近づいても気にならない、そんな犬にできるだろうか?

この記事は約2分で読めます。

さてさて、社会的距離を理解していただいたところで、
では、犬にその距離を感じさせないように生活させる事は可能か?
ということについて考えてみましょう。

で、重要なキーワードをひとつ。

社会化です。

わたしのブログは「私は社会化のドッグトレーナー」です。
なんじゃそれって思われたでしょうね?
聞きなれませんからね。
社会化も(最近はポピュラーになってきました)
社会化と名のつくトレーナーも・・・(これは勝手に作りました)

社会化というのは、自分の暮らす世界の様々な物事になれることです。
まあ、言い換えれば普通に暮らせるようにということ
ということは・・・
普通のトレーニング・・・(・・・普通のトレーナー!?)

まあ、なんでもかまいませんが。

確かにただ突っ立っているだけのことも多いですからね。
が、観察は怠りません。
飼い主さんと犬との関係は、行動に現れます。
犬だけを見てもだめ、飼い主さんの働きかけ、動きに犬がどう反応するか
犬の反応で飼い主さんはどう動くか。
一定のパターンがあるか、犬にとって脅威と感じる行動が
飼い主さんに定着していないか、
ただ、立っているわけではない、そんな私の頭の中です。

飼い主さんとの間に、やすやすと超えられない境界線を作っている犬、
そういう犬は他者との社会的距離にも敏感になります。
持って生まれた臆病な性格がさらに強化された形になる。

犬の嫌だと思う事、
犬が怖いなと感じることを、どうか敏感に感じ取れる飼い主さんでいてください。
さりげなく観察。
表情を見る。
とても大切なことです。
そして、なるべく、嫌だな怖いなと思う体験をさせない、
どうしてもしなければいけないときには
何か楽しい事と結びつけて、恐怖のトラウマを作らないようにしてあげてください。(最もいいのは大好きなおやつ)

また、苦痛を与えるような訓練方法は即刻止めてください。
「犬のために」
そういう名目で、首へのショックを正当化させてはいけません。
叱りも、攻撃に火をつける方法はおすすめしません。

他人に慣れるためにはフード作戦が一番。
そのフードを使って社会化を進められるように
「食いしん坊バンザイ」にしてやってください。
そのためにも、どうか家に迎えたときから
手で、ご飯を褒めながら与えてみてください。
人の手も、食べる事も、
同時に大好きになってもらうために。

そういう意味で、ネガティブな体験となる
食べ物を前にした「マテ」を私は好みません。

連日の長文お疲れ様です。
まだまだ続きますので、よろしくお付き合いくださいね。

コメント

  1. まにゃ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >犬だけを見てもだめ、飼い主さんの働きかけ、動きに犬がどう反応するか犬の反応で飼い主さんはどう動くかこれこれ!! これがわからないと私は安心出来ません・・だから、初めてのベアは「じぃー」っと様子を見てしまいます。。。感じ悪いかも?・・・うちの犬達を見ると・・初めての犬に近寄れる距離を守っているのがわかります。飼い主さんに近寄りたいけど・・相手の犬が許す距離を測っている様です。近寄り過ぎて、相手の犬に意思表示されると!きちんと、「しらぁ~」って離れてます。「今のは無かった事ねっ」って感じ(笑)「うまい!!」って言いたいくらい!!↑いつも、テーマに合ってないコメントばかりですみません♪あと、私も食べ物を前にした「待て」は好きません!!それから、犬を触る時に犬の気持も考えずに「ズカズカ」上から手を出して触って来る人いますけど・・犬にもそれぞれ性格有るから、やめて欲しいよねっ!飼い主さんが、止めないとですね!

  2. だらだら犬を飼ってる人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    質問です。>そういう意味で、ネガティブな体験となる食べ物を前にした「マテ」を私は好みません。ボール等を前にしたマテはどうなのでしょうか?僕の感覚ではマテが掛かっている犬は期待に満ち満ちていてネガチィブという感じは無いのですが??食事の支度をしている時から犬は待っているし無意識にマテをかけているような気もします。

  3. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。うん、まにゃさんは観察の名人っぽいですからね。その眼はたぶん鋭い?感じ悪いのかぁ~・・・>近寄り過ぎて、相手の犬に意思表示されると!きちんと、「しらぁ~」って離れてます。「今のは無かった事ねっ」って感じ。これは、全員がそうなの!?絶妙の間合い!教育係にはもってこいですね。羨ましい。テーマに合ってなくはないよ

  4. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。はい、質問にお答えします。唸る→咬むという行動に陥りやすい犬は、極度に自信がないのです。で、楽しみにしている食べ物を前に置かれて一定の時間待たされることで、自信がさらになくなってしまうと感じています。自信がなくなるから、食器まで守ろうとするのではないか、そう感じているのです。普通では考えられないことですけれど・・・支度している間、またフードボールが置かれるまで、その間は待て。あとは、どうぞで、期待に応えてあげています。咬みつきの矯正でも、そのように指導させていただいて結果が出ています。また、極度に守りやすい仔にはおもちゃで待てもさせません。犬によるかな、と思います。

  5. wotaru より:

    SECRET: 0
    PASS:
    …と。ヒト社会には便利な言葉もあるもんです。もちろんそれもやりようによってはトラウマになりますし((泳げない子をいきなり水に沈めるとか;)うまく「水に慣れた」からといって万人が泳げるようになるとは限らないし泳げるものが日々鍛錬し尽くしたとしてもすべてのスイマーがオリンピックに出られるわけではないですよね。で、「泳げないヤツはヒト失格」とか「泳げるなら記録を出さねば」とか「完璧なフォームでなければ」とか「全ての原因はトレーニング不足だ」とか「この秘密のトレーニングで君もみるみる北島に」とか…;普通のヒトは言いませんし、普通のヒトの「泳ぎ」とは、海やプールで愉しめる程度でいいはずです。(うっかりフジツボを踏んだとか運悪く痴漢に遭ったとかで思わずキレる時もある!)…とかなんとか語って悦に入っている自分ですが。うちの犬はいつも「普通に」飼い主の自分や環境に不安を感じ、我慢をしてもいる様子です。表情からも伺えますし、不意に触れば鼻なめや胴震いといったカーミングシグナルを出しますし生まれついての性格もあるのでしょうが。やはり自分の(飼い主の)一貫性がまだまだ足りてないらしい

  6. だらだら犬を飼ってる人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    RESありがとうございます。>一定の時間待たされることで、自信がさらになくなってしまうと感じています。了解です。犬のこと今まで深く考えたことが無いので色々すいません。考えてみれば自分の犬は食事の支度をするとケージに駆け込むのでホイホイ器を入れています。

  7. はなのおかぁちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今日も私の馬鹿話を聞いて頂きありがとうございました。お店もこのブログも私にとっては駆け込み寺です。チャーリーパパさん、ママさん、こちらに来られている方みんなが、ななを見守ってくれていると思うと、ほんとに安心します。前は怖いもの知らずだったのに、最近になって警戒心が強くなり、スイッチが入るとリードに飛びつき噛みつくといった行動が目立つようになりました。あぁ…いよいよセブンマンスクレイジーがやってきたのかなって思いましたが、はなの社会化が終わったのですね。でも、生きていくためには警戒心も必要。その怖い気持ちに勝つために自信をつけさせる。納得です。夕方雨が上がったので、早速教えて頂いた方法で、お散歩してきました。何かに向かって行ってしまった時、止まる、名前を呼んで、リードを少し引っ張って、緩めて、戻ってきたら間髪入れずにおやつ!はなにばれないように、次のおやつを手に忍ばせて、また歩く。雨上がりで匂いも嗅ぎまくりでしたけど、一度も飛びつくことなく帰って来ました。食いしん坊は相変わらずで良かったぁ…はなには叱るよりご褒美のほうが、素直に聞いてくれるみたいです。明日からもぼちぼち歩いていきます。

  8. まにゃ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    カフェにいた事がある仔達なので、結構勉強したのかもしれませんが・・・マンナ・ラフター・きりんは、距離を測っていると思います。興奮して、ちと行き過ぎるときもあるのですが・・叱られると離れ、間を取りますよっ♪3頭とも、少しやり方が違う様にも思います。でも、知らん顔する顔が面白いですよ!!

  9. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。そうですね、習うより慣れろ、慣らせ方が少しポイント!ですかね。>「この秘密のトレーニングで君もみるみる北島に」とか…;はは・・・これなんか、ありそうですねぇ。生まれついての性格と、母犬から伝えられたものがあるか、ということまで関わってきてしまいます。う~ん、ますます犬には責任ないですね。

  10. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。>・・・色々すいません。なんて年長の方に(これは禁句でしたか?)言われると恐縮です。深く考えずに犬と付き合えたら、それが理想ですね。自然体で、犬と生きられるってことですから。

  11. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは・・・毛穴からの噴出はその後いかがでしょうか?お散歩なかなか良くできたみたいですね。>何かに向かって行ってしまった時、止まる、名前を呼んで、リードを少し引っ張って、緩めて、戻ってきたら間髪入れずにおやつ。そうそう!そして一番のポイントは・・・緩めるこれがあるとないとでは、全然違う引っ張ったまま引きよせたら、多分飛びつきはひどくなると思います。ああ・・・それにしても今日は楽しかった。

  12. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。そうかぁ~、みんなそれぞれの方法があるんだ。多頭飼いだと、そういう点でお互いに学び合えるしいいですよね。知らん顔可愛いでしょうねぇ~。

  13. ごま より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >そういう意味で、ネガティブな体験となる食べ物を前にした「マテ」を私は好みません。そうなんですか!毎日してました…最近あたしが餌を鼻の前にもっていくと嫌がるようになったのはこのせいだったんだ…ごめんね、エル。そのせいかエルは、マテ=餌を食べない、になってます。あたしのせいですね、ハイメッセージ送りました。よろしくお願いします~

  14. はなのおかぁちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    以前のお散歩だと『ダメダメ』が多かったかもしれません。それこそ、元気良く『ヨ~シ!』ですね。

  15. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。うん、エル君の反応は、マテが行き過ぎるとこうなってしまいます、という見本のような反応です。こうなると、おやつを使ったゲームとか面白くないものになってしまいます。今からでも全然大丈夫。マテをするくらいなら、オイデで来させて食べさせてあげて欲しいメッセージ受け取りました。待っててくださいね。ちょっと難しい。

  16. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    よ~し、上から目線バージョンではなく?ダメはここぞという時に取っておきたいです。普段は、毛穴からちょっぴり怒りを匂わせて無言がいいかな。で、できたときだけ褒めまくる。

  17. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >普通のトレーニング・・・(・・・普通のトレーナー!?もしもそうなら「私は家庭犬のトレーナー」というブログタイトルになっていたかと。 そしたら僕はこのブログに立ち寄ることはなかったです。「社会化のドッグトレーナー」って、親切な表現ですよ。 社会化をうたうということは、調教師でないことは明白ですから、トレーナーを選ぶ側からしたら、差別化として有難いと思います。>食べ物を前にした「マテ」を私は好みません。なるほど。そういう見方もあるのですね。座って待ったことに対する報酬がエサであると解釈する犬が大半かと思っていたのですが、それが苦痛にあることもあるのですね。でも、それは待たせる時間も関係するかと思います。僕はエサやおやつを待たせるときは2~3秒です。 これは、おとなしく待ったことに対する報酬となるのでしょうか。 長い時間待たせれば、それはもはや報酬ではなく罰ですよね。 テレビで、犬が食べ物を前にどれだけ我慢できるか!?などという企画があったりしますが、あれはちょっとヒドイですね。(苦笑)そして、今日の収穫はコレ↓>マテをするくらいなら、オイデで来させて食べさせてあげて欲しいこれは素晴らしい呼び戻し訓練ですね。(^^)早速、うちでも取り入れてみます♪

  18. BUN より:

    SECRET: 0
    PASS:
    観察は楽しい!そして勉強になる。しかもタダ社会化には距離と同じくらい「時間」も大事ですね。イヌが興奮状態のまま、その場から立ち去ってしまうと立ち去る事が興奮へのご褒美になってしまいます。興奮したら、時間を掛けて十分落ち着くまでその場で待つ。「落ち着く」という経験をする事が大事だと思います。

  19. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。学校で習ったこと、リーダーウォークやら、コマンドの出し方やら、技術的なことなどはどんどん忘れて行きますが(使わないから)経験でどんどん養われるもの、優しいリード使い、犬に一目で信用される体の使い方とか、慣らしの方法とか・・・私のこれからの犬との生き方はこれだ!的なものをだらだらお話しさせてもらってます。チャーリーがなかなか偉そうに自己主張するようになった時に、オイデに反応しなくなったんですね。その時は、隣にいても「オイデ」でちょっと離れては来させて(もちろんおやつ付き)褒めて。この繰り返し。「絶対行きたい、そばへ」それが定着するまで、(今も継続中)繰り返しです。プライドの高い犬には絶対的にお勧めの方法です。

  20. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。動画拝見いたしましたよ~。(読み逃げでごめんなさい)想像以上の穏やかさです~。理想的な接し方ですね。私まで思わずお手しちゃいそうでした。「出来ます」心強い!>イヌが興奮状態のまま、その場から立ち去ってしまうと立ち去る事が興奮へのご褒美になってしまいます。重要ポイントですね。

  21. BUN より:

    SECRET: 0
    PASS:
    最後の方はグダグダですが、テストと言う事でご勘弁を^^;ドッグトリック面白いですよ~飼い主さんへの期待度UPにもなります。お散歩途中にちょこちょこやるのがオススメです。チャーリーママさんも是非トライしてみて下さい

  22. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。ほぉ~、テストということは、次もあるんですね!?楽しみ楽しみ。お散歩中にちょこちょこですね!?トライしてみます。

タイトルとURLをコピーしました