唸って物を守る犬

この記事は約2分で読めます。

犬に食事をさせるのにも命がけ、
なんて話をたまに耳にします。
潜在的には多いのでしょうか?

命がけというほどではないけれど、
飼い主さんが食事中近くにいるとそわそわして食べられない、
フードボールを片付けようとすると
空っぽの器を渡さないというように、唸る
食べにくいだろうからと思ってフードボールの位置を動かそうとすると
唸って咬みつく、
食べている最中に体に触れると、唸る。

どうでしょうか?
お宅は大丈夫ですか?
物を守るという物は、おもちゃであったり、場所であったり
人であったりします。
こういった犬の頭の中は
「目下のもののくせに無礼な。」
というものではありません。何度でも繰り返しますが。
こういう発想が支配性の理論です。
その理論からは犬への懲らしめが解決方法になります。

しかし、犬はこういう場合不安でしょうがないのです。
「もしかしたら、この大事なものを取り上げられてしまうのではないか?」
と考えているのです。
では、そんな風に考える器の小さい犬には
何をしたらいいと思いますか?
トレーニングとは何がその犬にとって最適な方法かを
考える事からスタートします。

答えは、取り上げたりしないことを教える。
取り上げないどころか、人が近くにいたり、
フードボールに手が伸びることでさらに良いことが起こる
ことを教える。
次に、これはパピーの頃から励行していただきたいのですが
フードをつまんで一粒ずつ食べさせてください。

犬には食事の時間だからといって
決められた時間に、食器にご飯を入れて食べさせなくてもいいのですよ。
という考え方があります。
ではどうやって食事をさせるのか?
フードがある分だけトレーニングの機会がある、
と考えます。
トリーツポーチの中に、一日分のフードを入れて
事あるごとにご褒美として使います。
他人に手渡して食べさせてもらうことで
人が大好きな犬になるはずです。
またそのように手でもらうことが習慣になると
人の手に好印象を持たせることができるはずです。
とびきりの笑顔と褒め言葉、フードの3点セットは
食べることが大好きだという犬にさせてくれると思います。
食べることに貪欲な犬は、年をとっても生きる張り合いがあるので
なるべく色々な味覚に慣れさせたほうがいい、
というのは私の持論です。

明日は食事中の注意点と行って欲しいことをお話します。
予防、矯正になりますのでみなさんにやってみていただきたいと思います。

コメント

  1. バニ母 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさんご無沙汰しておりましたえ~、外ではあんなに良い子そうなバーニーですが思い切り唸ります対象は、『知らない人』見張り台(階段の途中)から見える、道行く知らない人に対してがいちばん多く、次いで月一回、集金に来る新聞やさん・・・それ以外の人たち(来客など)には、吠えまくりますが唸ることはほとんど記憶に無いです自分のテリトリー(プラス、私達!?)を守りたいのかと…?数ヶ月ぶりに会った人(しかもたった二度目)に抱っこされても平気なのに週一で会う実家の家族に抱っこされるとブルブル震えたり吠えたり唸ったりが、ビビリだから恐怖なのかコワくないけど単にイヤなのかどっちなんだろう?と未だに分からないでいますとにかく吠えたり唸ったりしたときは呼んで気を紛らわせたり、おすわりやオイデをさせて褒めたりそれが効かなければ抱っこしたりしていますが…問題への正しい対処ができればどっちだっていいや~っておおらかに構えておけば良いのでしょうか

  2. ピッピ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    目から鱗です。今日のお言葉も心に染み渡りました。うちの子犬(三ヶ月)も、ここ一週間ほどご飯を半分以上も残すようになっていて、悩んでいました。今日のお言葉でハッと気が付きました。食べてる姿を私がガン見していたのです。今日の夕飯からは私が姿を消してみます。いつもありがとうございます。

  3. グラ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさんのおっしゃるとおりです。保護してきたばかりの子なんかは、人がそばにいるだけでも唸ったりしますが、ご飯の時にそばにいて声かけからはじめて、フードボールにフードを投げ入れ、次に手で食べさせ・・とやっていると、だんだん慣れて唸らなくなります。うちは人間の親戚から犬猫まで、みんな食べることに貪欲ですね~。そして人間は長生きです(笑)。

  4. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。お元気ですか?>吠えたり唸ったりが、ビビリだから恐怖なのかコワくないけど単にイヤなのかどっちなんだろう?どっちかなんでしょうね~。ひょっとすると両方かもしれないし、どちらでもないのかもしれません。>問題への正しい対処ができればどっちだっていいや~っておおらかに構えておけば良いのでしょうかその通りです。今している対処法で明らかに悪化している時は方法を見直したほうがいいですが、そうでないのなら、経験を積ませるしかないと思います。飼い主さんの経験も同じように積んでいただく、ということで。

  5. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。三ヶ月・・・食べなくなる子はいますよね~。原因はガン見ですか?明日の記事には、食事の与え方を書きます。先走ってお話しますが、近くにいること自体は悪くないです。少しずつ入れるという方法を試してください。楽しく言葉をかけながら、励ましながら。後、半分量しか食べないのなら半分はトレーニングに使いましょう。次、フードは子袋のものをお買い求めになっていますか?酸化が進むと美味しくないと思う犬もいます。

  6. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。保護された犬は特にそうですね。慣らしの段階こそが楽しい、と豪語する方もいますがやはりそのくらいの心構えがほしいところですね。大胆に愛情を持って接することで犬は不信感を持つことがなくなる、犬が慣れるということは、じっくり待って付き合うということですよね~。博士は食に貪欲なんですね。ご家族も、親戚も、犬猫もしっかりメモしておきましょう。

  7. だらだらな人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    毎回 フムフムと納得させられています。当たり前のことをきちんと まじめに 真摯に取り組むことが一番大切だと思い知らされています。>フードがある分だけトレーニングの機会がある、と考えます。同感です。動きたがるから「待て」伏せないから「伏せ」好奇心があるから「来い」の練習を犬にさせてもらえるのだと思っています。動く事に興味がない犬はマテをかけなくても動かない。。。これはおりこうじゃないですよね。

  8. ボンママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ボンさんは唸ります!!!食事の時に体を触ると、凄い勢いで唸ります….デイジーはされるがまま(笑)ボンさんもこつこつやれば、デイジーの様に何をされても唸らなくなりますかね….フードを手であげる事から、ちょっと試してみようかな♪まだまだ、色々と頑張らねば!!

  9. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。>当たり前のことをきちんと まじめに 真摯に取り組むことが一番大切だと思い知らされています。トレーニングとは、当たり前のことをさせるのですからね~。当たり前じゃない事はさせる意味が無いとさえ思っています。家庭犬ですので。犬は真面目ですよね。恥ずかしくなるくらい、真面目で可愛い。

  10. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうですか~。ボンさん唸るのですね。そっと食べさせてあげる、というのでもいいかな?とも思いますが、信頼関係さらにUP作戦を続けるためには食事時のトレーニングは必須かな・・・と感じます。なのでまず、無理をせず、手で食べさせる。次に明日お話しする方法を試してみてください。

  11. はなのおかぁちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はなは食いしん坊だけど、食事中フードボールを動かしても、唸ったり、吠えたりすることはありません。ご飯を取られる危機感はないようです。フード100粒をひとつひとつあげると、犬にっとては100回いい事があるんですよね初めのうちは、少しずつ手にとってあげていました。今はフード量がだいぶ増えたので全部はあげませんが、必ず半分位は手であげています。噛み癖がひどいですが、ご飯の時は噛んだりしないので、興奮してる時に噛まれても、何だか憎めないんですよねぇ~。今日、シャンプーしましたチャーリーママさんの予想通り、暴れることも噛むこともなく、とっても大人しかったです。私にとっては、いい意味で裏切られましたね。アドバイスありがとうございました。

  12. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございますぅ~。そうですね、はなちゃんは唸るタイプの子ではないですね。が・・・甘噛みをきつく叱ったり、チョーカーチェーンなどで引き回したり、というようないわゆる強制訓練でおとなしくさせようとした場合、急に唸る、というパターンに陥りやすいと思います。子犬特有のテンションの高さを大目に見ながら矯正する、飼い主が試されるようですが・・・噛んだらダメだよ、ということを教えていくには時間がかかりますね。シャンプーOKでした?意外や意外その意外性を発見するのが楽しいですよね~。

  13. まるも より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは!この子を保護団体からいただいた時2ヶ月ちょっとの仔犬でした。ばあちゃん犬の時のように犬に苦労をさせたくなくて、初めて本などで知識を得て・・・少なめに入れたフードボールに食べている時に手でフードを入れてあげたり、ちょっとずつ手であげたりしました。体をくまなく触ることも。記事を読んでいて仔犬の時から色々な事をしておく大切さを改めて感じます。この前のお返事のなかで、超サマーカットはNGとか。理由を教えていただけますでしょうか?1ヶ月前にお腹側だけ超短くしてしまってます

  14. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    まるもさんは正しくお勉強をされてきたのですね。しかも方向性がよかった、と私は思います。いろいろな?な情報はたくさんありますから・・・超サマーカットですか?だめです。地肌が見えるようなカットは犬には地獄です。お外に出る子にとっては。頭の毛の薄い人(誰とはいいませんが)に「太陽に当たると暑い?」と聞いたところ「暑い、じりじりする。」ということです。毛でカバーしてるのですね。直射日光を。帽子をかぶった方が涼しいし、腕を出すより白い洋服を着たほうが外では涼しい場合もある、ということで・・・皮膚病や、急な体調不良の原因にもなります。お腹周りは大丈夫ですね。

  15. はなのおかぁちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    最近、マテやオスワリの練習をしたり、お風呂場で水遊びしたり、集中して遊んでいるときはほとんど噛むことがなくなったんです。でも先日の夜、つまらなかったのか、主人の足をガブっと噛んでしまって。主人もむきになって怒って…。その後、チャーリーママさんが言われたように、唸ったり、主人に向かって行ったり。主人のこと試していたんでしょうか?見かねた私は思わず主人に、『あっちに行ってて!』って言ってしまいした。(おとうちゃんゴメン)その後、はなをオスワリさせて落ち着いたのでゲージに入れました。ほんとは、主人にそこまでやってもらえば良かったんですよね。その後、『それじゃはなは余計に興奮するから、同じ土俵に乗らずに落ち着いて叱ったほうがいいと思うよ。はなは遊んで欲しかったんだよ。』って話をしました。主人より私のほうがはなと一緒にいる時間が長いので、おやつの食べ方で集中が切れてきたのかなぁとか、少しずつわかってきた部分も多いと思います。私は、はなに甘いと主人は思っているみたいですけど、きつく叱ることだけじゃ犬との生活は楽しめないし…。でも、主人もわっかてくれたみたいです。『はなは、犬なんだよな…。人間のつもりで接しちゃいけないんだよなって』って言ってました。

  16. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうですか・・・むきになってしまった・・・。そうするとさらにむきになるタイプですからね、はなちゃんは。試すというより、条件反射的な反応ですかね。いろいろな性格の子がいますので・・・マニュアルどおりは行かないです。うちのあられがそうですが、怒ると倍返しが待ってます。猫と犬では違いますが、やはり基本は冷静にさせることですね・・・人間が冷静に、でも強く接する事ですね。ひとつひとつが勉強ですね。

  17. はなのおかぁちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    楽しくがんばります

タイトルとURLをコピーしました