犬は咬む動物であるという認識

この記事は約2分で読めます。

誤解のないようにここで少しいいですか?

昨日の記事でお話しました、

>いつだったか、追い詰めた事はありませんか?
面白くないことがあると、犬に当たっていませんか?
多頭飼いの場合、不公平な態度で接していませんでしたか?
人に見えないところで、日常的に体罰、または言葉による暴力を
与え続けていませんでしたか?

このような仕打ちを受けた犬以外にも
咬みつく犬はいます。
(と言うか、犬は咬む動物ですが・・・)

虐待によって手がつけられないほどの犬の相談は
実のところ少ないのではないか、と感じています。

そうではなく、
飼い主さんも理由がわからない、
なんの前触れもなさそうに見える、
それだけに対処が間違ってしまって、犬に咬みつきが定着してしまう・・・
それが多いのではないかと思います。

飼い主さんを咬む、対人に咬みつく
よその犬を咬む・・・

なぜ!?

なぜでしょうか・・・?

やはり性格でしょうか?
血統?
しつけかたの失敗?

いいえ!!!
ボタンの掛け違いのようなもの、そう思っています。

絶望的になる必要はありません。

なぜなら、犬はもともと咬む動物です。
人を咬めば、最悪殺処分されるとは考える事もないのです。
人間社会で咬む行為は認められていないだけです。
ここはぜひとも押さえておきたいポイントですよ。

では?
どうすればいいのか?
これから、そのことについて考えて行きたいと思っています。

飼い主さん方は、決してご自分を責めることなく
(虐待気味の方は責めても良いかな?)
しっかりと立ち向かって行きましょう!

コメント

  1. まるも より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは!ご無沙汰しておりますが、日々の記事は全て拝読しております犬にとってはごく自然な行為の噛むことは、人間社会でそれは認められていない行為。これってとても重要な意識だと私も思います。認められないよと教えていく事が褒めることと同じ位に犬と飼い主の関係を強めてくれると感じてもいます。ご無沙汰したのは、ばあちゃん犬に「肥満細胞腫」が発現して・・・今は薬で抑えられてすっかり元気な状態でいますがお別れの時が来るという現実がつきつけられ気持ちを切り替えるのにちょっと時間がかかったためで。。この子も最近は他のわんちゃんへの吠えが少なくなりました。大きな子へはまだダメですが、小型犬へはほとんどなくなりましたママさまの文字でのご指導でちょっとずついい子になっています。そして、私の勉強がその道筋をつけていることを本当に痛感しています。引き続き頑張りますね!

  2. wotaru より:

    SECRET: 0
    PASS:
    以前うちの犬の基礎トレーニング時にお世話になったトレーナー氏は「犬は刃物(牙)を持った子供だ」と表現されており、もちろんヒト社会の善悪など犬自身にはなにもわかっていない、とも。なので・刃物を絶対使わせない・持ってることすら意識させない・それがヒトに対して凶器になることを悟らせない…等々の心構えが必要なのだ、と。では不幸にして刃物を振り回すようになってしまった子供はどう厚生させればいいか。ヒトならばさしあたり厚生施設にぶちこんで(^^;)「生活や行動の制御・管理」から入るのが通例でしょうか。なのでママさんの今回のテーマが「拘束」から入ったのかな、とそんなことを感じました。噛み癖は深刻な問題ですが、ヤンキーの更正も一日にしてならず、ですよね。腹をくくってどんと構えて…毎回毎回理想論ばかりですみません;

  3. ももんが より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。ももんがです。我が家のジャスミンの子供の頃、天真爛漫だったのに、いつ噛むようになってしまったのか?自分なりに過去を追ってみました。我が家にはゴールデンが3頭います。ジャスミンが、生後8ヶ月の時に同じ年のゴルとドッグランで遊び、その時にゴルのおもちゃにされた事がありました。そのときゴルにとっては遊びでも大きなわんこにゴロゴロにされて恐怖だったのかもしれないです。それが思い当たる唯一の原因でしょうか。この時の私の対処が良くなかったのがジャスミンを恐がりを助長させてしまう結果になったのかも?と反省しています。ジャスミンを天真爛漫だと思っていたのは勘違いで本当は恐がりで臆病な性格だったのかもしれないです。子供の頃に早く犬の性格を把握しないと社会化の失敗に繋がるのでは?と今は思ってます。まさに、これって『ボタンの掛け違え』?ですよね。1歳の時、問題が発覚して先生にお願いしたわけですが、その後、学習は一応終了して今は先生についていません。自分なりですが、日々ジャスミンと向き合ってます。この2年半、少しずついい子になったと思っていましたが、やはりもう一度先生について1からやり直した方が良いのかな、、、なんて考えたりしている所です。

  4. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS:
    公園はリードオフが認められ犬をシェルターからレスキューすることが浸透しているイギリス。攻撃性のある成犬を根気よく訓練している人を良く見かけます。そういう子はマズルをし(拾い食い癖のある子もマズルをしていることが多いです)飼い主さんはアグレッシブさに対し卑屈になるどころか「この子はレスキューしたの」とどこか誇らしげで、周りの人も「じゃあ、挨拶させてみましょう」と好意的。公園でマズルをしリードに繋がれている子が一番安全だと思います。マズルが受け入れられると、他人を怪我させて処分 というケースが少なくなるのかな と思いました。そして ↓ 6か月から訓練・・・・これは・・・たいへんだ・・・「5か月までに出来るようになりましょう」リストというのがある位なのに・・・犬の問題行動はなるべくして起きるのでしょうね。(起きるというか止められないというか)

  5. Keina より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。毎日暑いですね。
    私もそう思います。メグは知らない人やワンコが近づくと、まず逃げます。それでも近づいて追い詰めたら間違いなくカプッとするでしょう。突然触ったり抱き上げたりしたら、私にも咬むと思います。正しい事なのかわからないのですけど私はメグのその性格を矯正するよりも咬むような状況を作らなければ良いのではないかと思っているんです。友人・知人には「メグが自分から近づくまではそっとしておいてね」「急に手を出さないでね」「抱っこは嫌いだからね」とお願いして協力してもらっていました。全然知らない人や子供には「この仔は咬みますから」とキッパリ咬ませない事。それがメグを守る事にもなるのかなって思います

  6. Keina より:

    SECRET: 0
    PASS:
    あれっ、なんか文字が消えちゃいました。↑「私もそう思います」って、どう思うのか消えちゃった f^_^;チャーリーママさんのおっしゃる「と言うか犬は咬む動物ですが・・・」という言葉に同感でした。

  7. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。お元気でよかった・・・おばあちゃん犬はのこと・・・辛いですね。避けられないこと、受け入れなければいけないこと、これが本当の意味で、重い問題ですね。どんな問題行動を抱えていても、命あればこそで・・・まるもさんのような、真摯で優しい方のもとで犬生を送れることは幸せだろうなぁ、と思います。一回でも多く撫で、一回でも多く言葉をかけて、最後まで幸せな瞬間を生きさせてあげてください。お祈りしています。

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。そうですねぇ~、お察しの通り「拘束」というのは矯正するうえでの重要ポイントです。人間の矯正でもそうだと思います。拘束は、動きを止めることと、受け止める、という意味があります。咬む、ということは犬がせっぱつまった状況ですね。そのような状況になるのにはよくよくの理由があると思ってしまいがちですが実に簡単に追い詰めてしまえるものです。人間社会で生きることが、即、追い詰めにつながるようなナイーブな性格の犬もいます。だから、社会化のトレーニングが最も重要なんですね。社会化=慣らすこと=楽しいことを重ね合わせながら自信をつける。咬みつく犬は、自信がない。これが私の持論です。

  9. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは咬み犬のお話も大変興味深く拝読しております。(チャーリーママさんの記事を読んでいると、問題のなさそうな仔でも、またパッと見は記事と関係なさそうな行動をとる仔でも、記事を読んでハッとしたり、考えさせられるようなポイントが沢山あるんじゃないかな~と、いつも感じています)ちょっと話がずれてしまうかもしれないのですが、うちのわんこ達は二犬とも訪問者に吠える仔でした。最近はだいぶ矯正されましたが。(というか、珍がそういう仔だったのでくるみもうつってしまった感じなのですが)珍はただ吠えるだけでしたが、くるみは玄関の外に人がいた時、匂いをかいだ後に噛み付いたことがあるんです…今は家に人がいる時は吠えたり、玄関の外に飛び出ないように特訓中ですご助言頂いたおかげで、だいぶ成果が出てきました♪(ひっぱりっこ遊びも甘噛み遊びも継続しております)しかし、ホームというかテリトリーに対してこんなに執着する仔だとは思いもよらなかったのでかなり驚きました。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    あ!あと、今更ですが、リンクフリーでしょうか?宜しければリンクを貼らせていただきたいのです

  11. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。う~ん、原因はなかなかつかめないですよね、多くの場合・・・で、最初噛んでしまった時、噛んだ相手はどうしました?って聞き方が変ですけど。ジャスミンちゃんの前から存在が消えた、ジャスミンちゃんがそう受け取るような状況でしたか?でも・・・それでも・・・たとえ原因がわかっても、解決するわけではないですね。トレーナーさんにもう一度指導してもらうのもいいと思います。また、ご自分でされるのなら、わざと興奮状態になってしまうシュチュエーションで、トレーニングをするのではなく、興奮を鎮める練習をされるといいと思います。拘束技、と今の時点では呼んでいますが・・・これを試していただきたいです。興奮が恐怖感からくるものなら、その場面で興奮を鎮められるかがポイントなわけです。ちょっと試してみてください。

  12. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。マズルですね・・・それをつけると「かわいそう」(でたっ!)という声がそこらじゅうから聞こえてきます。ジェントルリーダーですら、虐待だと言われることが少なくありません。根気よくトレーニングする姿もひょっとしたらかわいそうと言う人がいるかもしれない!?そんな今の現状です。かわいそう主義、私は呼んでいます。6カ月から、しかもお預かり・・・まだまだ多いです。

  13. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。本当に暑いですね。メグちゃん、今日の体調はどうでしょう?>私はメグのその性格を矯正するよりも咬むような状況を作らなければ良いのではないかと思っているんです。そうですね、性格は変えられるものではないですよね。咬むという状況を作らないようにしてあげることは、守ってあげることですね。メグちゃんの場合、体の変調が引き金になっているのか、または皮膚が敏感になっているのかということも考えてあげないといけませんしね。やはり、ワンコは飼い主さんが行動を把握、制御してあげられるかどうかです。ただ・・・メグちゃんはまだ若いので経験を積んでいけばきっと咬むことの呪縛から逃れられると思いますよ。うちのココ、今はあんなにおっとりさんですが、5ヶ月で来てから、1年くらいは見ていてハラハラさせられる犬でしたよ。咬みつきそうで・・・これからです

  14. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。「うちの仔には関係ないわ」とか言っているうちに、問題の芽が芽生えてどんどん成長して・・・関係ない、と言っている人の方が、いざ、問題が起こった時にうろたえる傾向にあります。トレーニングだけしているとわからないことですが、グッズショップをしていると見えてしまうことですが、ほとんどのお客様がしつけやトレーニングにはあまり興味がなかったりするんですね。で、問題勃発すると・・・犬から熱が冷める方が多いと感じます。口頭で言うと、人によっては面白くないと感じたり、うるさいでしょうから、こうしてブログにしたら一人でも多くの人が読んでくださるかな~と思って。。。成長するにつれて、意外な一面があらわれるものです。その時に慌てないためにも、犬という動物を知ることが大切ですね。がんばりましょうね。風邪、どうですか?声出るようになりました?無理しないでくださいね。リンクの件はOKですよ。どうぞ、どうぞです。相互リンクでね。

  15. BUN より:

    SECRET: 0
    PASS:
    恐怖心から威嚇したり咬みつこうとする子に大事なのは相手との間合い(距離)だと思います。身の安全を保てる防衛ラインというか。私の場合、よく公園でイヌの散歩をしますがその時に他のイヌと出会ったら、なるべく立ち止まり飼い主さんと会話をするようにしています。可能な場合は相手のイヌに触ったりおやつをあげたりもします。そうする事で、イヌの緊張がいくらかやわらぎ慣れる為の時間を稼いであげる事も出来ます。これを繰り返すうちにイヌは「この間合いなら安全だ」という事を学習していき、徐々に平常心を保てるようになります。イヌは放っておいて、一定の距離を保ちつつ飼い主さんと会話を楽しむ。とっても単純な方法ですが、意外と効果あります。知らない人にもイキナリ話しかけるのでたまに変な人と思われるのが難点ですが

  16. ごま より:

    SECRET: 0
    PASS:
    完全に『噛まない犬』にしなきゃいけないのかなって思ってます。エルは噛んで来ますよでも痛くないです。噛むというか咥えるというか…その程度なら大丈夫かなって許しちゃってます。もちろん散歩の時の興奮噛みは痛いので止めさせてますが…イヌが噛むのは、ヒトが手でものをつかむのと同じだと思ってるから、加減さえできるようになればそれでいいかなって…甘いですかねぇ?

  17. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。うんうん、>相手との間合い(距離)だと思います。身の安全を保てる防衛ラインというか。安全範囲とか、社会的距離とかいうやつですね。これはまた記事にしようと思っています。この距離を安易に縮められたりすると社会化不足の犬にとって大きな脅威になるのでしょうね。ですので、BUNさんが言われているように犬の習性を知ることが大切ですね。それを知らない人間が飼育すると犬まで犬としての振る舞いを忘れてしまいます!これはびっくり!犬語が理解できない犬!問題です。どこでもドアーがあったら「変な人」にやってきてもらえていいな。

  18. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。完全に噛まない犬・・・エル君はまだ若いので口で遊ぶのですね。ごまさんがその辺を理解していらっしゃるので無理に直さなくてもいいかなとも思いますし。でも、人によっては人間にちょっとでも歯を当てることを許してはいけない、そう言う人もいる、ことを覚えておいけください。きつく矯正すると、かえって噛むようになることもありますし。興奮の噛みはやめさせる、それができていればいいのかな?と思います。口で遊ぶのも、信頼関係の証だと思いますし、成犬になったらなくなってしまうでしょう。

タイトルとURLをコピーしました