定、かな~最近、頭でっかちになってしまっている気がしますいろんな知識がごちゃ混ぜになってしまって、余計なことを考えたり勝手に難しく、ややこしく考えてしまっている気が一度出直したほうがいいかも話は変わりますが、先日の「音恐怖症」の記事をこちらで紹介させていただいてかまいませんでしょうか?週末に、目の前で雷にブルブル震える子たちを見てこりゃ、なんとかしてあげたいよねぇ、と思いましてその子なりの対処の仕方があるとは思いますが・・・バーニーのお母さんとおばあちゃんといわれている子たちが揃って超恐怖症バーニーはパパの血を継いだらしく、全然平気なんですけどね

  2. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。バニ母さんは宿題の提出率がいいですね。さては!?優等生でしたね?このときの対応を考えるとき「犬は前のことは忘れている」だから、見たことへの、褒め言葉。が答えですね。これはまた明日。頭でっかちになった・・・おめでとうございます!ここからが真のスタート。知識がなければ正しい理解はありませんよ。で、次は観察。とことん観察。無言で指示を聞かせられますか?言葉を使わない!やってみてくださいね。記事の紹介?はい、どうぞどうぞ。いくらでもお構いなく。ただ・・・基本的な私の考え方を分かってくださらないと、昨日の方法の理解も難しいのでバニ母さん、よろしく解説の方をね。

  3. みーな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    アンディも少なくはなってきたけど、やはり咄嗟の状況に反応して吠えますからねぇ…。最近は、「そうそう。吠えなくていいんだよ」っと落ち着いた声で言いますねぇ…。玄関のインターホンで吠える時は、「はいはい。わかったわかった」と言いながら私が玄関へ行くと吠えるのを止めます。しかし、ウロウロと落ち着きませんが、粗相はしなくなりました。初めの頃は落ち着かせる為?か何処かへ粗相してましたからその頃は私も一緒にどうしたらいいものやらとオロオロしていました(;^_^AMailのお返事、有難うございますm(__)mチャーリーママさんの質問で家族には厳しいかどうか?娘はアンディが自分の指示に動かないと泣きます。泣いたら…「泣くならもう止めよう!(練習を)競技会もそんなんでは出せない!」と罵声?浴びせます。プールで泳ぎの特訓で、娘がもう諦めて遊びたいって言ってきた時。「じゃあ、泳げるようになりたくないんだね?どーぞ、どーぞ遊んで下さいな」って引き離すと「嫌だ!」って感じ。親子で泳ぎの練習している中では私が一番スパルタだったかもしれません。娘曰く…「泳ぎの練習は厳しい方が早く泳げるようになるから、お母さんがいい」と(^_^;)しかし、優しく?勉強を教えてくれる旦那の方がいい時もあるようです(笑)

  4. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。アンディ君・・・>ウロウロと落ち着きませんが、粗相はしなくなりました。とは・・・なかなかイケてるキャラですね!ちょっと好きかも。その粗相というのは、必死のテリトリーの死守?とかではなく?うん、うん、スパルタママだぁ~。

  5. はなのおかぁちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    昨日はありがとうございました。ママさんのトレーニングは楽しいですね。わんこにも飼い主さんにも優しいはなと一緒に外に出るとただでさえ緊張するのに、スパルタ先生だったらどうしよう…はなみたいな興奮症の仔なんて、落ち着くどころか更に興奮して、行き着く所は強制訓練。でも、最近のはなを見てると興奮症の仔だってたくさん褒めて、自分から落ち着くまで付き合ってあげれば、時間はかかっても良い方向に行くんだなぁって思います。抑えつけるだけじゃ、頭の中は育っていかないですもんね。ママさんのゆるゆるに感謝します。本日の宿題。私は『いい仔だねぇ』って声をかけるかなぁ…はなもその言葉で私に意識が戻るので。ちゃんと我に返ったことを褒めてあげたいですね。私の母はいつもたくさん褒めてくれます。(こんな年になってしまった今でも)小さい頃もあまり叱られた記憶がありません。だから逆に、『悪いことしちゃいけないんだ』って小さいながらに思っていたように思います。はなもそんな風に思ってくれる時が来るかなぁ…

  6. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。昨日はお疲れ様でした。楽しめてもらえて何よりです。犬と一緒に楽しめなければ意味がありません。はなちゃん、本当に落ち着いてきましたよ。努力の賜物。落ち着くまで待つ、待って褒める。気長にこの繰り返しですね。はなちゃんの匂い嗅ぎの集中力はすさまじいですね。匂い嗅ぎをやめさせる方向にではなく、匂いを嗅ぎたいけど、「おかぁちゃんの言うことを聞こう」そう思えるようにしていきましょうね。ある意味、才能ですからね。宝探しをグランドでやるのも面白いかも、ですね。答え・・・う~~~ん!やられた!?かな?はなちゃんはやんちゃさんですが、その仔を押さえつけるのではなく、良いところを伸ばせるかどうか・・・優しいお母様に育てられ、おかぁちゃんも怒ることないでしょ?じゃあ、興奮症の仔にそのように対応できますか?神様からの宿題かしら?

  7. はなのおかぁちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私も怒る時はあるんです。一応でも、自分でいうのもおかしいですが許容範囲は広いと思うので、許せてしまうというか、いちいち怒っても仕方ないと諦めるのも早いというか…前にもお話しましたけど、怒るのが苦手なんですね。神様からの宿題これまた難しいですねぇ。はなの興奮症はただ叱っても更に興奮させてしまうのは経験済み。私は、はなに『そんなに興奮することじゃないんだよ。普通のことなんだよ~。』って教えてあげたいんです。でも、それが難しいんですよね。今私に出来ることはいろいろなことに慣れさせてあげることだと思っています。それから、テンションの高さを利用して思いっきり一緒に遊んで、エネルギーの発散!でも、おかぁちゃんはまだ上手に遊べてあげられてないです。これまた、私の課題でもあります。

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    あはは・・・怒る?そりゃそうだね。でも・・・優しく怒る、というか、怒るんじゃなく叱るのね、きっと。はなちゃんに?通じますよ。これは確信しちゃってます。まだ、ワンコ飼育数か月なのに、実力は確実に上がってますから。大丈夫ですよ~。

  9. はなのおかぁちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私の母は褒めるけど、『自分で責任をとれることなら、何でもやっていい。』とよく言われました。それってある意味抑止力ですよね。はなにそんなこと言ったって『責任って何?????』でやりたい放題です。昨日、興奮しながらもチャーリー君はママさんの指示に従ってましたよね。飼い主さんに意識を向けていることが、わんこにとっての抑止力にもなるのでしょうか?神様からの宿題の答えは、はなとの係わり合いの中で見つけていくしかないのですね。

  10. おんぷはは より:

    SECRET: 0
    PASS:
    昨日はありがとうございました我に返ったワンコにかけてあげる言葉か・・・。わたしは吠えなかったときは偉かったね~と声をかけてますが、スイッチが入っちゃった後は、さ~行こうかって何事もなかったかのように散歩の続きをしちゃってます。いつも同じワンコに吠え掛かるおんぷ、住宅街に響き渡る鳴き声、相手の飼い主さんの引いた顔・・・おんぷが我に返ったことを褒めてあげる余裕がわたしにありません

  11. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。犬には責任を負わせるわけにはいきません。なので!飼い主さんがすべての責任を負わなければいけないのですね。そう私は考えています。だから、トレーニングするのです。意思の疎通を図るために。「そうかぁ~、こうすればおかぁちゃんは嬉しそうだ。」褒めてもらえるからを経て、おかぁちゃんが喜ぶからに意識が絶対に変わってくると思うので、それが抑止力、といえば抑止力でしょうか。

  12. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。こちらこそ、ありがとうございました。だいぶ、おんぷちゃんという仔が見えてきましたよ~。>おんぷが我に返ったことを褒めてあげる余裕がわたしにありません。大丈夫です。これから余裕ができると思います。おんぷちゃんの興奮をどうにかするよりも先に、飼い主さんの余裕を作っていきましょう。ということで、ほかの参加者の方も、おんぷちゃんはどういう仔か?ということがわかっていますので、気兼ねがないでしょ?で、次は興奮がおさまった時に、「いい子だね」と言える練習をしていきましょう。頑張りましょう。

タイトルとURLをコピーしました