自信の基本は安定感

この記事は約2分で読めます。

   

犬が咬んだことは、失敗?
そうです。
甘いですか?
しかし、罪だからと、
咬んだ犬を片っ端から処分する世界は、正常でしょうか?
(罪もない犬たちを処分する、この世界はもうすでに正常ではありませんが)

スポーツの世界でも、
罰を与えてトレーニングすると、
いざという時、ここぞという時に真の力が出ない、
バレンタイン監督がそうおっしゃっていました。
失敗すれば、一番自分が傷ついているのだから、
罰を与えてはいけないのです。
(犬と人間は違うだろう、という意見もあると思いますが・・・
失敗し続けさせると、傷つくことがなくなるかもしれませんが)

では、失敗したことをいけなかったと理解させる方法は?

それは、成功の体験を何度も積ませることです。
成功する=失敗しない体験をする、
その結果飼い主さんが喜んでくれる=その行動でOKということを学ぶ
その積み重ねが犬にとっての自信につながります。

ここ数年で、犬の飼育が外飼いから室内飼いに移ってきて、
人間側は、犬の習性を勉強することなく、
安易な飼育に走っている方が多いのが気になります。
犬も・・・案外外でのんびりしていたほうがいい、
と思わせてしまうようなそういうご家庭も残念ながらあります。
それは・・・
一貫性のなさ。
家族のひとりひとりが飼育に対しての方針が違う、
さらにいけはいのは、今日はOKでも、明日はだめ、
というように、ルールができていないご家庭です。

犬は迷いますね?
迷いは不安を生みます。
常に不安感を抱いている犬は、ちょっとした刺激に過剰に反応します。
また・・・
一貫性のない生活は、リズムがなく、先が予測できないので
犬にとっては相当のストレスです。
犬は安定した日常を好みます。
その安定した生活を基盤に、新しい物事にチャレンジできるのです。

その安定感を
あなたは、あなたのご家庭は、犬に与えていると言い切ることができるでしょうか?
犬を飼うということは、
お散歩して、餌をやり、オヤツをあげて、予防注射をし、
これだけで済むものではありません。
犬は社会的な動物だ、といわれているのはご存知ですよね?
ということは、
共同で何かをする、その喜びを覚えさせなければいけないのです。
これが犬を飼う真の意味、また人間にとっても喜びではないかなぁ。

コメント

  1. タルルママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    先日は朝から失礼いたしましたm(__)m(私は緊張すると早口になるんだと思いました、お恥ずかしいです)私が体調を崩していた間、大切なお散歩トレーニングは、夫にお願いしたり、私が行っても近くの公園へ直行し、少し一緒に走ったり、ロングリードを使っての呼び戻しぐらいしかしていませんでした。また初心に戻り、恥ずかしくても、どんどん声を出し頑張っていきたいと思います。タルルの興奮時のあま噛みについても、人を噛んではダメだと教えたいのに、ちゃんと教えられないので反省しっぱなしです。外での興奮時は、オスワリの指示を全くと言っていいほど聞かないので、マテと言って落ち着かせるようにしたのですが、大丈夫でしょうか?(拘束するようではないぐらいの興奮の時です)状況がわかりにくくてすみません

  2. wotaru より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >その安定感を、あなたはあなたの犬に与えていると言い切ることができるでしょうか?言い切れません、と言い切れます(苦笑)連日偉そうなコメントを入れてはいますがうちの犬について細かい点をチエックすれば。玄関チャイムや電話音は平気だが来客や宅配さんには挨拶をしにすっとんで行く。電車やバスに乗せても眠れ、花火や雷にも動じないが、窓の外で不意に足音が立ったりすると警戒吠えを数度する…等。飼い主(群れの長)としていまいち任され切れてないのだな;と感じることもしばしばです。ただ「群れとして一緒になって生活に参加している」という感じでもあるのでまあいいか、と。(このまあいいか、が後々問題行動に繋がらなければいいのですが!)ただ昨日、タローの主さんによるコメント内にありました>犬をコントロールする前に、自分のコントロールが必要これだけは強いて毎日心がけている部分です。具体的には、自分自身がチャイムや電話に一拍置いて対応する(出る前に犬を見る)大声もオーバーアクションも日常ではなるべく控え、普段の犬への対応もテンションは低め。(その分、散歩や遊ぶときには気分を上げてメリハリをつける)日常でも散歩時でも意識して背筋を伸ばす…等々。なんとかこう、見かけだけでも「リーダーとしての頼もしさ」を演出しようと工夫してます。なにしろ犬は五感において人の数倍の能力ですから、壁に耳あり障子に目あり;いつどこで光っているかわからない。自らへの一貫性、ということなので犬への一貫性とは少しずれる話ですが自分はこれでいいのでしょうか。ママさんのご意見を伺いたいです。あ;それと。長くなりついでのご相談ですが。うちの犬は前足が難所(触られるのを嫌がる)なので克服すべく「お手」を覚えさせたいのです。しかしがっつく犬ではないのでエサやオヤツでは釣りにくい。どう教えたらいいでしょう?

  3. チャーリ-ママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。先日は、お声が聞けて嬉しかったです。お会いするのを楽しみにしています。>恥ずかしくても、どんどん声を出し頑張っていきたいと思います。これこれ、これが大事です。なかなか恥ずかしいですが、頑張って声を出してください。「ノー」もできるだけ、というかかなり強く言わないと興奮しているときは耳に届かないです。来られた時、実際にどの様にするのかをお話します。おすわりは聞きません?マテで通じるのならそれでも全然かまいませんよ。ちなみに、チャーリーは、「座って、そして待て」です。さらに前に回って顔を掴み、顔をこちらに向け、目を見させ(実際はチャーリーの視界の中に自分が入る)「イケナイの!」です・・・。ここまでしないと興奮から冷めません。方法に決まりはないので、ワンコに一番伝えられる方法を考えていきましょう。

  4. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。まあいいか・・・まあ、いいのではないでしょうか。(爆)しかも>なんとかこう、見かけだけでも「リーダーとしての頼もしさ」を演出しようと工夫してます。これ、大事というか、ツボですね。大体にして犬はその飼い主が、有名であるとか、ひとかどの人間だとか、悟りを開いているとか、関係ないですよね。見かけ、見たまんまがすべてだから、頑張ってリーダーの振りでもいいから堂々としたいですね。だから、自分の一貫性を貫きましょう!私もそうしています。克服のためのお手?私の犬でしたら、嫌がろうがどうしようが四六時中握ってますが・・・そういうことではなく、お手?ですか?う~ん・・・空ちゃんでしたっけ?(違ってたらすみません)手で何かする方ですか?手でおもちゃをひっかいたり、ドアをガリガリしたり、遊んでと足をひっかいたり・・・しません?手を使ったら「よし」。手を使うことに良い印象を与えまくります。使わない仔でしたら・・・う~ん、やはり実力行使しかないでしょうか?触りまくれば歩くとか、吠えるとかと同じくらい普通のこと、触られることに鈍感になります。触りながら「お手、よし、いいこだね」の繰り返し。。。答えにならなくてすみません。

  5. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS:
    成功の経験を何度もつませる先日のトイレの失敗は完全に私が油断していました。7か月児。「出来て当然」と思ってはいけなかったのですよねなので本日から気持ちを入れ替え「出来たら」褒め倒しています♪>興奮しているときは耳に届かないです。横レスですいません。現在最大級の悩みが「呼び戻し」です。おやつより何より犬が好きなTAROは犬(友達)を発見するとすっとんでいきます。こういう時、私の声は完全に彼の耳に届かずホイッスルも使っているのですが、彼の好奇心の前に撃沈することが多くて。相手と遊ばせるかどうかは私が判断しなくてはならないのに・・・。7か月に入り、知恵もついてきて、一旦帰って来て、再度「行ってきます」だったりなのです。いつか「遊んではいけないこ」に近づきしつこく遊びを誘い過ぎ(小型犬&子犬特有のジャンプをします)、痛い目に合うのではないかと、毎回散歩の時は緊張します。コメントというより愚痴に近くて失礼いたしました

  6. はなのおかぁちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今日もたくさんお話を聞いて頂きありがとうございました。お父ちゃんがはなに噛まれた後、叩いてしまった時はほんとに悲しくなりました。私ももちろんですけど、お父ちゃんも自信がないんです。きっと…でも、はなよりもお父ちゃんの方がしゅんとしていたのが救いです。『あぁ~俺、情けない』って…もし、はなを叩くことを肯定されたら、きっと立ち直れないなぁ。はなもまだまだ。私達もまだまだ。だから、一緒にいろんな経験を積んで、一緒に自信をつけていくしかないですね。リーダーとしては未熟ですけど、昨日よりも今日のはなが大好きの気持ちはずーっと変わりません。夕方雨上がりにお散歩行った時、前から小さいわんちゃんがやってきて、はなはいつものように伏せたぁぁぁ…すぐに、はなの正面に立って『オスワリ』の指示を出しましたが出来ず、でもスクっと立ったのでそのまま歩き出しました。(リードを噛む、飛びつくといったことはありませんでした)そういう時はオスワリ出来るまで、がんばったほうがいいですか?いつも吠えられるわんちゃんのお家の前、リードを短く持って心して通ったのに…い・い・いない(ちょっと肩透かし)明日から、またがんばります。

  7. まにゃ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「シット」「待て」!! 瞬時に従わなかったのに。。もう一度云って、しぶしぶしてたマンナ!急いでいたから。そのまま「待て」で走ってタオルを取りに云ったら・・待ってなかったぁ~。。。しまった! しっかり心をマンナに置いてなかった!ガックリ!! あたりが、水浸し・・(涙。。)「一貫性」私がきちんと出来なかった事がガックリです。しかも・・マンナが動いた後なのに・・怒った!!私。。八つ当たりです。。。。急いでる時にきちっと気持を残さないから、失敗しちゃう。。チャーリーママ、私を叱ってくださいな♪

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうですね、7か月ですからね。と言うより、ひょっとすると犬生一生、「できたら褒め倒し」がいいのかもしれませんね。私などはどちらかというと、大げさに褒めるというタイプの人間ではないので、犬のトレーニングと言うより、自分のトレーニングだ、日々そう思い知らされてます。基本ノーリード・・・考えただけでも胃が痛くなってきます。集中力要りますね。しかも呼び戻しか~。難しいですねぇ。「遊んではいけないこ」・・・これまた難しいですね!難しいばかりで、ごめんなさい。

  9. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こちらこそ、今日はありがとうございました。犬を飼っていたら誰でも通る道、という気もします。お父ちゃんは、いい人です。心がひりひりするような体罰は絶対にNOではない、こともあるので。叩いたあとの嫌な感じ、もうそんな感じを味わいたくない、だからトレーニングですね。これから、体力ももちろんついてきますが大切なのは頭を使ったトレーニングです。運動並のエネルギーを使いますので、自制心を養うためのは必要なことです。まあ、特別なことではなく、いつもお話ししている「スワレ」「フセ」などの基本を興奮時にもできるかどうか、それと声をかけて、はなちゃんの意識をつなぎとめられるかどうか、です。オスワリできるまで頑張ると、余計に興奮させてしまうかも?ですよね。なので、立って歩き出したのなら、「ついて」で「よ~し、いいこ」ですね。行動と言葉を重ねて、褒める。基本です。

  10. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。私が叱るの!?まにゃさんを?そんなことできませんよぉ~。八つ当たりの常習犯な私ですから・・・まにゃさんは、偉いですよ。私だったら黙ってますからねぇ。ちょっと可愛い・・・マンナちゃん。きっと、あたふたしてたのでしょうね?

  11. みーな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさん、こんばんは。『失敗を繰り返さないようにする』『出来たら褒める』『失敗をしないよう、初心に戻って自信を犬につけさせる』4年間訓練をしてきてトレーナーから教えて貰った事です。私は犬を飼うのが初めてで、アンディが仔犬の頃に間違った叱り方をしてしまい余計に臆病にさせてしまいました。そして、人は怖くないっという事をアンディに教えていくには時間がかかりましたが、今は人を怖がる事は多少無くなりました。アンディの場合は、子供がアンディの嫌がる事、無理やり言う事を聞かせようっとした時は唸ります。それで止めればいいのに・・・しつこい時は歯を当てるんですねぇー(–;歯を当てられた子供は「咬んだぁぁぁ」っと(小学2年生の娘)泣いて訴えますが、それは人間社会でも一緒で、嫌な事された時に友達や家族が怒るのと一緒だっと教えてます。

  12. ももんが より:

    SECRET: 0
    PASS:
    噛んでもとがめないって、、わかっててもむずかしいです。先日ジャスミンが子供に歯をあててしまった時、私は現場にいなかったにもかかわらず、その後ジャスミンを叩いて叱ってしまいました。私のトレーナーの先生にも、そう言う状況を作らないように、噛んでも怒らないようにと、、教わってきましたが、ジャスミンが歯をあててしまった相手のご家族の手前もあり、そして、頑張ってきたジャスミンと私の訓練はなんだったの~~?と切れました。そして、ジャスミンをこっぴどく怒ってしまいました。きっとジャスミンにとってはなんで怒られて飼い主が激怒しているのかなんて全然わかってなかったと思います。が、それをわかっていながら自分はなかなかジャスミンを許せなかったです。これで私とジャスミンの信頼関係も終わったな、、と。でも、今も深夜の訓練をしていますが、ジャスミンは,私を信頼してくれているようです。あの時乱暴に怒ったのをジャスミンは理解しているのかしていないのかわからないけれど、飼い主に怒られるのは嫌な事だとインプットされたのかもしれないです。現在、ジャスミンとの訓練を兼ねた散歩はうまく行ってると思います。失敗を怒るのは犬の自信を損なう事で躾けの点でもマイナスだと思いますが、信頼関係がしっかりしていれば、うまく行く事も多いにあるのではないかな、と思います。犬の失敗は自信をなくす事でそんな状況を作らない事が一番ですが、もしもそうなってしまった場合、人間関係の中でわんこをとがめないって言う事は難しい事だと思うのですが。みなさんはどうやって対処するのでしょうか。そんな状況を作ってしまった人間(飼い主)がいけないのですが、だからといってそのままでは相手の人間からは、きっと「非常識な人間だ」と思われかねませんよね。怒りたくないけれど、やっぱり怒ってしまう、、、、。ジレンマです。

  13. wotaru より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ご回答ありがとうございます。そうです、空です。(覚えていてくださってありがとうございます!)日常には必要のないことなので「お手」じたいは、実はどうでもいいのです。ただ「共同で何かする経験を」とママさんの記事にありましたので前足忌避克服も兼ねて新しいことをしてみようかと思っただけで(^^;)当面はアドバイスに従いまして触りまくることにします。(今夜は酔った勢いでセクハラオヤジと化しました)あと。自分限定、うちの犬限定で「まあいいか」と済ませていることですが。前足も含めて体を触りまくってますとじゃれ半分、やめて半分でうちのも歯を当てて来ます。顎を抑えて軽く睨めばすぐ止みますが時々はあえて噛ませたまま指で舌を掴んでみたりもう片方の手で開いた口の回りをめくって歯をなで回し、歯垢のチエックをしたりもします。こちらとしては「効いてねえぞ」と言いたいわけで。犬の方も「まずった…!」という顔をするのが妙におかしい。でもこういう戯れ的なのもどうなんでしょう?やはりいつも一貫して叱った方がいいでしょうか。

  14. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。競技会に出場することで、自信がつきますし、トレーニングで自信がつけば、競技会でも実力が発揮できますよね。経験によってトラウマは消えていくと思います。子供さんがいらっしゃるご家庭での犬育ては、また違った面で気を使いますよね。でも、大人が犬を理解していればこそみーなさんのように、お子さんに諭すことができるのですね。そこのところを理解せず、お子さんに歯を当てたことを叱れば、アンディくんは不信感を持つでしょうね。そうすると、唸らずに咬む・・・そのパターンにさせてしまうのではないかと思います。問題のあるご家庭で、正直に話してくれるところはそうして理由がはっきりしますが・・・「犬が咬んだ」ということの奥には犬なりの理由があるということですね。

  15. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。ももんがさんのおっしゃることは、とてもよくわかります。人間も感情の動物で、爆発することもありますし、しょうがないです。でもやはりコントロールできないと、犬はいつも飼い主さんの目を気にするようになります。ひどい場合は、飼い主さんの前ではいい仔、それ以外では制御不能・・・のように。犬たちを観察していると、一時的な感情の爆発はあっても、切り替えが非常に速いですね。後に引くずらない。なので、叱らないのではなく、一喝はする、でもそれだけで止めることが大切。>そんな状況を作ってしまった人間(飼い主)がいけないのですが、だからといってそのままでは相手の人間からは、きっと「非常識な人間だ」と思われかねませんよね。私の理想は(幻想ですが)このようなときに非常識だと考える人間を直したい。このような発想をする人間が多いと、人間社会も生き難いのかな、と思います。私の犬がもし咬まれたら(実際咬まれたことがありますが)犬を叱らないで、人間が謝ってくれればそれで気が済みます。その方がおかしいですか?だから、犬をトレーニングしていくことも大事ですが、広く犬(動物を)知る勉強を犬を飼っていない人にもしてもらいたいな、そのお手伝いができたらいいな、なんて考えています。気分転換です。私自身、瞬間湯沸かし器ですので、お気持ちはよくわかりますが、叱っても、家に帰ればすぐに仲直り、これができれば信頼関係は崩れないと思います。(そう信じています)

  16. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。そうですよね、空ちゃんだ。では、にゃんこは夏目君、?ちゃん?でしたっけ?戯れ的!私はそれ、大好きです。私は家の犬はみんな、噛ませて甘噛みを直し、噛ませて自分の顎と歯の使い方の加減を教えるタイプです。これをそのままブログのようなところで「こうしましょう」とは言えませんよね。問題が大きいです。で、見込みのある飼い主さんにはそう言う方法もあるよ、とお教えしますが、戯れも怖い、と感じる方もいます。なかなか犬はかわいそうな状況だと思いますが・・・人間には絶対に歯を当ててはいけないと教える、みたいな教科書が多いですが、適当にスルーしたほうがいいでしょう。じゃれ遊びって楽しいですよね。

タイトルとURLをコピーしました