社会的距離を意識する犬たち

この記事は約2分で読めます。

動物というものは社会的距離をとても強く意識しており、
相手との間に絶えず最適な間隔を維持しようとする。
イヌも例外ではない。社会的距離を保つ方法は二つしかない。
自分がその場を去るか、相手を追い払うか。

これは、以前もご紹介したカルチャークラッシュ(ジーン・ドナルドソン著)からの抜粋です。

社会的距離、というのは視覚的接触を保てる距離(カルチャークラッシュより)
だそうです。
野生の動物を観察するとこの距離の取り方が絶妙ですよね。
そうしなければ、やすやす人間に捕獲されてしまいますからね。
犬は・・・
人間と暮らし始めて、人間との社会距離は縮まっているでしょうけれど、
そうかといってまったく意識しないわけがありません。
昨日もお話ししましたよね、
公園のベンチの話。
人間でも、突然に社会的距離を縮められたら恐怖ですよね?

また、満員電車では人との社会的距離は意識しません。
くっつくのがあたりまえ。
しかし、すいている電車で人とくっつくのは耐えられませんね?
だから、その場合はするする~っと相手との距離を広げようと
別の車両に移ったりしたいですよね?

相手との最適な距離を保ちたい
この意識は動物に備わったものなのです。
(この、<最適な>がポイント。
性格によってそれぞれの許せる範囲が違います。)

本能的なものです。
身の安全を守るための当然の本能。

でも・・・

そうです。
そんな距離を全然意識しない犬がいて、いつでもどこでも
人に触られることを楽しむ犬、
そういう犬がいるんですよねぇ~。

で、気になる。
それに引き替え自分の犬は・・・
手が伸びれば後ずさり、それだけでなく、
唸っちゃったり
ああ!ある時など「ガウ」とかいって歯を当ててしまったり・・・

「なんてしつけの行き届いてない犬って,思われていないだろうか」

そう考えるととっても恥ずかしくなります?
犬を、犬の行動を否定されると
まるで自分が否定されたみたいな、そんな気分になる?

どうしましょうか・・・?

犬にも性格がありますので、触られるのが苦手な仔は多いです。
触られるのは負担でしょうか?
トレーニングで緩和することは可能でしょうか?
トレーニングしたくても、その仔の負担になるのなら
人を避けてお散歩すればいい!・・・ですか?

もっともっと、考え続けましょうね。

可愛いわが犬たちのために、面倒でも、正しいことを探し続けたいです。
一緒に探しましょう。

コメント

  1. みーな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさん、こんばんは。アンディは、本当にチャーリーと同じ行動をします。昨日、アンディの親戚さんとアンディの母犬と妹犬と集まってオフ会に参加したのですが・・・私は他の人と話をしてて最初気付かなかったのですが、アンディは、あるキャバリアの女の子の飼い主の旦那さんと目が合って唸ってたようです。しかし、旦那さんがアンディの顎を触ろうと手を伸ばした瞬間、歯を当ててしまったよーで、「イタ!」っと言う声にアンディがその旦那さんに歯を当てた事に気付きました。最初は、アンディが噛んだのかと思い慌てましたが、その旦那さんからは、「あ、自分が急に手を出してしまったからアンディ君が怒ってしまったんで私が悪いんです」っと言って下さったのですが、私にしてみたら初めてアンディが人様に歯を当てたので、ショックが無かったわけではありません。しかし、その前にアンディは人見知りがあるっとお話していました。その後のアンディは・・・唸りながらも尻尾はフリフリしながらその旦那さんの所へ近寄って行くので、その人は唸りながらも近寄ってくるアンディに嫌な顔はせずにいてくれました。その夫婦の飼ってるキャバリアちゃんは、人見知りが全く無い子達なので、そのノリでアンディに接しようとしたのかな?っと。相手がアンディの行動をみて、「攻撃的だ」「愛想の無い犬だ」「友好的じゃない」って判断されてしまったら、本当に悲しくなります。が、今のところアンディを理解してくれなかったっという人には出会った事が無いです。「アンディはこういう子なんです」っと正々堂々と話して理解して貰う事が飼い主としての勤め?っと思うようになりました。

  2. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    謎掛けですね。触られることが負担でも、トレーニングで緩和も可ですよね。>トレーニングしたくても、その仔の負担になるのなら人を避けてお散歩すればいい!・・・ですか?(^^)その謎掛けの答えは逆ですよね。 その負担を克服する為にトレーニングをする訳ですから。 適度な負担(ストレス)の掛け方をすれば、それなりに耐性は身に付くと思います。 トレーニングという意味では、先日BUNさんが紹介されていた他人の子供や大人との接し方のように、報酬と動機付けを行うのが上手な方法なのかと思います。犬をどこまで仕上げるのか・・・・犬が自分と行動する上で困らない程度。・自分がが犬と行動する上で困らない程度。・犬が相手を求めれば、行ける所まで。・犬が相手を求めていなければ、犬の社会化進度を超えない程度に。一言で表すと、飼い主と犬の都合を考慮しつつ、その中で犬の気持ちを尊重する。ってところです。(^^) 住んでる地域が民家の少ない田舎の方は、社会化したくてもその環境を用意できない場合もありますし、トレーニングしたくても、犬が飼い主の器量(力量)を超えている場合などは難しいと思います。 でも、そんなときにお手伝いをしてくれるのがチャーリーママさんの仕事でしたね。(^^)この謎掛けは、飼い主と犬の置かれる環境や生活スタイルによって答えは無数にあるので難しいですが・・・  「カルチャークラッシュ」は勉強になりますね。 精神論的や向き合う姿勢などについては、同感と思う部分が多かったので「うんうん♪」という感じですが、訓練や犬の行動に対する考察は2歩も3歩も踏み込んだ視点なので、とても面白い本です。個人的には、トイレトレーニングの項目で、犬の立場から見る成功例と失敗例の話しに驚嘆しました。(訓練方法ではなく、ドナルドソン氏の犬を観る目にです。)

  3. タルルママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    タルルはスイッチが入り興奮すると、相手に飛びつき、手を狙い噛んでしまうので・・・。それを止めると(落ち着かせようとすると)大暴れしてしまうので・・・ここ数日の記事、とても勉強になります。今日は雨でしたが、偶然、小さな貸切室内ランをかりることができ、家の中以外での、興奮を落ち着かせるトレーニングができました。私は苦手な発声練習などなどで、今はもうぐったりですタルルはよく頑張ってくれたので、疲れたのか、満腹なのかすやすや寝ています。>人を避けてお散歩すればいい!・・・ですか?夏場は特に、早朝以外のお散歩時間帯は、かぶってしまうことが多いですトレーニングを始めたばかりの頃は、公園などで、他のワンコグループをさけるように、コソコソと、していました。今は、本当に少しずつですが、距離が縮まり、私が、飼い主さんへ「こんにちはぁ」と言えるぐらいの距離まで縮まりました。(・・・ちなみに、私はお散歩中、長い立ち話がしたいというのではありません♪)話は変わるのですが(すみません)タルルが、夫だけの食事中に、夫の足元で、穏やかにフセをして、まるで指示を待っているかのようなんです。(私の食事の時と大違いです)それを見るたびに、人と暮していく為の正しい?導きができているのは、私よりは、夫なのだろうと思います。(毎日、私の時との違いもかわいいのですが、切なくもあります)まだまだ未熟者の私ですが、頑張ります。

  4. めるまま より:

    SECRET: 0
    PASS:
    める☆ぽぽは、人が好きなので触られるのは好きですが、犬の事を理解してない方に触られた時はじっとお座りして耐える感じです…(;^ω^)その後、沢山褒めてあげると本人達も慣れて着ているのかなと感じる時があります。人の居ない所を散歩するより、いる所で環境に少しずつ慣れて行くことの方が良いのかもと思ったりします。それぞれのワンコちゃんによって違ってきてしまいますが…まだまだ理解が必要なのでその子に合った方法で探していくつもりです…

  5. だらだら犬を飼ってる人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >トレーニングしたくても、その仔の負担になるのなら負担やストレスがまったく無い犬が生き生きしているかどうかが疑問です。泳ぎを教える時でさえ水に入ることは犬にとって最初はストレスです。でもそれを克服した時犬にとっての世界は広がりますし 犬も自信を付け喜びを感じています。但し 犬によっては水に放り込んでも信頼関係に影響もせずそのまま覚えてしまうやつも居るし 時間をかけてゆっくり教えなければ一生水に入れなくなるような犬も居ます。その辺だけ注意して犬にも克服する喜びを与えるべきと思っています。

  6. 専業主婦 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    状況は判っていても それが社会的距離という名前であること 初めて知りました(^^)私個人は人込みが苦手なので この距離には敏感だと思います 犬との散歩も意識して行うようになりました 効果も少しずつ見えてきています

  7. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。うん、良い人に囲まれて、アンディくんは幸せだと思います。目を合わせるというのは、なかなか犬側にしたら脅威なんですよね。で、一言唸るんですよ。「何かしたらただじゃ済まないからね」みたいな・・・その警告を無視すれば、歯を当てて当然なんですが・・・まあ、その辺の理解もまだまだでしょうし、犬側の慣れも必要ですね。犬も人間も学び続けないとですね。どちらか一方の努力ではいけないと思っています。

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。「カルチャークラッシュ」は素晴らしいですよね。トイレの話も、今の攻撃性の話も彼女の精神と話をベースにさせてもらっています。噛み砕いて、伝える、というように。トレーニングは、犬だけが受けるものではなくトレーナーが犬にするだけではなく飼い主さんが犬と行うだけでは足りないです。周囲の理解!犬を飼う人、飼っていない人の理解が大切だと思います。そういう点でもこの間のwotaruさんの紹介してくれた東京都の取り組みは絶賛です。

  9. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。>タルルはスイッチが入り興奮すると、相手に飛びつき、手を狙い噛んでしまうので・・・。うん、大体、状況はつかめます。ラブラドールの子犬っぽいですね。興奮を自分でどうしようもなくなっているんですよ。それを、受け止めてあげながら、落ち着かせる方法を、実際にやってみますので。お会いする時を楽しみにしています。>タルルが、夫だけの食事中に、夫の足元で、穏やかにフセをして、まるで指示を待っているかのようなんです。これは・・・タルルママさんの気持ちの裏返しです。優しさが、タルル君を膝の上に乗せてしまう行為につなげてしまっているんですね。簡単に言えば、心を鬼にしてタルル君を下においたまま、黙々と食事したり仕事をしてください。気になってチラチラ見ると、行為は止まりません。タルルママさんがしなければいけないことをタルル君がそこに居ないかのようにこなす。それは決して冷たいとか、タルル君を傷つけることにはならないです。その辺のことをお話ししようと思っていたんですよ。

  10. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。(^^)>飼い主さんが犬と行うだけでは足りないです。 周囲の理解!なるほど! 局面においては、飼い主がそれを促す必要がある訳ですね。さて、今から出勤です。

  11. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。>犬の事を理解してない方に触られた時はじっとお座りして耐える感じです…(;^ω^)その後、沢山褒めてあげると本人達も慣れて着ているのかなと感じる時があります。そうです。大好きな飼い主さんがそばにいてくれる、たくさん褒めてもらえる、そうして自信になります。それがトレーニングなんです。トレーニングというと特別なことみたいに思われる方が多いですけどね・・・慣れることですからね。特別ではないです。繰り返しと褒め。さらに大事なことは、飼い主さんが大好きだという気持ち。信じられないかもしれないですが、飼い主さんにすら触られるのを拒否するワンコもいますので。まずは!ワンコに大好きになってもらうこと。なんですよ。める☆ぽぽちゃんはみんなが好きなのね。

  12. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。>負担やストレスがまったく無い犬が生き生きしているかどうかが疑問です。負担やストレスを与えないことが犬への愛情だと思っている方は、多いです。あ~ら、びっくりですが・・・かわいそう主義ですね。はい、克服は喜びです。それを喜びにしてあげることが飼い主の仕事ですし、飼い主にとっても喜びですよね。

  13. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。社会的距離・・・そうですね、一般的ではないですからね。でも状況は常々感じることですね。それを犬にも感じてあげられること、その努力と、心の余裕があると、何か困ったことがあった時も対処できるし、落ち込まずに立ち直れるかな?そう感じています。犬を連れて散歩するって・・・結構ストレスのかかることですからね。効果が出てきていますか?頑張って。

  14. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。そう!なので、飼い主さんとラブラブでないと立ち向かえませんよ~、って話になっていきます。行ってらっしゃい。

  15. タルルママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    食事の時の様子・・・そうですよね。心を鬼にして頑張ります。帰宅時のお出迎えの時も辛かったですが、トレーニングし、今では、「ただいま」の合図まで、待てるようになり、その時のうれしい興奮では、歯あてることもなくなりました。>その辺のことをお話ししようと思っていたんですよそういうお話、ぜひお聞きしたいと思っていました。うれしいです。(・・・ところで、ママさん、厚手の手袋お持ちでしょうか?と不安になるぐらいです)

  16. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。そうです、心を鬼にしてですね。最初はタルル君、「なんで、なんで~」って感じでしょうけれど、そのうち「こんなもんかな」って順応してくれるはずです。頑張って。はぁ~、厚手の手袋・・・大丈夫!手の皮が厚いから。

タイトルとURLをコピーしました