支配性という考え

この記事は約2分で読めます。

ばたばた落ち着かない、
お散歩に連れ出せばリードを噛む、飛びつく
家ではやたらに甘噛み遊びを仕掛けてくる、
・・・

支配性ですか?

支配性でしょうか・・・?

そうして
これらの行為を制御できないでいると、犬は咬みついて自分の意思を通そうとする
咬み犬になる。

そうお考えの方、いらっしゃいますか?

冒頭に書いた行為、
これらはまさに、興奮症です。支配性ではない。

支配する犬は、テリトリーで堂々と寝そべっていることが多いそうです。
ハウスを好む。
で、飼い主さんが望むことをしないで、
犬が望むことを飼い主さんに押し付ける、
そういう印象がありますね。

バタバタした犬を服従トレーニングすることは正しい発想です。
基本的なトレーニングで、自制心が養われます。
また、一定の時間、ハウスで噛むおもちゃ等を与えて一人遊びの習慣をつける、
家じゅう好き勝手に出入りさせないで、
成長段階では、居場所の制限をしてあげたほうが
犬は早く落ち着きを見せます。
また興奮はその時に鎮める訓練を、子犬のころから行わせることで
自制心が養われます。

が!!!

支配性で片付けてはいけません。
片付けて楽なのはある意味人間側です。

支配性を当てはめると、犬に辛く当ります。
思い知らせないといけないので、罰を与えますよね?
(罰的な懲らしめとか)
罰は、犬の心の中で、決して良いものをはぐくみません。

怒り、恐怖、戸惑い、失望、防衛・・・を生む・・・

すべて、咬みにつながる心理であると思います。

飼い主さん方は、犬を傷めつけようと思って罰的な訓練をするわけではありません。
しかし、結果犬がさらに攻撃性を増すことになったとき
さらに!追い打ちをかけるように
原因を
やはり犬に求めてしまうのではないでしょうか?

攻撃性も、問題行動も、支配性を持ち出してくると
本質を見失います。
妙なリーダーシップが必要になります。
それは避けたいです。
犬も飼い主さんも傷つきますし、トレーニングが複雑になるし
遠回りになると思います。

 

コメント

  1. Pan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさん おはようございます。夕べはメールをありがとうございました。すすめていただいた本、購入して読んでみようと思います。>ばたばた落ち着かない、>お散歩に連れ出せばリードを噛む、飛びつく>家ではやたらに甘噛み遊びを仕掛けてくる、 これ、まさにPanです。お散歩デビューはまだなので、ふたつ目の「お散歩に…」は確認していませんが、室内でリードをつけて練習してみたら、噛んでました(^_^;) 「興奮症」なんですね。抱き上げると落ち着きますが、小さな心臓がドキドキしているのがよくわかります。 落ち着かせる練習、オンとオフの切り替え、それがPanに必要なのですね。よくわかりました。 チャーリーママさんに相談させていただいてから、少し私の肩の力が抜けたせいか、Panとの関係がよくなってきているような気がします。ありがとうございます。

  2. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS:
    TAROはかなりハイパーです。彼のお母さんもかなり活発だったので、そういう子になるかな と思っていましたが、そのとおりになりました ^^セルフコントロールが出来るようにだんだんなって来ましたが、やっぱり大好きな友達を目の前にすると飛び跳ねてます。落ち着かせるべき場所では落ち着いていられるようになるには、もう少し経験と時間と訓練が必要見たいです・・・。でも・・興奮するということは活発であるということ。 そう捉えて最近では服従のトレーニングよりもアジ的トレーニングをして彼の興奮を良いことと考えるようにしました。そしたら興奮も悪くない と少しポジティブに考えられるようになって。

  3. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。またまた参考書が増えてしまいますが・・・マニュアルよりも心構え、が大切かな?と思いますので。ゆったり構えてください。振り回されて、ばたばたすると、Pan君に与える影響もよいものはないですから。「ふり」でもいいのでゆったりと。犬は行動をみて模倣しますから。肩の力を抜くだけで違ってきますよね!?他は十分素晴らしいので、その調子で頑張ってください。いつでもメールしてください。お力になれれば幸いです。

  4. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。そうですよ、せっかくの活発な物おじしない性格なんですから、良い方向に伸ばした方がいいですよね。自信がさらにつけば、あとは経験で相手のカーミングシグナルを観察できるようになったり、自ら発して自分を表現したり・・・そんなTARO君を想像します。日本はまだまだ服従訓練=体罰が根強いのです。ブログの世界とはかけ離れていますよ。

  5. BUN より:

    SECRET: 0
    PASS:
    問題行動と言われるモノの殆どは、要するにイヌが興奮し過ぎている状態ですよね。それを抑える=落ち着かせるのがしつけの大きな目的の一つ。しかしそれだけでは無理があると思います。抑えるだけでは、風船に空気を入れるようにイヌの中にストレスがどんどん溜まって行き、いつか破裂する。ストレスの溜まったイヌは、それをどこかで発散しようとして新たな問題を生み出すかも知れません。なので落ち着かせるのと同じくらい、イヌの持つエネルギーをどこかで十分に発散させてあげる事も大事だと思います。

  6. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。訓練の世界はなかなか頑固ですよね。そう思われませんか?求めればよい方法がたくさんあるのに、いまだに強制訓練が主体というのは、どうなんでしょう?エネルギー発散の機会が与えられなくても犬たちはよく辛抱しているなぁ~、と感心します。人間だったら大変かもしれません。

  7. だらだら犬を飼ってる人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >ばたばた落ち着かない、お散歩に連れ出せばリードを噛む、飛びつく家ではやたらに甘噛み遊びを仕掛けてくる、↑が1歳以下の犬なら興奮症でもなく 正常な若い犬の行動と思いますが。。。。飛びつかない 甘噛み遊びを仕掛けてこない子犬だったらお手上げかもしれません

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。そうですね、正常ですよね、まったく。トレーニングでも引っ張りの強い仔の方が歩かない仔より教えやすいですもんね。だらだらさんのような方が多いと犬たちもより幸せなんでしょうね。興奮症、と思ってもらった方が支配性と思われるより、犬たちは幸せです。トレーニングの方法が全然違ってくると思うので。(私の中では)

  9. BUN より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >訓練の世界はなかなか頑固ですよね。>求めればよい方法がたくさんあるのに、何でもそうだと思いますが、形が確立してしまうとそれを崩すのには勇気がいるのかも知れませんね。そもそも服従訓練としつけは別なカテゴリーだと思うので服従訓練をすればしつけも完了!と考えるのは無理がありますね。「本物」のトレーナーさんのイヌの扱いは本当に素晴らしいです!しかし、それは豊富な知識と経験のなせる技であって普通の人にその職人技を真似しろと言っても無理です。教える立場の人には、まずその辺を分かって頂きたいです。

  10. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。JAHAのインストラクターで、戸田美由紀先生という方がいらっしゃいますが、彼女はJKC公認訓練士ですね。私が講習会に参加していた時も隣の隣にJKCの訓練士さんがいらっしゃいました。というように、求めて向上心を持つ意識の高い方はいらっしゃるのですが、・・・全体の流れに流されますかね。特に、TVチャンピオンに代表されるマスコミの姿勢もいただけません。

  11. ぶんた より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いつも読み逃げさせていただいております(^^)。服従訓練を主流の考えにしている方は多いんですね!。私も1年前は服従訓練派でしたから!、でも飼っている(保護している)子達の行動とか、まなざしを観ていると、疑問ばかり出てくるようになり、去年の暮れあたりから色々なサイト(服従系もそうでない系統も)を巡り、巡り会ったのがオーストリア在住の日本人女性トレーナーさん(Eggiさん)。目から鱗の状態でした。目線を替えてから、ほぼ同じような考え方のトレーナーさんが日本に多いことに気がつきました!。問題行動は人間から直して行かないといけないのですよね!これからもよろしくお願いいたします!ブログにリンクしても宜しいですか?

  12. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。初めまして。いつもご苦労さまです。そうですか、1年前まで。服従訓練も悪くはないですが、何せ人間のすることですから、やり過ぎにご用心ですかね。Eggiさんですね!?いつも参考にさせていただいています。コメントさせていただきたいなぁ~、なんて考えているところなんです。日本にも多いですよ。ここに来てくださる方はみんなそうだと思っています。リンクの件、了解しました。というか、フリーです。これからもよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました