私は犬が好きなの、というおごりと怠慢

この記事は約2分で読めます。

「私犬が好きなのぉ~」
とか言いながら、チャーリーの頭をいきなり撫でようとする
自称犬好きな方・・・
チャーリーは見事ですよ。
ザッっという音がしそうなくらい、
嫌そぉ~に頭を振って手から遠ざかりますので!

とてもセラピードッグにはなれそうにないですね。

ですが!

犬がいきなり現れた手を喜ばなければいけない、
そんな決まりがありますか?
ということ。
人の手を受け入れられた方がそりゃあいいに決まってますが、
人間側ももう少し犬を気遣うことも必要ではないか、
ということについて今日は考えてみたいです。

ある時、小学生の女の子が走り寄ってきて
ココを後ろから触ろうとしました。
ココはびっくりして逃げました。
「いきなり、触らないのよ」
出来るだけ優しく言ったつもりですが、顔はどうだったか自信がありません。
で、女の子の返事。
「大丈夫、わたし犬が好きだから」
・・・

あなたの好き嫌いを聞いているのではないの。
云々、ぐだぐだと言いたかったけれど大人気ないかと思ったので
「犬が好きだったら犬の気持ちを考えてね。」
と、わなわなしながら、ようやく口にできました。

これ、珍しいことではありません。
子供だけではありませんね、こういう発想をする人。

「私は好きなの」

すべて自己中心。

走り寄る、後ろからいきなり手を出す、大きな声を出す・・・

あなたの後ろから、見たことのないおっさんが(おっさん、ごめん)
「おお~、可愛い~、おじさん、小さい女の子が好きなんだ」
と近寄ってきたらどうする?
警察沙汰でしょう!?

どうして犬にはいいのかな?

で、逃げていく犬は、フレンドリーでない、って言うのですか?

それはおかしい。絶対に変です。

家庭犬の咬傷事故の多くは、人が手を差し出したときに最も起こりやすのです。
自分が好きだからと言って、犬もそれを喜ぶと思ったら大間違い。

人が触ることをなんとか我慢している犬が大半です。
または嫌がって逃げるでしょう。
中には触られるのが嬉しくてたまらない、そういう犬もいるということ。

犬が好きであるなら、犬のそういった心理をわかろうとすることが大切です。
それが本当の犬好きですね。
それができないのは、人間のおごりと怠慢だと言わざるを得ない、と思うのです。

長いし嫌味っぽくてごめんんさい。

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    「犬って犬好きな人のことはわかるのよね~」この言葉を何回聞いたかわかりません。「あれ?」「嫌われちゃったかしら・・・」この言葉も・・・リッキーは触られるのが嬉しくてたまらないそんなワンコです。公園で仲間のワンコの飼い主さんのところを順にお腹を見せては触ってもらいまくっています。でも、「私は、犬大好きだから・・・」という特に両手を広げて触ろうとする初対面の方には後ずさりして逃げます。まさにチャーリーママの書かれている通りです。ほんと思い込みの激しい方がいかに多いか私も飼って日々観察しているから言えることで今までどうだった?と聞かれれば、犬の心理のわからない単なる犬好きであったような気がします。まあ、仲間犬ルーシーのように誰に触られようがへっちゃらワンコがいることも確かですが・・・。

  2. だらだら犬を飼ってる人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    120パーセント同感です。人の犬触る時はパクッってされる可能性は0では無いし触る人の意思で触るのだからパクッぐらいでさわいじゃいかんよと思っています。殺意を含んだような攻撃を仕掛けてくる犬でなければそれは怖がりの犬 神経質な犬で噛む犬とは言い切れないと思っています。おまけ 「犬に噛まれたから犬が嫌いになった」は嘘だね。。。。

  3. wotaru より:

    SECRET: 0
    PASS:
    中坊の頃、まさに自己中犬好きだった自分は、店先に繋がれている犬に手を出して噛まれたことがありますです(^-^;)/そしてトラウマになることもなく自分が犬を飼うまですっかり忘れ去っていました。(あの時の犬ほんとうにごめん)うちの犬も他人に対しては、愛想はいいのですが触られるのはやはり苦手なようです。(手を出されると実に見事なスゥエーイバックでかわします)ですが以前会った小学生の子は、かがみながら声をかけて、拳を出して臭いを嗅がせて、とお作法通りに対応してくれました。「犬との正しい挨拶」を学校で習ったそうです!公的なものと言えば、ご存じでしょうが東京都はこんなパンフも発行していますね。★「もっと友だち」http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/eisei/d_motto/moindex.html人のためにも犬のためにも。知識や教育の重要さを痛感します。

  4. BUN より:

    SECRET: 0
    PASS:
    あはは~、あるある微笑ましくも恐ろしい光景。不用意にイヌの防衛ラインを越えると言うことは、ある意味「攻撃」です。初対面のイヌには自分からは近づかないのが鉄則ですね。私は子供が寄ってきたら自分から声を掛けます。「こんにちは、イヌ好きなの?触ってみる?」相手がうんと言ったら「じゃあ、こうやって優しくゆっくりなでてあげてね♪そうすればイヌも喜ぶよ」お手本を見せてあげればみんな上手に挨拶してくれます。イヌが安心したら、おやつをあげつつ「まだあるけど、あげてみたい?」と聞いてうんと言ったら一緒にあげてもらいます。これで子供も満足、イヌも子供に慣れる事が出来る。とまさに一石二鳥であります。ラッキー

  5. SECRET: 0
    PASS:
    病院に行った時に小さい女の子が寄ってきたんですが、きちんと「わんちゃん、さわってだいじょうぶですか?」と聞いてきてくれて感心しましたあと中学生くらいの女の子も、まず「なでさせて貰って良いですか?」と聞いてくれて、感激した私です人間の赤ちゃんだって、かわいいからといっていきなり手を出す人はそうそう居ないだろうにどうして犬や猫だと無礼になってしまうんでしょうね。>あなたの後ろから、見たことのないおっさんが(おっさん、ごめん)「おお~、可愛い~、おじさん、小さい女の子が好きなんだ」と近寄ってきたらどうする?警察沙汰でしょう!?素晴しいたとえに、つい仕事中に噴出してしまいました全くもって仰るとおりだと思います

  6. バニ母 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    犬好きって言っても、犬と一緒に暮らしたことがない(又は単に暮らしているだけの)人が圧倒的多数じゃないでしょうか、こういうタイプの方々・・・私たちは当たり前と思っているけれど、知らないんだろうな~確かに教えて貰う機会ってないかもね、って思います↑BUNさんのようにできたらとってもスマートですよねまぁ、なかなか大人には難しいですがけど、ほんと・・・「アナタがしたこと、痴漢のおっさんと変わらない行為です」ってカードでもそっとさし出して見ましょうか子供は良くも悪くも、大人のやること見習っちゃうので悩ましい問題です特に外では友好度の高いバーニーですが、「ビックリ」でヘンなスイッチ入っちゃってこんな場面では吠えるようになってしまいます立場上(・・・。)バーニーを注意しますが、吠える原因を与えられた結果の行為なので内心は「ごめんねバーニー」です

  7. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS:
    犬のしつけの前に人間のしつけですよね「こんにちわ」「触っていいですか」「ありがとう」公園でしばしば子供に尋ねられます。小型犬の宿命なのかよく抱っこさせてとか撫でさせてと頼まれます。でも実は触られるのがあまり得意でないTAROなので、飼い主の私は「これも試練」だと思ってじっとさせてます・・・そして最後にトリーツ。犬稼業も大変なようです

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。犬を守ってあげないといけない、と思いつつ、理不尽な我慢を犬に強いている毎日なのかな・・・なんて思うこともしばしば。でも犬たちは持前の社会性で、経験を積んでそれなりに人間の行動を受け入れられるようになるのですね。リッキー君はお腹見せるんだぁ~、可愛いでしょうね。

  9. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    前の記事のレスでも書かせていただきましたが、本気の攻撃性と、恐怖や不安による咬みつきその区別がつかずに、「ひょっとしたらうちの仔はとんでもない咬みつき犬になってしまうんじゃないか?」という誤解が、犬をますます追い詰めているかな?そう感じています。で、例の支配性ってやつ。それが出てくると最悪ですよ。

  10. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おおっ!世界に向けて、白状したのですね!!!>「犬との正しい挨拶」を学校で習ったそうです!ああ・・・いい学校ですね。マナーの良いのは子供だけ、なんてことになったりして・・・子どもたちは非常に素直で、「犬はね・・・」という話を真剣に聞いてくれますが、大人は逆切れされたり、迷惑そうにされたりしますねぇ~。大人のための教室が必要ですね。「もっと友だち」の情報ありがとうございます。

  11. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。>不用意にイヌの防衛ラインを越えると言うことは、ある意味「攻撃」です。初対面のイヌには自分からは近づかないのが鉄則ですね。そうそう、ここのところに持っていきたいのですけれど・・・さそがBUNさん、子供たちの教育にも抜かりがありませんね!大人もその調子で話しに引き込んでしまいますか?見習わないと。

  12. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    仕事中に噴き出したりして大丈夫でしたか?時々変なことを言い出すので、これからは用心して覗いてくださいね。そうですね!犬猫にはどうしてそうなってしまうのか!そうされて当然の存在、というおごりがないか!ということですね。動物たちには敬意を払わないといけません。存在に対する敬意ですね。

  13. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。>立場上(・・・。)バーニーを注意しますが、吠える原因を与えられた結果の行為なので内心は「ごめんねバーニー」です 。うん、うん、そうそう。私もいつもそうです。辛いですよね。はっきりガツンと言ってしまえる性格だったらいいのかな?それはそれで辛いのかな?な~んて考えるとだめですね。犬たちのようにケロっとして前向きに!ですね。子供は素直に聞いてくれますが大人はねぇ・・・難しいですね。

  14. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。そうです、人間のしつけです。ということをお話しすると、受けが悪い。ここに来てくださる方々は本当に素晴らしいと思います。こつこつと犬の社会化をすることも、人間が犬を学ぶことも、同時に行わないといけないのですが、まだまだどちらも受け入れられるのには時間がかかるのでしょうか。犬たちは良く頑張っていると思いますよ。この試練の中、よく耐えていると感心します。>飼い主の私は「これも試練」だと思ってじっとさせてます・・・そして最後にトリーツ。素晴らしい社会化のトレーニングですね。成犬になっても、咬みつくようになっても、基本はそこにありますよね。

  15. めるまま より:

    SECRET: 0
    PASS:
    お久しぶりです♪その通りですよね・・・^^*ワンコの気持ちも考えて欲しいもの・・・(>。<)モラルの問題までなってきそうですね・・・犬を理解していない方が多すぎますね。もっと理解出来るワンコに優しい環境を作っていける様になって行けば、犬が人を噛む事などの事件はなくなりますね・・・める☆ぽぽも、よその方に触られてじっと耐えている時がるので、心が痛む時があります

  16. 専業主婦 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    我が身に言われているような気もしなくはないそんな犬好きの私です今後も楽しみに訪問予定です

  17. BUN より:

    SECRET: 0
    PASS:
    相手が大人の場合は多少気を遣います。一応まず、「すみません、うちのイヌとっても臆病で知らない人が全然ダメなんです」と、相手を牽制します。それでもダメなら「咬みますよ♪」相手が立ち止まったら、間髪いれずに「でもおやつくれる人は大好きなんです。ホントいやしくてちゃっかりしてるんですよ~アハハ~。」ここで立ち去るなら「本当スミマセンね~アハハ~」で終了。それでも食い下がる人はチャンスです!「あっ、ちょうどおやつがあるので良かったらあげてもらえませんか?」と、お手本を見せます。上手く行けば「ありがとうございました~」、「良かったね~」となります。イヌが嫌がる場合は「やっぱりダメみたいですね~、ホント臆病で私も困ってるんですよ~。よかったらまた今度お願いします~。」となります。どの場合でも最後にもう一つおやつをあげます。これで少なくともイヌを守りつつ、他人が接近して来る事への恐怖感をやわらげる事が出来ます。興奮してしまう子の場合は落ち着くまで待ってからあげます。連投&超長文でスミマセン

  18. Pan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    昨日幸せな気分で書き込みさせていただきましたが、今日は打って変わって…(T_T)我が家は、パンのいる1階がオープンなLDK+作業スペースになっており、しかも床が総フローリングなので、なかなか自由にさせてやれません。ひっぱりっこなどする時は、大きめのサークルのなか(絨毯を敷いてあるのでそこなら滑ることがありません)に一緒に入って遊びます。今日もいつものように遊んでいたのですが、興奮して私の手に噛みついてきたので私は外へ出ました。いつもこういう時、ちょっとだけおしっこをするんです。遊ぶ前におしっこを済ませていてもです。そして、遊びを再開した時に、また噛んできたので外へ出ようとすると足に噛みついてきました。強く「離せ」と叱りつけて外へ出ると、興奮して唸りながらサークルの中を走り始めました。抱き上げたらすぐに落ち着きましたが、こういうパターンがよくあります。そして、昨日の今日だけにちょっと落ち込んでしまっています。どうしたらいいのでしょう。

  19. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。める☆ぽぽちゃんは可愛いから私もなでなでしたいなぁ~。でも、無礼なことはしませんよ。(きっぱり)じっとしていると、けなげでかわいそうですね・・・でも経験で全然気にならなくなったり・・・そういう仔もいますし。める☆ぽぽちゃんはどうかな?チャーリーはとっても人見知りですが、おやつをくれる人は大好きです。(わかりやすい仔です。)おっしゃるとおり、モラルの問題にもつながってきますね。

  20. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    大人編、ありがとうございます。ポイントは、語尾を伸ばし、アハハでかわす、その点で?大丈夫でしょうか?お散歩トレーニングに特別講師としてお招きしたいところです。

  21. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。良い日もあれば、悪い日もありです。興奮した時の対処の仕方を考えてみましょう。サークルを出ていくのもありなんですが、私的には、その場で興奮を鎮まらせたいと思います。何犬なのでしょうか?抱っこはできますか?わきに抱えるように、首は動かないように顎を固定、立った方がよいです。いわゆる拘束技ですね。無言で。少しでもPanくんが力を抜けば「よ~し、いいこね」です。なかなか興奮すると噛みにつながる仔みたいなので、叱ってさらに興奮させるより、興奮を静めるのが先決ですね。鎮めるパターンをPan君の脳にインプットさせることが目的です。ちょっと頑張ってみてください。右サイドバーのメッセージを送る、を利用していただいてもかまいませんよ。

  22. ごま より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >あなたの後ろから、見たことのないおっさんが(おっさん、ごめん)「おお~、可愛い~、おじさん、小さい女の子が好きなんだ」と近寄ってきたらどうする?ほんとにその通りですよね。私も自称犬好きですが(笑)マナーはちゃんと解ってるつもりです。初めて会う人に体をべたべたさわられる…誰だっていやですよね。犬でも…エルは基本、人大好きで、散歩中に誰かを見かけると自分からグイグイ行こうとします。でもこの前イトコが来たとき、「さぁ、来い!」とでも言うように両手を広げるイトコを見て『このヒトだいじょうぶ?』って言うように私を見上げたエルの顔が忘れられません。かわいかったけど(笑)やっぱりエルでも嫌なんだなぁと実感しました関係ないんですけど、また散歩のことで色々相談したいことがあるのですが…いいですか?

  23. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「大丈夫、わたし犬が好きだから」とか言う人は、いつも運良く咬まれないだけか、犬を選んで近寄っているのかは分からないですが、この手の自信過剰タイプは犬好きであっても犬馬鹿でないのは確かですね。(笑)そういえば以前、タローの散歩をしていた時、中学生くらいの少女が突然接近してきて触ろうとしました。 タローも驚いたが僕も驚きました。 危険を感じたタローは瞬時に迎撃姿勢に・・・ 少女がタローのボディゾーンを侵す前にリードで引き下げましたが、僕ですら予測できない接近でした。 それもそのはず、その少女は見るからに脳障害を抱いている様子でした。和犬の精悍な風貌が幸いして、いきなり接近してくる人はいないのですが、こんなこともあるのかと勉強になったものです。犬のトラブル(咬付き、交通事故他)というものは、人の予測を超えたところで起こります。 しかしその予測も、人間の常識範囲を超えてしまうと未知の世界なので難しいです。(><)それと、BUNさんの対人社交術は本当に素晴らしいですね。>これで子供も満足、イヌも子供に慣れる事が出来る。とまさに一石二鳥であります。ラッキー これは犬に対する適切な接し方を子供に指導していることにもなるので、まさに一石三鳥ですね。 とても勉強になります♪そしてwotaruさんが紹介された「もっと友だち」  これは本当に詳しく分かり易く書かれていますね~ 行政の発行する資料とは思えない出来栄えなので驚きました! 個人的に以前から書こうと思っていた記事があるのですが、そちらでも紹介させて頂きたいと思います。(^^)チャーリーママさん、今日の僕は大収穫です!(笑)

  24. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさん♪ 僕は訓練は専門外なので、具体的な犬の訓練方法は全く分かりません。(^^) でも犬と向き合う際は犬の立場を考え、そして犬を尊重する。 その姿勢を持てば、目の前に居る犬に対する対処法も自然と見えてきます。 それは訓練技術とかではなく、あくまでも扱い方そのものですが、その土台を間違わなければスーパードッグにはならずとも、家庭内において問題を抱える犬になることはないと思っています。 そして犬に「社会化(人間社会・犬社会の勉強)」を施すことで、人間社会における犬の生活の幅が広がります。 犬の自由の為に、しいては飼い主と犬が楽しい生活を過ごす為に、「社会化」は重要だと考えています。(^^)そんな訳で、普段は「トレーニング」「しつけ」「訓練」といったキーワードには無関心な僕ですが、「犬の行動」には興味があります。 そして、一般飼い主としてドッグライフを楽しんでおります。  先日、動物愛護センターの記事を書いた後で、普段は気にも留めていないボランティア関連のブログを覗いてみようと、犬ボランティアのランキングを物色していると「社会化」の文字が・・・  結局、ボランティアブログを覗くことなく、ここに引き寄せられました。 何故、「しつけ」「訓練」といったキーワードに興味がないかというと、その多くの情報は土台(犬に向き合う姿勢)を無視しているからです。 犬の問題行動を解決するには、目の前の問題そのものよりも、生活全般を通した犬への対応を見直す必要があるのはご存知かと思います。 しかし紹介される手法の多くは、その場だけの技術が目立ちます。 先日、チャーリーママさんはボタンの掛け違いを例えに挙げていましたが、まさにその通りだと思います。 第3ボタンがずれていたら、それだけ直してもダメですよね。 第1、第2ボタンもずれてしまいます。 そういったボタンの前後の繋がりや、根本的にシャツはどうやって着るものなのか?家庭犬のしつけ・訓練において、その中核を担うのが「犬の行動理解と社会化」だと思います。チャーリーママさんのブログはその辺りをよく熟知されており、来訪される方々もよく熟知されていますよね。 ここに来て数日ですが、久々に犬識(犬に対する認識)と視野が広がる環境に巡り合えて嬉しく思います。(^^)いつも長文なので、今後は手短にしますね。(苦笑)   

  25. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。そうですか、エルくんは人が好きなんですね。良い性質をそのまま伸ばすようにしてあげてくださいね。どんなに人が好きでも、自分から近づくのはいいのです。近づかれるのは嫌なんですね。これはまた記事にしていきますけど。お散歩の相談?大丈夫ですよ。右のサイドバーにメッセージを送る、ってあるでしょ?そこからメールしてください。

  26. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。朝から感動しております。そうか、しつけ・訓練のカテゴリーは何かの理由で覗かない人もいるんだ・・・確かに!他の方のブログを拝見していると、「技術」云々、(ということは犬の動きのコントロール)に特化していたりします。普段生活していて、出会う飼い主さんや犬たち・・・特化しているか、まったく無関心か。何なのだろう?何か違うよね、そう感じていることをブログにしてみよう。そこからの出発です。精神論じゃん、って思う人もいるみたいですがまず、そう思うことは精神が鈍感すぎる!名もない人間のメッセージを真摯に受け止めてくださる方々に感謝です。10月でブログ解説より年。鍛えられました。出会いに感謝です。

  27. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。うん、うん、結構痛いところをつかれた、そう思っている方多いかもしれません。犬は基本シャイなので、(シャイは悪いことではありません)押しが強いと引きますよ、引けないか、もうここまでか、と感じたら攻撃に転じる犬もいますよ、ってことですね。お待ちしていますよ。

  28. タローの主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >精神論じゃん、って思う人もいるみたいですがそんな人にはアイボがお勧めですね。(^^)訓練競技、警察犬、軍用犬、盲導犬、聴導犬などなど、実務的な訓練技術を要する環境と、それを必要としない家庭犬の環境とを混同してはいけませんよね。家庭犬トレーナーの場合、犬よりも飼い主を教育することが仕事なので、本当に大変だと思います。 でも、人に喜ばれる仕事はいいものです♪

  29. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。そうですね、人に喜ばれる仕事はいいですね。おまけにワンコとお友達になれる、初対面のワンコに受け入れられるためは・・・って一生懸命になるのは本当に鍛えられるし、何よりも楽しい。

タイトルとURLをコピーしました