社会化のトレーニング

この記事は約2分で読めます。

さてさて、そんなわけで社会化です。
ようやく本題・・・

そのまえに社会化についての復習的なこと、いいですか?
(またまた前振り・・・長いかなぁ~)

動物の社会化期には、好奇心が警戒心を上回っています。
なので、新しいこと、新しいものに積極的に近づこうとします。
が、社会化期が終わりに近づくと、
警戒心が上回って、興味のあるものに出会っても、
一定の距離を保ちながら、存在が何であるかを知ろうとします。
何でもかんでも近づいて匂いを嗅いでいたのでは、
動物が淘汰をかいくぐって生き延びることは難しいでしょう。
危険なものには近付かない、そういう本能です。
自己の防衛本能ですね。
警戒心です、警戒心は自然界では悪いものではないのですよ。

反対に、恐れなくてもいいもの(自分に危害を与えるものでないもの)
例えば、風の音、雷の音、現代社会では、自動車の音、電車の音、
チャイム音、電話のベル音、シャッター音、子供の叫び声・・・
などなど。
これらを恐れていたのでは、生活に支障を来します。
(恐怖症とかですね)
これらについては恐れることのないように、慣れなければ神経がもちません。
警戒しなくてもよいことを学ばせます。

新しいものを怖がる・・・
生まれつきその傾向の強い仔と、弱い仔はいます。
どちらも、慣らすことで、
社会的距離を縮めることは可能だと思っています。
社会的距離を縮める、ということは、
相手との距離を縮める=近づかれても動じなくなる、
また、耳にしてもやりすごせる
ということです。
相手が、危険なものではないことを教えながら、
たくさん触れ合わせて、そのものの存在に慣れる=鈍感にさせます。
それが社会化のトレーニングです。

では・・・
どうやったら慣れるでしょう。

巷で最近行われるパピーパーティーがありますがご存知でしょうか?
こういう場所に出かけて、積極的に慣らしのトレーニングをされることは
とても良いことだと思いますが・・・
中には、(早いうちから唸り咬みつきを起こしやすい仔)
刺激が強すぎて、脳がパニックを起こしてしまう仔もいるので要注意です。
脳が対処できないのですね。
どこで判断するかというと、パンティングです。
暑くもないのにはぁはぁしていませんか?
これは恐怖で起こる場合とか、
緊張が極度に高まった場合とかがあります。
興奮しているときもなりますが、下を巻き上げるほどにはなりませんね。

興奮気味の仔は、ばたばたしているだけですので扱い方を間違えなければ
まずあまり問題はないかなと感じますが
はぁはぁする仔、しないながらもがたがた震える仔、
こういう仔は要注意です。

どうか、お出かけには注意して、
時間をかけてゆっくりお願いします。
パピー教室などで
「抱っこしないで」
なんて言われたら、そのままお帰りください。
下ろしたらパニックを起こします。立ち直るのには相当の時間、日数がかかるでしょう。

では次回から、社会化の実際を考えてみましょうね。

コメント

  1. 専業主婦 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    画面表示が狭くなり拡張キーを使っても広がりません。こうして書いている時も全体が表示されないので書きながら枠を知る次第ですうちはヨーキーがママさんの指摘する恐怖症症状を表します。抱っこをしますがしばらくは家の何処に移動しても震えています。

  2. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。見辛かったですか?また、変更しておきましたから。うちのココがやはり恐怖症状をあらわす仔なので、その辺の対応は慎重にしています。ヨーキーちゃんは成犬でしたっけ?食べるのは好きですか?何処にいっても平気になれるためには、色々なところで、おやつを食べられないといけません。色々な人にもらうとか。これから社会化のトレーニングについても実践的なこともお話できたらいいな、と思っていますので「こんなときはどうしたらいいの?」ということがありましたら、リクエスト、コメントしてください。

  3. Pan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。まさに今、うちのPanは大事な時期のまっただ中にいます。明日からの記事にどんなことを書いてくださるのか、待ちきれない気持ちです。

  4. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。そうですね、真っ最中!なかなかその時期に、社会化を実践できる方はまだ少ないのが現状ですからね。実践、そして人にも教えてあげてください。まわりの協力なくしてはできないことですからね。まずまず、明日からは社会化。脱線するかもしれませんが、家庭犬に最低限必要なこと、<咬みつきの防止>このための社会化です。で、復習的なことですが、咬みつく犬は自信がありません。自信をつけさせる、ことが社会化です。成犬になってもなお興奮する犬は、今何をすべきかよくわかっていない、自分で自分を抑えられない、というある意味自信のない犬です。一生続く社会化ですが、やはり、4か月までが勝負なのです。これを過ぎると、なかなか難しいです。明日からの記事、参考にしてくださいね。

  5. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「社会化」 このテーマは同じ話を何度重複しても余計なことはないですよね。(^^)余談ですが、ブログランキング参加は順位云々よりも露出度アップに期待が出来ます。 ここにコメントを残さないまでも、楽しみに見ている人は必ずいますし、これからもいるでしょう。 価値あるブログの窓口が閉ざされずに良かったと思います。モチベーションの浮き沈みはあるかと思いますが、これからも頑張って下さい。

  6. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。はい、社会化にやりすぎはありません。うちの仔たちにももっともっと施してあげていれば問題なく過ごせることが多いのに・・・な~んて思います。価値ある・・・頑張ります。モチベーションの浮き沈み・・・「本当は小心者、浮き沈みの激しさをひた隠しにする私は、社会化のドッグトレーナー」・・・長いな・・・

  7. みーな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさん、こんばんは!30日のblogのコメント、アンディの叱り方でチャーリーママさんの「大丈夫」と言って頂いてたので安心しました(^_^)有難うございますm(__)mアンディも生後3ヶ月の頃に2回程パピーパーティーに参加しました。比較的狭い部屋に犬のトレーナーが居て、仔犬が5~6頭。最初のパピーパーティーではアンディは端っこで直立不動で、殆ど動きませんでした。30分位でしたが、他の犬が近付くと逃げては端っこに直立不動。トレーナーに抱っこされても微動だしませんでした。もう終わりだよっていう時に、やっと動いて他の犬のお尻のニオイを嗅ぎに行けた感じ(^_^;)2回目は、最初は固まってましたが徐々に慣れて、しまいには他のワンコのお尻にのっかる始末(-_-;お調子者になってしまいましたが、アンディの場合は参加して正解だったかな?と思います。社会化は人間に対しての恐怖心を無くしていけるよう、駅の改札口の周辺にアンディと二人で暫く立っていると犬好きの人が「誰かを待ってるの?」と近付いてきた人にオヤツを与えて貰ったり…近所の人にオヤツを与えて貰ったり。それまで知らない人にいきなりお願いする度胸なかったので、自分も度胸ついたなぁ~って関心しちゃいました(笑)

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。アンディくんは、パピーパーティーに参加したのですね。最初に無理強いしなかったから、2回目には慣れたのでしょうね。その仔、その仔の、間の取り方があるのでそれを知るためにも飼い主さんは要観察ですね。そうそう、社会化はおやつを貰う、それがポイント。さすがですね。

  9. チロリン より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめてコメントさせていただきます。いつも楽しく参考にさせていただいています。うちのワンはいわゆる社会化期にうまく社会化させてあげられなかった仔です。2ヶ月に満たないうちに我が家に迎えて人や他犬にも馴れるように努力したつもりだったのですが、まだ予防注射も終わっていない3ヶ月になる頃には家族以外の人や他の犬をみるとぶるぶる震えるようになっていました。これではいけないと思いあわててパピーパーティをネットで探し参加しました。もちろんパーティでは他の子犬とたわむれるわけもなく、ただただ震えながら吠えていました。あまりの恐さに転移性の噛みつきですが、私の手をガブガブしてみたり・・・それを見たトレーナーさんに「普段から叱るときにぶっていますね?」といわれとても傷つきました。叩いてしつけようだなんて考えたこともなかったものですから。最近パピーパーティがあちこちで開催されていますが、その仔の性格によってパーティが良薬となるかトラウマとなるかが違ってくるんだなと今では思います。ちなみにうちの仔は他の子犬たちが遊んでいるときにはゲージでくぎられた同じスペースでその様子を見させられていました。ときおり他の仔が興味を持ってやってきてくれるのをギャンギャン騒いで威嚇していました。私たちとも引き離されて・・・かわいそうなことをしました。明日からの記事も楽しみにしてます。

  10. wotaru より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いよいよ社会化実践編ですね。明日からのエントリとても楽しみです自分の場合は、ハマりやすい性格もあって「社会化」はやりすぎるほどやりました(^^;)社会化などという概念のない身内からも「お前は頭が変だ。連れ回される犬が可哀想」と言われるほどでしたが、今現在の犬の様子から見ると「やって正解だった」と多少の自信は持っています。パピーパーティーも参加したことがありますが、チロリンさんのコメント通り教室の内容にもよります。「参加者が輪になって、それぞれの犬をぐるぐる回して抱っこさせる」というイベントがあったのですが、初対面の人間にいきなり捕まれ抱き上げられるパピーらはさぞ怖い思いをしたのではないかと;(少なくともうちの犬は涙目で固まってました)

  11. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。いらっしゃいませ。ああ、それはかわいそうなことをしましたね。ワンコにも飼い主さんにも。パピーパティーと名が付きながら、パピーの社会化について学んでないトレーナーが受け持っていたり、感性に?の方が行うと、犬を追い込んでしまいます。厳しい言い方ですがそれくらい、いい加減なパーティーが多いということです。まず、怖がっていたらトレーニングにはなりません。個別の方法(個人レッスン)でないと無理です。脳がパニックを起こしていると学習できないのです。次に、飼い主さんのそばで、楽しい体験をしないといけません。飼い主さんに守られている、その積み重ねで安心と自信が生まれ、飼い主さんから離れて新しいものに近づきたい、その気持ちを作っていかないといけないのです。無理矢理、や強制はいけないですね。この点もお知らせしたくて、社会化のトレーニングブログを始めました。これからもよろしくお願いします。

  12. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。ほほぉ~、パピーパティー、社会化・・・相当ハマりましたね。でも、本当にやりすぎることはないですからね。ただ・・・方法が違っていると、トラウマになったり攻撃性の芽を育てたり・・・難しいのです。良くわかったトレーナーはパピートレーニングは嫌だ、難しいから、と言います。確かに、犬を観察して「まずいな」と思ったらそく止めに入る注意力が要ります。小さいから簡単だ、そういう認識を持った方が多いことがそもそも間違いのもとですね。輪になって抱っこ・・・よくある光景ですが、私は嫌です!抱っこする側が、抱っこの熟練者でしたらOKですよ。

  13. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >社会化などという概念のない身内からも「お前は頭が変だ。連れ回される犬が可哀想」と言われるほどでしたが、思わず笑ってしまいました♪(^^)っていうか、身内にそこまで言われるほど、いったいどんな場所を連れ回したのか気になりますね。(笑)

  14. 専業主婦 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    画面調整ありがとうございました。ヨーキーは6才♂去勢済です今回の激しい雷で恐怖症の(?)症状が噴出しました 普段は食欲もあり排泄にも支障はありません 散歩も他犬との関係も問題ありません 音に敏感でペットボトルをつぶしていると足元のボトルに向かって怒るように吠えます程度は軽いと思いますがこれらも一種の恐怖症ですか?

  15. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。はは・・・そうですよね、とっても気になります。

  16. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。画面やはり、この方が見やすいですよね。^^今回の雷・・・(関東地方にお住まいですか?)ペットボトルですか・・・それは恐怖症ではないですね。やんちゃ坊主あと思われます。うちのがくしゃみに反応して吠える、というような感じで聞きなれない音に反応してるのですね。多分。なので、まず、ペットボトルにチーズなどを塗って、自分から近づいてなめさせます。音はさせないでくださいね。で、そのものに慣れたら、遠くで踏んで音をさせて、呼んでまたなめさせます。(チーズを塗っておいてくださいね、あらかじめ)小さな音から慣らします。というように、どんなことも一つずつの慣らしです。面倒ですが、この方法しかありません。

  17. 専業主婦 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    アドバイスありがとうございましたやんちゃ坊主と言われてホッとしました関東地方在住です。 ペットボトルはつぶさなくても支障ないのでそのまま資源ごみの日の今日出しました

  18. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。音に敏感というのは犬らしい、犬としての能力が優れていることですね。ただ・・・現代社会では少し生き辛いのかな、ってことでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました