唸ることで自分を通そうとする犬にさせないで

この記事は約3分で読めます。

とりあえず、「唸り」はおしまいです。今日は長いですよ~。

ここにきて、一頃の危なっかしいほどの犬ブーム
(犬を飼うこと、買うこと)は落ち着きをみせ始めているのでしょうか?

そうなって今、飼い始めて間もない方々の間に
しつけや飼育に関して、神経症気味の悩みが多くなってきています。
そう感じます。
一生懸命育てよう、というのはいい姿勢ですが、
意気込みが強すぎて、途中息切れしてしまう方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

犬を飼う、普通に飼う、ということはそんなに難しいことではない、
そう言い切ってしまったらお叱りを受けるでしょうか?

でも敢えて言いますが、
肩の力を抜きましょう。
あなたの犬は、お利口さんでなくても
立派に(?)犬生を送れるはずです。
むしろ何にもしない方が、犬にとっては気が楽なんじゃないか、
そう思うことすらあります。

極端に言うと、「オスワリ」できなくても
生活するのに問題はありません。
犬が興奮したり、静かにさせたいための、ひとつの道具としての
「オスワリ」です。
座れなくても・・・人間の迷惑になることをしなければ座る必要がない、
というようにも言えますね。
何が何でも命令に従わせよう、いい子にしよう、という前に
動物との付き合い方や、人間も自然の中の一つの駒にすぎないことを
頭に入れた暮らし方を考えていただきたいのです。
犬は訓練すれば、ロボットのように言いつけを聞くようになるからと言って
我々の犬すべてがそうならなければいけないことはない、
と思うのです。
なぜこんな話をするのかというと、
犬に対してきっちりし過ぎる方は、いざ犬に唸られたら
引くからです。
(もしくは過剰に反応しすぎる。)

唸られたら引くことで、犬は飼い主さんの制御が効かないことを
学習します。従順な犬ばかりではありません。
性格を考えずに繁殖された結果、難しい子は増えています。
引けば、唸りが日常化します。
唸る事であなたを遠ざける事に成功するのです。
嫌がっているのならそのままにしておこう、
ということは犬のためになりません。

あなたが理不尽なことをするわけではないのならば
堂々と犬にしなければいけないことを要求してください。

人間の子供でも犬の子でも、難しい子にはやはりそれなりの対応が必要です。
マニュアルはありません。
いつも動き回っているような、いつも反抗期のような犬は
たっぷりと運動させて疲れさるのは心身を鍛えて健全にします。
運動のしすぎは短命だ、といっても
今を充実して生きることの方が嬉しいことかもしれません。
(人もそれぞれ、犬もそれぞれ。)

エネルギーの有り余った犬にお行儀を求めるのは
運動の後にしてあげることが思いやりです。
「疲れればいうことを聞く」
のではなく、正しい方向にエネルギーを向けさせるのです。
犬を動物として観察しないと、その子、その子の性格やエネルギーは
わからないと思います。

どうぞ、唸ることで自分を通すという
我の強い犬にさせないでください。
暴力はNGですが、大きな声と、毅然な態度での
「ノー」
は犬を正しく育てるためには必要なことであると思います。

ゆるい私も時には強い。

コメント

  1. tomochiro より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ほんとですね!人間が犬の行動を支配するのと躾は別物ですよね。色々な考えがあると思いますが私はチャーリーママさんの考えに大賛同です♪でも毅然とした態度は大切ですよね。実感です。ちゃんと犬にも伝わると感じてます。最近、声を荒げて注意する事は少なくなりましたが(笑)駄目な時は徹底的に無視するとそのうちわかってくれてるようです

  2. 豆たろうママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
     豆たろうの噛み癖がすごくって、とても困っていました。あのころはまだ落ち着きがなく、一旦興奮してしまうと、手がつけられないことも。。。 わたしは『豆たろうは犬だから、犬のお母さんみたいに接しなきゃ!!!』と思い、あまりにも噛み付いて話さなかったとき、豆たろうの首を噛み付きました。(そんなに強くではないですけどね・・・)仰向けにして、下にして、押さえつけたりも・・・(痛くないように・・・)それが正しかったか、間違っていたのか分からないけれど。。。そういえば、、、いつの間にか、そんなこともなくなっていました

  3. グラ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    動物との接し方、向き合い方という点で、チャーリーママさんのお考えはとても共感できますこの点では問題の(笑)シーザー・ミランも、かつてお書きになっていたムツゴロウさんも、共感できますね。わたしもソフトではありますが、隠れ体育会系で体当たり派だから(笑)いまの教室の進級テストで、犬とひっぱりっこするという項目があるのですが、私も口で引っ張っていいですかときいて、「禁止事項ではありませんが伝説になります」といわれました。人には言えませんが(言ってる)、ついイヌネコ舐めたりしちゃいますからね~。

  4. まにゃ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    みなさんやってますねぇ~☆流石,チャーリーママの所へ集まる方々(あっぱれ♪)犬には、犬にあった対応ですよねっ♪我が家の仔、「お手」知らないです。。教えてません。知らない人から、「お手」「おすわり」と云われてもしません。知らないもん♪の前に知らない人の云う事に従う気持がありません。でも、「馬鹿犬」じゃないよ☆我が家は、「シッツ」だしぃ~云う事何でも従う仔、ロボットみたいに従う仔が良い仔なんかなぁ~??仔犬がハウスで安心して寝てても「良い仔ねぇ~」って思うよ☆落ち着かず、オロオロしてる仔みると「困ったねぇ」「信頼して、落ち着いてくれる様にしなくちゃ」って思うもん。。

  5. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。tomochiroさんに大賛成していただけると何だか嬉しいです。毅然とした態度は伝わると実感されているのですね。そうです、伝わらなくては意味が無いですね。また伝わるから、犬が安心して暮らせるのだと思います。飼い主さんの傍らでぬくぬく、とね。徹底的に無視しちゃってるのね~。私がそばにいたら「おお~ちろくん、かわいそうにね~」なんて言ってしまいそうです。

  6. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。なかなか激しくバトルしていたのですね。それぞれ、犬との向き合い方は違って当然ですね。ただ、(犬を思って)必死で頑張れば必ず通じるはずです。通じなければ犬じゃない。反対に言えば、通じさせようという意欲の無い人には犬を飼う事をすすめたくない、です。気迫の勝利?ですかね。

  7. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。共感していただけて嬉しいですよ~。隠れ体育会系!隠れメタボとはちょっと(?)違うかぜひ伝説をお作りになることを期待します。でも、進級に引っ張りっこ・・・ほぉ~興味深いです。プレイ・トレーニング?

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ねぇ~、みなさんあっぱれでしょ~。そうだ、そうだまにゃさんところの仔たちはお手しないのでしたよね。従う、っていうこともう一度考えないと、と思います。今流行りのしつけ教室はその点で言うとどうでもいいことにむきになり過ぎている、そう思います。何かができても、できなくても落ち着ける場所で、それぞれの犬生を惜しみなく満喫してもらえたら・・・それをさせてやるのが、犬を飼う事の醍醐味でしょう、と思ってます。

  9. こてつ。 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさんのお話、読んでいてホっとします。いい仔でなきゃとか、しつけをちゃんとしなきゃとか・・・なんかそんな概念に囚われがちになってしまうけれど所詮 ワンコはワンコ(変な意味ではないですよ☆)気楽に楽しい犬生を過ごさせてあげたいですもんね♪ルイも伏せできません。外出先などで、落ち着きを取り戻させるためにはいつかできればな~、とは思うけれど。。。フードではなかったんですけど、ルイはおやつ(特にジャーキー)でありました。我が家へ迎えた頃、唸るまではいかなかったんですけど獲られる!って思って、すんごい勢いで逃げたんです誰もとらないよ♪って言いながら、膝の上で食べさせたりしたら直ったけれどこれって、方法としては大丈夫だったんでしょうか…?

  10. ミコ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうですよねぇ、ようやく私も少し肩の力を抜きながら、拾い喰いなどのトレーニングができるようになったかもしれませんありがとうございます。「疲れればいうことを聞くのではなく、正しい方向にエネルギーを向けさせる」すごいそうだなぁと思いました。人に興奮して喜ぶタルル、一緒に実家に遊びに行く時は、お散歩をしてから行っていました。私は、疲れて落ち着いてくれるかな?という考えでした。(私は大家族で育ったので、実家には人が大勢いまして、タルルは、もう大喜びします)食事の後に、おやつを一粒、あげてみます♪

  11. SECRET: 0
    PASS:
    どうしてもついつい一生懸命になっちゃいます(笑私、こんなにまじめな性格だった???って言う感じです。でも、最近かなり一時よりは手を抜き出したかも・・・散歩だけは毎朝、雨以外は一時間。いっぱいのワンコと歩き回っています。他のワンコや飼い主さんから学ぶことがいっぱいあります。シーザーミランの一に散歩。これだけはがんばってます。↑チャーリーママさんのお考え大賛成です。みなさんのコメ読んでまたまた刺激を受けています。

  12. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうです~。所詮、ワンコはワンコ。どんなにしつけても巣立っていくわけではないのです。それぞれの家庭で楽しく生きていければ基本的には大丈夫ですね。その上で、ドッグランで遊ばせたいとか、旅行したいとか、その希望に沿ってしつけていけばいいのですよね。ただ、ワンコにとって不向きな事を無理強いしないということは大切ですね。のんびり過ごしたい仔にアジリティーは無理ですし、人が苦手な仔にセラピードッグは無理、とか。伏せ・・・ルイ君伏せている時あるでしょ?その時に一緒に横になりながら「フセ、フセ」と言葉をかけてその状態が伏せなんだよ、と教えると良いですよ。または、覆いかぶさっても平気なら、おやつ片手に覆いかぶさりながら伏せに誘導一緒に伏せるような形になります。最後の方法ですか?OKですよ。

  13. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。肩の力、抜けてきましたか?ブログの運営もいい感じじゃないですか。タルル君の様子や可愛い顔が見られてとっても嬉しいです。人が大好きで興奮何にもかえ難い良い性格ですよ。人間社会で生きていくわけですから、皆に可愛がられてる犬生を送れますね。後は、人間側の心の持ちようです。年を取れば、自然に落ち着くことをすぐに直したいと思うのか、ぼちぼち行こうと思えるのか・・・良い仔に出会えてよかったですね。

  14. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。真面目になっちゃいますか?真剣に取り組められることは才能ですよ。犬と真面目に取り組む、才能がおありだった、ということ、そしてリッキーくんがそうさせている、リッキー君との出会いがママさんをそうさせるのですね。これからが楽しみです。お散歩で大切なマナーを学ばせて、一緒に行動するという協調性を養わせてあげてください。チャーリーくんの機嫌は直りましたか?

  15. はなのおかぁちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    『ゆるくて、強い。』私もそうありたいです。犬にもそれぞれ性格があるのと同じように、飼い主さんにも性格や考え方の違いはあって当たり前。はなと外に出るようになって、いろいろな飼い主さんと出会いました。病院で、大興奮のはなを見て『なんだ!すげーなぁ』と冷たい言葉を発する人。散歩中に見知らぬ人に飛びついてしまった時、『まだ、遊びたいさかりなのね。名前は?また遊びましょうね。』とやさしく言って下さった方。どちらの方にも頭が下がる思いでした私も、もう少し余裕が出来たら、犬にも飼い主さんにも思いやりのある強い人になりたいです。

  16. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。そうです!ゆるくて強い、昔のパンツのゴムみたいですね。ってわけわかんなくてごめんなさい。いろいろな人がいますから・・・めげたり、勇気付けられたり。特に大型犬を連れていると、不当な言葉を浴びせられる事がありますので、お耳をギョウザにしなくちゃいけない時もあります。ガンバですね。

  17. ピッピ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    犬を2頭飼ってますが、三ヶ月の方は、ウンチおしっこを漏らしまくりです・・^^;私がトイレに行ったり、台所に行くときを狙ってします。きっとトイレトレーニングで怒りすぎた結果、目を盗んで・・・と言う風に覚えたんだなって。今は台所に行く振りをしてこちらが盗んでみてます^^;すかさず、ご褒美をあげてグチャグチャになるほどもみくちゃに褒めてます。トイレトレーニングが今、2頭とも一番大変です。他人の家に行ったときに粗相をしてしまい、躾ができてないねーって言われてから余計気にしてしまって・・^^;ウンチもおしっこもしてから出かけているのに・・って。でも今日のお言葉を聞いて、うちの子はこういうペースの子!これも個性!と笑顔が出てきました。知人宅は迷惑でしょうが・・・笑ありがとうございます。

  18. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    怒りすぎて・・・目を盗んで・・・なかなか大変なパターンですが,大丈夫。ご褒美作戦は効果がありますからね。これで上手く行けば、いろいろな方にトイレトレーニングのアドバイスができます。前向きに考えてくださいね。2頭?男の子?女の子?男の子ならマナーバンドがいいですよ。他所に行く時の必需品です。

  19. まるも より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。文章のいちいちにうなずいたり、納得しながら読んでしまいました。最近のこの子は本当にいい子です!ちょっとなぁって感じる行動は、徐々に時間をかけて焦らずに直していってあげようと思っています。ばあちゃん犬は今年13歳になりました。虹の橋に行くにはまだまだ何年かあると思いますが、心雑音や白内障、腰が細くなる、走っていた散歩が早歩き位になった等、老化はあきらかになってきました。でも、食欲は若い時と変わらず(笑)お腹見せと唸りのセットは従順なワンコということで、やはり唸ったりしたのは知らないことへの不安とかからだったのですね。引かなくてよかった。

  20. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    まるもさんがいい子というのだから本当にいい子なんでしょうね~。一生涯続く歩みです。どんなに完璧にしつけても、老化ですべてできなくなってしまう・・・という事例もあります。そんなものです、しつけというのは。そのときの支えは、一緒に苦労してきたという誇りなのでしょうね。誇りがあるから、老いを受け止めてあげられるのかな~、なんて思いますが・・・おばあちゃん犬、13歳ですか。まだまだ頑張ってもらわないと。食欲が一番!犬は食べなきゃ、ですね。

タイトルとURLをコピーしました