社会的距離

この記事は約2分で読めます。

今日お話しするのは、社会的距離についてです。

?????

ですか?
昨日のお話にも通じることなんですね。
いきなり近づく、といことにからんだお話。

ここで、皆さんに想像力を働かせていただきますね。
用意(?)はいいですか?

ある日、お天気がいいのであなたは一人で公園にお散歩に出かけました。
まだ、朝の6時、犬のお散歩をしている人以外見当たりませんし、ベンチで休んでいる人はいません。
読みかけの本を片手に、お気に入りの場所のベンチに座ったあなた。
ふと、気がつくと、見知らぬ人物がやってきました。
「???」
他にたくさん空いているベンチがあるのに
なぜかその人物はあなたの座っているベンチに腰かけたのです。

どうでしょうか?
他にもベンチはある、わざわざ同じベンチに座らなくたってよさそうですよね?
その時のあなたは相当、居心地が悪いと思いませんか?

「そんなにそばに寄らなくたっていいのに」

これが、社会的距離を考える上で、大切な心情です。
どうか。想像力を働かせてくださいね。
目をつむって、そんな場合どんな気持ちになるか、考えてください。

その時!
その隣に座った人物が、いきなりあなたの方へ手を伸ばしてきました!

さあ、あなたならどうしますか!?

手で、相手の手を振り払いませんか?

もう、お分かりでしょうか?それが犬が咬むということ。
それが犬の気持ちです。

犬は言葉も人間の行動心理も理解しません。
なので、
なぜ近づいてくるのか、理解できないのです。
近づいてこられたら、居心地が悪いと思いますよ。
しかも、手を伸ばされたら何らかの反応をするのではないでしょうか?

逃げるか、立ち向かうか。
ある一定の距離を保ちたいがために。

コメント

  1. wotaru より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >その隣に座った人物が、いきなりあなたの方へ手を伸ばしてきました!さあどうする!?多分、とっさに「身を引く」でしょう。近づかれた時にチラ見したけど、不審者は自分よりもはるかに大柄なので無意識に警戒はしていたんです。で、不審者はなおも手を伸ばしてくる。争っても勝てそうにないからやむなくかわし続ける。しかし相手もそうとうしつこい。むかつくがベンチを立ってよそへ行く。幸いなことに僕の体は、リードでベンチに繋がれてはいない…。それにしても、仮に相手が「ちょっと触っていいですか?わたし、筋肉が好きなんで」と断ってくれたとしても相当嫌です。(相手が男だったら即逃げます)してみれば、それでも我慢して触らせてくれる犬は尊敬に値しますね。あるいは「不審者だらけのこの世界」にすっかり慣れて諦め切っているにしても。不審者や不審物に囲まれて生きる…恐怖以外のなにものでもない…;

  2. wotaru より:

    SECRET: 0
    PASS:
    で、エントリーとは全然関係ないのですがもしかしたらママさんが苦になさってる?かも知れない、お世話になったトレーナー氏のブログの一文を意訳してお伝えします。「この仕事を続けるなかで、先生方や競技会からいろいろなことを学んだが、一番の教師は犬だった。犬の行動は正直で嘘をつかない」

  3. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。素晴らしい想像力、感心しました。>してみれば、それでも我慢して触らせてくれる犬は尊敬に値しますね。その通りだと思います。しかし、世の中は、そうは捉えていませんね。犬は我慢すべきである、だからトレーニングしなければいけない、そういう視点に立っているのではないかなぁ。それでは犬に敬意を払っていないです。カリフォルニア(だったかな?)安楽死を許さないドッグタウンの攻撃性のある犬担当の人物が「犬には愛情と敬意が必要だ。」と言っていました。存在に対する無条件の敬意ですね。そういう態度が相手の攻撃心をやわらげるのかな・・・お世話になったトレーナーさん、ブログあるんですね?またよかったら教えてください。

  4. BUN より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >逃げるか、立ち向かうか。どちらも危険ですね。逃げ切れる保証はないし、立ち向かっても勝てる見込みは薄いと思われます。どちらにしても心の傷は負う事になるでしょう。しかし、事前に不審者の接近に気づいていればこちらが先手を打つ事も出来ると思います。イヌ達になるべく嫌な経験をさせない為にも常に周りには注意を払う必要がありますね。危険を事前に察知出来れば、それを回避する準備も出来ます。余裕があればその状況に慣らす事も出来るかも知れません。

  5. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。そうですね、危険を察知して、対処してあげられればいいのです。が・・・問題は、飼い主さんがその危険の張本人である場合。強制訓練然り、体罰然り・・・家庭内の事故は、さらに普通の日常から生まれてしまいます。悲しいけれど、現実です。

  6. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    動物には感情がないと思っている人が意外と多い現実。(- -;)

  7. べべ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャリーママさん、こんにちは、相談に乗ってもらっているトイプードルのナナを飼っているべべです。いつも読んでお勉強してますが、今回は特にうちのナナのためにあるような内容です。今日、フェラリアの薬をもらいに病院に行ったのですが…「あ、可愛い」「ぬいぐるみみたい」「おとなしいのね」と犬好きの方々(病院に来ている患者の飼い主ですね)に囲まれ、ナナもクンクン匂いを嗅いで、尾っぽふって、見た目ご機嫌な感じ。手を出してくる方がいなかったのでホッとしながら ナナを抱いて待合室で皆様と犬談義してました。そこに、後から来られた方が「私、犬飼っているから…」とナナに急に手を出したら、ナナがウーと唸ったのでラブリーな犬のはずだったのに一瞬で別の犬になったみたい…待合室の空気?が変わった感じ、わかりますか。で、「ごめんなさい、急に手を出されたから、私を守ろうとしたの」って思わずウソ言っちゃいました。そしたらその方が「そうよね、急に手を出したら驚くをよね」って言ってくださって皆さんも「偉いわ、飼い主を守ろうとするなんて」と私に合わせてくれて…その場はどうにかおさまりました。ナナは人の手が嫌いなんですよね。私や家族の手にはどうにか慣れてきましたがそれでも必要以上に撫でられるのは嫌みたいです。知らない方に「手出さないで」って言うのも勇気いります、その場の雰囲気をこわすようで。ナナは自分から人にも犬にも喜んで近づくので、「さわらないで」って言うのは意地悪飼い主みたいで、とっても困ります。

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。はい、感情があっても、人に従わなければいけないという、不自由な感情のみ認めている現実・・・

  9. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。ああ~、よかった。PCが壊れて、アドレスを失ってしまったので連絡できなくて困っていました。お元気ですか?ナナちゃんのこと、いつも心に留めています。>待合室の空気?が変わった感じ、わかりますか。はい、わかりすぎます。なかなか,対人間には苦労します。ですので・・・社会的距離についてご自分で噛み砕いていただき、触ろうとした方には、すかさず(反射神経が大事です)「ごめんなさい、この仔は一定の距離までしか気が許せないんで、怖くなって歯を当てやすいんです」とかなんとか言うしか方法がありませんね。しばらくこの話題でいきますから、またコメントしてください。あと、もう一度メールしていただけますか?右サイドバーのアドレスでも、前のアドレスでも大丈夫ですから。

  10. あむ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。毎日楽しみに拝見させて頂いています。なるほど、社会的距離…少し捉え方は違うかもしれませんがアジリティー競技をする上でも、とても重要です、パートナーとの距離…社会化トレーニングを完成させても(途上でも)お互いが近づいて良い距離、人間側にも有り、犬側にも有る。その微妙なサークルの重なりを的確に読む。(ここがアジの醍醐味)必ず同じ大きさとは限らない、その時の気分次第(笑)。ペアの心理状態で広くなったり、狭くなったり、お互いの持てる力を最大限に引き出し、全力疾走を求めるのですから当然集中力もMAXです。その状態で戸惑い、不安があると(混乱)咬んでくる犬もいます(笑)。ペアの信頼関係が確立していない場合はサークルの重なりを嫌って逃げる、(拒絶)場合も…社会的距離、サークル、自然界では(絶対防衛圏)と言えるかもしれませんね。公園のベンチで…想像しました。私と相棒はたぶん見知らぬ生物がうかつに近寄れないパワーを出すと思います(爆)。人も犬も安定した社会的距離を保つために必要なことは笑顔なんだと思います。

  11. SECRET: 0
    PASS:
    とってもわかりやすい例えです。納得で~す。リッキーが見知らぬ人の手から逃げる理由もよくわかりました。充分にニオイを嗅いで安心してからならOKです。わかったよ。大丈夫。了解!!って言うところなのでしょうね。

  12. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。いつもありがとうございます。風邪の方はいかがですか?気のせいである症状も消えましたですか?ああ、サークルというのですね。イメージしやすいです。>私と相棒はたぶん見知らぬ生物がうかつに近寄れないパワーを出すと思います(爆)。今、想像しました。確かに、寄れないかもですね。(爆)白いジャージの男性ですね!?笑顔が溢れる犬との生活、みんな頑張っているんですけど・・・ちょっとした方向の違いで迷ってしまうみたいです。

  13. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。わかりやすかったですか?それはよかったです。犬は自分から近づいて、相手を確かめる必要があります。それが犬同士のルール。しかも、一直線に近づきませんね?弧を描きながらお互いに近づいたりします。人間だけが、ルールを知らないかったり、ルールを無視しているのですね。犬が悪いと言う前に、知ることは必須ですね。

タイトルとURLをコピーしました