適切な刺激と社会化

この記事は約2分で読めます。

社会化についてお話していますが・・・
お気づきですよね?
カテゴリーは「攻撃性」です。
攻撃性は(どんな問題行動も矯正より予防が大事)まず、社会化の時期の育て方が
大切ですよ、ということなのですが
伝わっていますでしょうか?

言葉が通じても、
このように拙いお話では、なかなか真意が伝わらないのです。
ましてや犬たちは、言葉が通じません。
だから、
より慎重さが求められるのですね。

犬たちの豊かな感情、(犬に感情がない、などと思っていませんよね)
その豊かな感情も訓練しないと、爆発させたり
内にこもったり・・・
言葉で表わせない分だけ 厄介なのかもしれませんね。

社会化期には、十分脳を発達させてあげるとともに、
後々まで残るような、強烈なトラウマを作らないようにしてあげてください。
そういう意味でも、犬の性格を見極めることは重要です。
これは難しいことではありませんよね。
お家に迎えて1~2週間、猫を被ったようにしている犬・・・
または、来たときからハイテンション
あるいは・・・初めから人を敬遠するとか・・・
いろいろです。
でも、毎日世話をしていくうちに、だんだんつかめてくるはずです。
犬を観察しましょう。

社会化期には、トラウマになりそうな出来事も
寝ればケロッと忘れているものですが、
繊細なタイプの犬は、脳に焼き付いてしまいます。
犬種にもよるようですね。
私が今まで見た中で、
難しいかな~と感じるのは、チワワ、柴、かな?
他にも個体によっては難しい仔はいますけど、どんな犬種でも。
こういう仔は、追い詰められることがNG。
また、騒々しいのもだめですね。
だから、ああだこうだと文句を言って育ててはいけません。
また、大声で指示を出すのも癇に障ります。
きつくリードをひくのもNGですし、人混みには酔います。

テリー・ライアン先生のお話しの中で心に残っているものの一つをご紹介します。
脳内の細胞は誕生時にはすべて存在していますが
まだ、”接続”はされていません。
環境のシグナルにより、脳内細胞の電源が入れられ、
ソケットにプラグが差し込まれるのです。

ムツゴロウさんはこうおっしゃっていました。
脳の誕生時の細胞は、使わないものは消えていく。

と。

社会化のトレーニングに必要なものは
適切な刺激です。(刺激の強さには要注意)
これを限られた時間の中(生後4か月まで)で、いかに子犬に与えられるか。

たまたま、難しい犬に当たった飼い主さんは御苦労ですが
私にしか育てられないんだから、
そのくらいの意気込みで頑張ってみましょうか。

コメント

  1. みーな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさん、おはようございます。躾教室の先生から、「犬育ては人間の子育てと同じよ」と言われました。初めはピンときませんでしたが、アンディを育て始めて『なるほどな』と。人間の赤ちゃんも生まれながらに適度な刺激を与えないと脳内の発達に影響が出てくるし、色んな人に会わせたり色んな音を聴かせて経験を積ませる。叱るにも体罰のような事を体験させてしまうとトラウマになって人が怖い人間、他人を信頼出来なくなる。自信が無い事でも経験を積ませていくとそれが自信に繋がる。良い事をしたら、思いっきり褒める。悪い事、してはいけない事はその場で注意する。グチグチ言っても意味がない。アンディを育ててきて、自分が生んだ子供への接し方も少し変わったかもしれません。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは、ご無沙汰してます。今日はもみじの子「ゆず 8ヶ月」についてです。「社会化」という言葉、知っていたつもりでワクチンが終わらないうちから抱っこで散歩のお供に連れていったり、職場の、お客さんから見えるところに連れて行ったりしたのですが、やはり人やワンコに吠えてしまいます。よその人に触られるのを嫌います。動物病院でのパピー教室では、診察台の上でもフセのコマンドも入り平気だったのに、今では大暴れです。そこで、色んな人にフードを与えてもらうのですね。やってみます。幸い一粒ずつ食べるのはできます。がんばります

  3. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    みーなさん、こんにちは。みーなさんの命の育てはGOODですね。人間も犬も命を育てるのですから、基本は一緒。そう思えないと、寂しいですし、どこかで狂いがでるかもしれませんね。お子さんも、思春期を迎える頃、しっかりと親の思いが伝わっているので、大きく脱線する事は考えられないのでしょうねぇ~。羨ましい。

  4. チロリン より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。うちのわんこはズバリ難しいチワワです。一年ほどトレーナーさんに自宅に来てもらい私とわんこの様子を見てもらっていましたが、うちの子は遺伝性の恐がりもありますねといわれてしまいました(汗)でもトレーニングを継続してきたおかげで以前は恐いことがあると脳がパニックを起こした状態になって何がなんだかわからなくなっていたような状況が、恐い対象をみた・吠える・私に注意されるで吠えが中断されたり吠えることを我慢している様子が見られるようになりました。もちろんトレーニングを始めたばかりの頃はスペシャルおやつを使ってほめまくりました。(体重もかなりアップしてしまいました)しつけは飼い主があきらめた時点で進歩しないどころか後退してしまうとアドバイスされたことを毎日自分の肝に銘じてがんばってます。>私にしか育てられないんだからそうですよね。チャーリーママさんの言葉はいつも私に勇気をくれます。ありがとう

  5. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS:
    社会化の時期、「とにかく子犬を暇にさせるな」と言われていました。脳へ刺激を与えるということなんですよね。犬を迎える時、生活スタイルをさりげなくでもしつこく聞かれるのです。「子犬を1人にしない」確認をしたかったのだな、と思います。特に20週までの大事な時期。社会化は終わったTAROだけど、電車や人ごみなど街の生活に慣れる必要がある彼なのでまだまだ二人五脚で頑張ります!次の記事、楽しみにしています。

  6. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。ゆずちゃん、8ヶ月・・・社会化期は完全に閉じられた、ということですね。今まで見ただけで、その存在を知っていても恐れないほど慣れてはいない、ということです。フードをもらうのはいいのですが、もう、怖いと思う気持ちが定着しているので、子犬のころとは方法を変えないといけません。明日の記事でそのへんを書いてます。ちょっと言ってしまいますが・・・怖いと思っている人に近づけてフードをもらうのは、かえって怖い。だから、怖いと思う対象に近づける限度まで近づいて(吠え始める少し手前、震えだす手前です)そこで、ママさんがフードを食べさせる。しかも!スペシャルなもの。をお願いします。頑張って。

  7. スーさんママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうなんですねうちは商売をやっていてまだ生後1ヶ月頃からレジの脇にサークルをおいて5匹きょうだいみんな連れて仕事をやっていたのに、ゆずともう1匹は早くからお客さんに吠えていたような気がします。もみじも吠えるので遺伝もあるのでしょうか?近所にもらわれていった仔は、滅多に吠えません。きょうだいでも個体差があるんですね。とにかくがんばるしかないですね。もみじもやっと最近お客さんに吠えなくなりつつあります。チャーリーママさんのブログで日々勉強中です。がんばりますよ~。明日、楽しみにしています。

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。そうでしたかぁ~、チワワちゃんでしたか。お店に来られるチワワを飼い始めたばかりのお客様・・・「小さいけど、慎重になり過ぎず、いけないことはいけないと教えてください。」と言っても・・・小さいので何とかなってしまうじゃないですか?で、気がついたら本来の性格が表に出て、吠える、咬む、怖がる・・・お散歩にも行けずお家の中だけで過ごさせているご家庭が多い、そう睨んでいます。チワワの社会化期は特に短いのではないかと思います。それなのに、小さい方が売れるので、生後30日で店頭に陳列()されることもありましたね。親犬の性格など考慮しない繁殖によって、と~っても難しい仔がどんどん誕生させられてしまいました。あきらめたら終わりです。たとえ問題な点が直らなくても、一緒に努力したという歩みの方が意味があるのではないでしょうか?私はそう思っています。

  9. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。「とにかく子犬を暇にさせるな」ですか!!!メモしておきましょう。(笑)日本では、お留守番の時間が長い子犬が多いですね。社会化期に何も施されず、お散歩OKになって歩かない、吠える、怖がる・・・等々の問題が現れて、トレーニング始めるのならまだわかりますが、小型犬では、お散歩に行かない犬が存在します。それも少なくはない数だと睨んでいます。社会化期は終わりましたが、これまでのトレーニングで、脳がしっかり「新しいことを受け入れられる状態」になっているはずです。まだまだ、これからです。頑張ってください。いろんな情報聞かせてくださいね。

  10. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ありますよ~、遺伝というか、その仔の持って生まれた性格、性質ですね。吠えるタイプの仔は、商売されててお客様の出入りがあるので、人に慣れるかと思えば、意外に人の出入りに反応して吠える、というパターンになりやすいかな?と感じています。うちの場合は、チャーリーが吠えるタイプ。我々が「いらっしゃいませ」と言うのに、反応してというか、自分もというか、まあ、特に吠えますね。明日もよろしくです。

  11. チロリン より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ペットショップでもチワワをお客さんに勧めるときに、小さいのでお散歩は毎日しなくても大丈夫ですよ~などといい加減なことをいう店員さんも多いようですね。うちの子は飛びぬけてのびびりなので毎日朝晩30分ずつは散歩につれていくようにはしています。あまり散歩を楽しんでいる風ではありませんが毎日いろんなものを見せて少しずつでも馴れていってほしいから。恐怖のあまり吠える・噛むなどはいかにそういった状況を作らないようにするかを飼い主が先回りして判断していかないといけないですね。

  12. Pan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。今日はお散歩練習3日目。毎日少しずついろんな所を歩かせています。今日は、ちょっとおしゃれなお店が並んだ所へ出かけました。歩いているうちに、どうもPanの歩き方が妙になってきて、「やばい!」と思った時にはうんPが…。家で排泄を済ませて出かけたので、てっきり大丈夫だと思いこんで何の準備もしていませんでした(>_あわてて素手でキャッチしてハンカチに包んで持ち帰りました。お出かけの時はちゃんといろんな準備をして出かけなくては…と反省しました。Panはずいぶん上手に歩けるようになってきました。聞いたことのない音に、時々ビクッとなりますが、途中のベンチで座っておやつタイム。フードを5粒ほど指でつまんで食べさせました。今日も大喜びで食べました。明日から「つけ」の練習をします!

  13. Pan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさん 投稿に失敗してお手数をおかけしました!↑のコメントの続きです。あわてて素手でうんPをキャッチ、ハンカチに包んで持ち帰る羽目に…。ちゃんと準備して出かけないといけませんね。反省です。Panは、少しずつ上手に歩けるようになってきました。聞き慣れない大きな音に、ビクッとなったりしましたが、途中のベンチで休憩した時にフードを5粒ほど指で与えてみたところ、いつもどおりのガツガツPanちゃんでした「つけ」の練習をしていないので、明日からがんばってみようと思います!

  14. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ペットショップでの売り方は相当酷いみたいですね。今は、ミックス犬が流行(嫌な言葉ですね)していますが、どうにかしてほしいですね。流行ってどうよ!ってこと。お散歩は大事ですよ。嫌がっても、抱っこでもいいから出かけていただきたい。思いっきりびっくりしてしまった時はいつも以上の優しい声と笑顔で「○○ちゃ~ん、いい仔だねぇ~、さあ、歩こうねぇ~」でお願いしますね。「よしよし怖かったねぇ~」で恐怖を定着させないように。気を逸らせて、調子に乗らせて。スペシャルな言葉と、おやつは必需品ですね。

  15. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    多くの初心者飼い主が、躾方法の本ばかりに目を向けて、犬がどんな生き物なのかを知ろうとしないことが気になります。 もちろん、犬を飼う上で事前に勉強しておくべきこともあれば、一緒に暮らしながら学ぶべきこともあります。 しかし社会化期というものは、仔犬を迎え入れた時よりアッと言う間に過ぎていきます。 初心者飼い主がいくら勉強しても、社会化の重要性を学ぶ頃には犬が育ち過ぎてしまっています。 その重要性を説くならば、犬が仔犬のうちに飼い主と接点が持てるペットショップ、動物病院、ブリーダーなどが積極的にアドバイスをする必要性を感じます。しかしアドバイスの多くは体の育て方(健康面)に比重が置かれ、心の育て方はおそろかなところが多いと思います。社会化の重要性を知らない飼い主は、良くも悪くも獣医の言い付けを真面目に守って、ワクチンの抗体が定着するであろう時期まで外出をさせないのが多いですよね。 そして後に犬が思うように育たなかった時に、社会化の重要性を知ることになる。 ここに来ている方々は重要性を認識されている訳ですが、特に小型犬の飼い主の中には「小型犬だから散歩は必要ないの♪」などと馬鹿なことを言っている輩も多い始末。 こうなると最悪ですよね。それだけに、最初に接点を持つ犬に関わる全てのプロが説いて欲しいものです。仔犬の時に社会化を行ったからと言って、それにあぐらを掻いてもいけませんよね。 1度受入れた体験でも、時が経てば忘れてしまいます。 成犬になっても継続してそれらの体験を与えることが必要不可欠です。 例えば、東京駅や大阪駅の通勤時の人混みに慣れたとしても、1年間駅に近寄らなければ目が回るでしょう。犬の社会化に終わりはありませんね。(^^)

  16. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。gooブログはENTERキーを押すと投稿されてしまうことがあるみたいです。素手で・・・ご苦労さまでした。いい感じでお散歩できているようですね。「ついて」ですね。まず、歩くことを楽しむように、リードは無理に引かないようにしてくださいね。引っ張ったら止まる。Pan君に、引っ張ったらママがついてくる、と思わせないこと。時折、膝下にフードを持った手で「ついて」と言いながら誘導。歩きながら食べさせる。これでやってみてください。

  17. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。まったくおっしゃる通りで、感銘を受けます。なぜ、犬を取り巻く環境が法の改正に比べて貧しいのか、というと、プロの勉強不足が一番の原因だと思います。みんなぐるなんじゃないか!?と疑いたくなることもあります。うちのお店は、生体もいませんし、もともと犬関係の団体にも全く関わりがないので、ある意味、「そういう」プロの方々は馬鹿にしてみているところもあるんですよ。先走っている(?)と言われたこともあります。何なんですか!って・・・お散歩で一番強烈だったのは、「うちのボダーコリーはお散歩が嫌いなの」はい、社会化に終わりはありません。終わらせたらそこで精神的に犬を捨てることと言っちゃったらいけないかな・・・。こうして犬生一生をかけて、トレーニングしていくことで、老犬になった時も犬により良い生活を送らせてあげられる知恵が人間側につく、と思うんですよね。

  18. wotaru より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >「うちのボダーコリーはお散歩が嫌いなの」この一文に触発され、コメントさせて頂きます。うちの犬を毎朝散歩させているコースでたまに会う方が、偶然、うちのと同じ犬種を飼っている、というのを伺いまして。「お宅毎朝大変だね~うちのはね~庭に放し飼いしてるから散歩しなくていいんだよ~」非常に嫌な予感がしつつも、人様のことだし事情もあろうし聞き流していたのですが。今日、再び話題がその犬のことになり、「来客や玄関ホンに狂ったように吠える」のと同時に「足を執拗に舐め続けて皮膚が爛れている」といったストレスによる常同行為まであるそうで。すでにシニアに差し掛かっているその犬を改めて社会化するには犬も人も並大抵ではないことは想像に難くありません。それでも、明日以降、その飼い主と顔を合わせるたびになにげに進言してみようかと思っています。ですが、そういう飼い主は「困っている」と口にしながらも「本当に困ってはいない」のです。(犬が吠えるのは当たり前、舐めるのは悪い癖程度と見なしている)意志差もそうなんですが、情報格差という言葉をまざまざと思い知らされた次第です。

  19. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。お散歩の嫌いなボーダー飼いの方は、おそらく都会の方のようでしたけど、非常に上品なご婦人。ボーダー=活動的な飼い主という印象(理想)を持っていますので、愕然としました。お散歩できないというのは、何かの問題があってそれが現れている、症状ですね。お散歩しない、というのは病気の原因をつくっているようなものだと思っています。>そういう飼い主は「困っている」と口にしながらも「本当に困ってはいない」のです。そううなんですねぇ~。だからアドバイスも空回りになったりしますが・・・なにげに進言してください。その饒舌さならいけるかも。

  20. はちみ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    確かに、人間も同じで使わない能力はどんどん衰えていきますよね脳への適切な刺激・・・うちのルイにはしてあげられたかな?とちょっと考えてみました。失敗したかな~と思うのがひとりで過ごす時間にも慣れるようにと、日中あえて別の部屋に居させるようにしたこと。ますます甘えんぼうになってしまった気がしますまた、分離不安の傾向があるのもそのせいかも・・・散歩デビューしたとたんいろんなワンちゃんに吠えられてしまってビクビクしていた時期もありましたが8カ月になった今は、それがトラウマになることなく社交的になって遊び方も覚えたようですチャーリーママさんのブログではいつも勉強させていただいています。良かったら私のブログにブックマークを張らせていただきたいのですが・・・お返事お待ちしています

  21. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。>ひとりで過ごす時間にも慣れるようにと、日中あえて別の部屋に居させるようにしたこと。うん、なるほど・・・その方法が効く仔(興奮症の仔)もいますが、ルイちゃんはむしろべったりの方が良いのかもしれませんね。安心感の壷が一杯になれば、きっと待てるはずだと思いますので。分離不安というのは、一緒にいたい気持ちより置いて行かれた不安感の方が大きい、そう睨んでいます。リンクの件OKで~す。私もブックマークさせてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました