興奮症、興奮を鎮めるために何ができるか

この記事は約2分で読めます。

ヒッパリッコについて色々お話してきましたが、
「でも、うちの仔はダメ、怖い。目つきが違うし
興奮の仕方が尋常ではないもの。」
とおっしゃる飼い主さんのために、
興奮症について考えてみたいと思います。
これはこれから始める「咬みつき」についても
つなげて行きたい重要事項ですのでしっかりと把握していただきたいと思います。

動物感覚の本は覚えていらっしゃいますか?

7月21日の記事
犬のおかげで人間になれる
でご紹介しました。
この著者は、自閉症です。様々な分野で活躍される方です。動物学者でもあります。
この本の中で、興奮症を考えるときに参考になる個所を見つけたので
ご紹介して一緒に考えてみたいと思います。

・・・ある夏、アリゾナ州で観光牧場を経営しているおばの家に遊びに行き、
近所の牧場で牛の群れが「締めつけ機」に入れられるのを見た。
締めつけ機は獣医が使う装置で、注射をするときに牛がうごかないようにしっかり締めつけて、おとなしくさせる。
・・・そのしかけが目にとまったとたんに、私はおばに車を停めてもらい、
車から降りて見物した。
締めつけ機の中にいる大きな牛から目がはなせなくなった。
こんなに大きな金属製の工作物でいきなり体を締めつけられたら、
牛はさぞかしおびえるだろうと思うかもしれないが、まったく逆だ。
牛はじつにおとなしくなる。
考えてみればわかるのだが、だいたいだれでもじわりと圧力をかけられると気持ちが落ち着く。
マッサージが心地いいのも、じわりと圧力を感じるからだ。
締めつけ機で締められると、新生児が産着に包まれたときやスキューバーダイバーが水に潜ったときに感じる、
おだやかな気持ちになるのだろう、牛は喜んでいた。
私は牛がおとなしくなるのを見て、自分にも締めつけ機がほしくなった。・・・

結局自分専用の締めつけ機をつくってそれを利用するのです。
中に入るとかならず気分が落ち着いた、そうです。

で、私が何を言いたいかというとですね、
拘束技、覚えていらっしゃいますか?
記事を参照してください。(3月23日の記事、無駄吠えの拘束技)
これを、締めつけ機の代わりに使ったらどうか、という発想です。

拘束技、も横たわらせる方法も、虐待行為だと言い放つ方がいますね。
ですがどうでしょう・・・?
犬たちにとって、興奮を鎮めることができるのなら、
その方法は有効なのではないでしょうか?
虐待のくくりに一度入れられた方法を実行することがない、
それは犬たちにとって災難なのではないでしょうか!
犬が落ち着くのであれば、
ある人から見て虐待だという行為でも虐待ではない
そう思います。
ホールドスチールもアルファーロールも、嫌がるから虐待だ、
それはどうでしょうか?
興奮を止めるためには、動きを止める、まずそれが必要です。
明日に続きますね。

コメント

  1. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS:
    獣医さんで静かにしている訓練と共に興奮を静めるトレーニングというのを3か月の時からしています。家の中を走り回ってどうしようもなく興奮している時、(ヨーキーだから出来ることなのかもしれませんが)膝の上にのせ両脇からがっちり犬の体を固定し、大きく深呼吸をしながらTAROの体にじんわり圧力をかけていくこと3回。かなり効果があります♪虐待ではなくヨガととらえています。その子の性格、バックグランド、大きさなどを考慮した方法であれば虐待と一言でくくれないと思うんです。そう言い放つ人にはちょっと首をかしげます・・・

  2. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。貴重なコメントです~。ありがとうございます。この、拘束技を記事にすると、なんだか不評っぽいのですよね。拘束って言うからいけないのかな・・・でも、今日本ではこの興奮時におやつを使ってしまうのですよ。おやつが流行ればおやつ・・・それをプロの方がやってしまうのがちょっと・・・または、動きを止めると「かわいそう」という声が聞こえる。でも、かわいそう、という方々は結局落ち着かないバタバタした犬に振り回されています。そちらの「ヨガ」はみなさんが使うのですか?そういう方法が確立されているのでしょうか?拘束技は、私が言ってるだけで・・・説得力ないのです・・・まだ。でも広げていけたらいいな、と思っています。

  3. はなのおかぁちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私が以前病院に勤務いていた時、不穏になってしまった患者さんの事故防止に、抑制帯というのを使って、体を抑制した経験があります。(人も興奮したときの力は、もの凄いです)最近、医療の現場でも体を拘束することは良くないということが広まってきているようです。誰だって嫌がっている人(動物)の体を拘束するのは出来れば避けたいですよね。確かに罪悪感はあるかもしれません。私も、ゴメンね、ゴメンねって言ってましたから…でも、命を守るために事故を防ぐために、時には拘束は必要な事だと思います。その仔へを思うゆえの拘束。かんしゃくを起こした子供だって、おかぁちゃんにギューッと抱きしめられたら、不思議と落ち着きますもんね。きっと、愛情たっぷりの拘束。私も、はながかんしゃく起こしたらギューっと抱きしめます。もちろん、汗だくですが。カレンちゃん、ダイナミックでいいですねぇ。はなが海を見たら、どうなるんでしょうねぇ。あぁ~ちょっと怖い

  4. wotaru より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「興奮時におやつを使う」というのは例えば我々が恐怖や不安や喜びでテンパっている時「食事やお金(報酬)を差し出されて」興奮を収めろと諭される、というのと同じことかと…。犬を擬人化することには注意を要しますがこう書くと「それって動物として(感情として)どうよ?」と自分などは思います。怯えている時に抱きしめても貰えないほうがよほど「かわいそう」なんじゃないですか?そしてそれすら「虐待」とされるとは…いまどきの躾はどんだけ「お犬様」指向なのかと。てか自分には、「飼い主が体を張る」「犬の体も感情も引き受けてやる」ことに腰が引けているようにしか思えません。犬に怯え、かつ犬をなめている。だから結局「落ち着かない、バタバタした」犬になるのも道理というものではないかと。今朝方ブログを拝見してそのように思ったのですが、言葉が過激になりがちなのと長文にもなるのでつい控えてしまいました。結局書いてしまいました;コメント汚しすみませんです。

  5. smallcountry より:

    SECRET: 0
    PASS:
    たびたびで失礼します^^;確かに「拘束」という文字でびっくりしてしまうのかも!? 文字には力がありますものね☆この「ヨガ」はクリッカートレーニング同様まだまだマイナーだと思います。トレーナーさんは大学院で勉強しながら実践に取り入れている為、まだ確立しているわけではないと思います。TAROは3か月まで両親とナニー(シェパードとレトリバーのクロス)に囲まれ毎日転げまわっていた仔なので、人間に抱っこされるのに慣れていなかったんです。じっとすることも出来なかったし。それでこのヨガを始めたところ、彼には効果があったという次第です。「かわいそう」の基準が本当にちがうなと思う最近です。 飼い主のがしっかりコントロール出来ればその仔も安心して人間社会で暮らしていけるのに なんて思います。(私&TAROはまだまだ修業中ですが・・・)つづきを楽しみにしています。そして「拘束技」 賛成です。

  6. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。そう、人の興奮の爆発力はものすごいですね。拘束・・・締め付け・・・もっと柔らかい言葉、ネーミングを考えようかなぁ~。皮膚は一番大きな内臓です。鍼灸ヤ、マッサージがなぜ効くかというとその大きな内臓に働きかけることによって内臓に良い影響を与えられるのです。ということを犬にも応用できないかと考えた結果がこの拘束技なんですが・・・信頼できる人に、わけがわからなくなった時にギューっと抱きしめられることは幸せでしょう。愛情たっぷりの拘束、ですね。はなちゃん、湖と川で実力をつけて、ぜひ海にチャレンジですねまた涼しくなったら、一緒に海までお散歩しましょうね。

  7. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。力強いご意見ありがとうございます。コメント汚れてませんよ。輝きを放っています。文字通りの虐待の反動か、もともとの日本人の感情に走りやすい傾向のためか、ほとんど「お犬様」状態になってますね。すべてではないですが・・・なので、拘束なんて言った日には、白い目で見られそう。>「飼い主が体を張る」>「犬の体も感情も引き受けてやる」まさにそれがこれからのテーマです。咬みつきの。飼い主の覚悟ですね。まあ、犬を飼う人がこのように重いテーマを考えることが面倒な現状が、問題であったりします。

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。またまた、ありがとうございます。そうですよね、拘束びっくりですよね。何か良いネーミングありませんか?英語かなにかで・・・(著作権?は発生しません)なるほど、お勉強されながらの実践なのですね。確立されるといいですね。コントロールも拘束につながるためか、敬遠されがちな言葉ではあります。では、どうやって犬を成長させていくのか!ということなんですが・・・人間の社会も子供に甘いですねぇ~。で、結局心の港に親がなっていないから、何か問題や失敗があったりすると、どーんと落ち込んでしまうのでしょう、そう思います。拘束すると嫌われる、犬に嫌われたくない、と誤解しているのでしょう。犬は拘束されると、信頼を増します。はなちゃんのおかぁちゃんさんもおっしゃっていますが、愛情のある拘束で。

タイトルとURLをコピーしました