興奮症を抑えるために

この記事は約2分で読めます。

普段、何気に叩いたり蹴ったり耳を引っ張ったり、
そのような飼い主さんが行えば、もともと攻撃性の出やすい犬は
咬みつきを現すようになってしまうかもしれません。
堪忍袋の緒が切れる、ってやつです。

しかし・・・普段からひっくりかえしたり、一緒になって寝っ転がっている仲の
飼い主さんと犬の間に、
拘束技が犬を傷つけることになるか
ということが言いたいのです。

どんな方法も、飼い主さんに愛情と思いやりがあれば
そして効果が見られるのであれば、
絶対にいけない、と決めつけるのは行き過ぎではないかなぁ。

命を育てるときには、
大胆さが必要です。
おっかなびっくりでは、犬はどんどん不安になりますから。
恐怖は伝播する。
犬の恐怖、怒り、興奮、
それらが現れた時は、なだめるのではなく、気を逸らすのではなく
まず、体の動きを止めて、筋肉の緊張状態を消失させて
脳への緊張の情報をシャットダウンさせましょう。
そのための、拘束技です。(窒息させるわけでも、傷めつけるわけでもない、
動きを制御します。そのためには普段から濃厚な接触、ふれあいが大事ですね犬に触られることを拒否されてはどうしようもない)

例えば、お散歩中に
よその犬に吠える、どうしようもなく暴れる、飛びかかろうとする
そんな興奮状態のとき、
名前を呼んでなだめても、
おやつを見せて誘導してもらちがあきませんね!?
まず、犬の視界に飼い主さんが入って、拘束して、動きを止める、
無言で。
興奮が通り過ぎるのをひたすら待つ、そんな感じ。
しばらくすれば、ふうっと目が正気を取り戻す瞬間があります。
声をかけてしまうと、興奮が長引きます。
正気に戻った瞬間を決して逃さないでください。
「いいこだね」
目を見て話しかけましょう。興奮から帰ってきたことを褒めてあげてください。
これも、繰り返しになります。

ハートで勝負です。
ハートが無ければ、辛い作業を続けていくことができません。
ハートがなければ、諦めてしまうのではないですか?
諦めるということは、精神的に犬を捨てることだと思います。
ハートがあれば
手っ取り早く言うことを聞かせようと暴力を使うことはないでしょう。
ハートの力があれば
犬を捨てようとは思えないはずです。

このことを頭に入れて、明日からの咬み犬の記事で
一緒に考えていきましょう。

コメント

  1. BUN より:

    SECRET: 0
    PASS:
    拘束技って、このブログで初めて知りました勉強になります私も興奮状態のイヌに対しては、まず動きを封じますね。そして落ち着くのを待ちます。声は掛けずに首輪を持ってジッとしています。これも一種の拘束技なのかな?

  2. 専業主婦 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今日の解説 うんうんと うなずいたりそうなんだぁ…と思ったり 判りやすかったわ 

  3. masayoママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    我が家は、ヨーキーの多頭飼いをしてます。11月に個人の飼育放棄犬(5歳オス)を迎えたのですが散歩が好きなのによそのワンコに猛烈に吠えて噛みそうで・・・。家では、1歳のわんぱくヨーキーの先住犬4匹がいますが控えめで賢い子なのです。良い子だけに外に出た時の変貌が・・・。12月にも繁殖場崩壊からレスキューされた(11歳メス)子、先月ブリーダーから繁殖引退犬も家族になっていますが問題なくいます。興奮恐怖から覚めてもらいたいので実行してみます。ありがとうございました。

  4. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。拘束技・・・柔道ですか?みたいな・・・ネーミング、何とかしないと>私も興奮状態のイヌに対しては、まず動きを封じますね。そして落ち着くのを待ちます。声は掛けずに首輪を持ってジッとしています。まさに、拘束技ですねぇ~。で、何と名づけたらいいと思います?

  5. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。わかりやすかったです?よかった・・・ここのところはぜひ、わかってもらいたいポイントなので。

  6. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。多頭飼いしていらっしゃると、個性を認識できるのと、問題が起こったのは飼い主の接し方が悪い、という巷の考えにNOが言えると思います。性格というものがあって、その子が何を考えて、物事をどう受け止めるか、それと出会うもの、体験、それらが絡み合ってきます。なので、問題行動の場合は飼い主さんが変わる、というよりその仔その仔に応じた対応を考えることが大切なのだと思います。里親さんになられる方々はその辺をよ~く理解されていらっしゃるので感心します。頑張ってくださいね。即効性があるとは言えませんが、頑張れば成果は出るはずです。

  7. みーな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。私はキャバリアのもう直ぐ5歳になる男の子を飼っています。生後半年から躾教室で犬と勉強し、1歳前から本格的に出張訓練で訓練士さんに訓練(ビビリ克服と家庭犬として基本的な躾をしたいなっという希望で)をお願いしています。基本的な訓練やビビリ克服、今は競技会にも出ていたりしています。今まで読み逃げしてしまっていましたが(すみません)、チャーリーママさんのブログは凄く興味深く、そして勉強させてもらっています。今回のブログの内容で、我が家の犬も急なインターフォンの音や、急な人の声などに吠えて反応してしまうのですが、インターフォンは鳴ったら吠えるっているのが癖?なのかはたまた教えているのか、警戒心からなのか未だに不明ですが、玄関まで走って人を確認すれば部屋へ戻ります。ただ、急な人の声や大きい声を出す人には吠えまくるって感じではありませんが、吠えるんです。だから、その時は抑えて「吠えなくていいんだよ」と声をかけます。すると、やはり落ち着いて吠える声を抑え気味にしたり・・・。我が家の犬の場合、犬の前に立ちはだかっても・・・その人の方を首を動かして見て吠えますから、そこまでして吠えるんか!って思いますが(^^;また、色々と勉強させて頂きますm(__)m

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    初めまして。コメントありがとうございます。競技会で頑張っていらっしゃる方に、「読んでます」と言われると嬉しいです。ほっとします。ザーっとHP見させていただきました。^^朱理ちゃんがお母さん!、藍理ちゃんが兄弟犬!ですね。すごい家系ですね。アンディくんはおしゃべりくん、なんでしょうね。うちのチャーリーとよく似た性格かもしれません。まず、吠えます、吠えて意思を伝えるというか、反射的に「誰?」「何してるの?」「何か用事?」みたいに・・・質問攻撃するみたいな、質問してれば気がすむみたいな・・・アンディ君の場合、そんなに困ることでないなら、個性として受け止めてあげればいいのではないかな?そう感じます。指示に従えるわけですし。こちらこそ、よろしくお願いします。

  9. BUN より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >何と名づけたらいいと思います?「拘束」は、分かりやすくて良いと思いますヨ英語にすると「ホールド」ですか、カッコイイけどプロレス技みたいですね…。

  10. wotaru より:

    SECRET: 0
    PASS:
    自分も「ホールド」に一票です。よりソフトな表現なら「ハグ」ですとか。ですがBUNさんもおっしゃってるようにわかりにくい(説明を要する)表現になりそうですね。というかいまひとつピンとこないのですが「拘束」という単語にはそんなに悪いイメージがあるのですか?

  11. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。「ホールド」ですかね、やっぱ・・・うん、プロレスみたいですね。。。拘束、わかりやすいですよねぇ、でも女性陣には受けが悪いかもしれません。まあ、受けなくてもいいですけど。(投げやり)

  12. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。投票(?)ありがとうございます。「ホールド」いいかもですね・・・でも持ち上げそうな人いませんかね?拘束・・・特に女性はイメージ先行の方が多くてですね・・・「拘束してください」と言うと、引きつることが多いです。

  13. みーな より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさん、HPを見て頂き有難うございますm(__)mアンディとの訓練の事や、日常の事で何かあればアップしている程度のブログです。>アンディくんはおしゃべりくん、なんでしょうね。な~るほど!!おしゃべりなんだって見ればいいんですね!最初は、臆病の吠えでした。尻尾が見えなくなるまで丸まっていましたから(^^;だけど訓練や人に慣らす訓練をしていくうちに、アンディは自分から相手に行くのは平気なんだけど、相手から向かってこられるのが苦手な子なんだ、などなど”こういう子なんだ”って思うようになりました。犬を育てるのは子育てと似ているっと躾教室に通ってた先生から言われた事があります。が・・たまにやっぱり、”今、何を思っているのよ~~~”ってアンディが日本語をしゃべれればなぁ~って思う事もしばしばありますが、犬育て歴もう直ぐ5年の私には、チャーリーママさんのお話はためになりますし、参考になることも沢山あります!あ・・・チャーリーママさんの呼びかけのブログの内容から外れてしまいました・・・すみませんm(__)m

  14. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。うちのチャーリーもかなりおしゃべりです。まず、吠えて感情を表現します。>アンディは自分から相手に行くのは平気なんだけど、相手から向かってこられるのが苦手な子なんだ、などなど”こういう子なんだ”って思うようになりました。臆病な仔、というか犬はもともと、新しい物や人に自分から近づかせる事が大切です。カウンセリングにお邪魔するときも、私は犬には一切挨拶もしませんし、触る事もしません。まず、私に近づいてくれるのを待ちます。で、興味を持って匂い嗅ぎをしてくれたら、しめたもの。仲良くなれます。これが犬への礼儀なのですね。だから犬同士、弧を描いて近づくというカーミングシグナルがあるのです。繊細な気持ちは大事にしてあげないと、ですね。内容はずれててもOK。コメント大歓迎

タイトルとURLをコピーしました