トレーニングへの心構え

この記事は約2分で読めます。

まずは、引っ張らせない工夫をする、
ここに神経を集中させてください。
しかし・・・
図らずもすでにがんがんに引っ張る癖のついてしまった
そんな犬と飼い主さんのために、
今日からトレーニングを始めたいと思います。

まず・・・
心構えを、よろしいでしょうか?

「とにかく犬を変えてくれ」
「この犬を直してくれ」
こうおっしゃる方にはトレーニングは無理です。
少なくとも、私がお教えできることはありません。

このブログに来てくださっている方には
その様な方はいないと思いますが・・・

トレーニングとは何かというと、
飼い主さんが正しい方法を学んで
それを犬に当てはめ伝える
その過程のことをいうのです。

できる、できないは問題ではなく、
することが問題なのです。

トレーニングの最初に
「うちの子は何もできないから」
とおっしゃる方がいます。
だからトレーニングするのです。

巷で行われるしつけ教室に通うために
トレーニングを受けたい、という???な話も
実際あります。
しつけ教室はお利口さんの集まる場所みたいになってますからね。
問題を抱えた犬はなかなか受け入れてもらえなかったりします。

で・・・
何が言いたいか、というとですね、
出来ない焦りやいらいらを
犬にぶつけないでくださいね。
ということです。
あきらめない、ということにも通じます。
リードを通して犬は何かを感じ取ります。
いらいらすれば、自然とリードを持つ手に力が入り
リードが張られた状態になります。

常にリードにたるみをつけるように努力する
念仏のように唱えてください。
犬が努力するのではないですよ。
あなたが努力するのです。
ですか?

では・・・明日に続きます。

コメント

  1. ミコ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうですよねチャーリーママさんに出会えて、引っ張り癖がほとんどなくなりました。あの頃は、ハーネスがくいこんでいて、カッカッと苦しそうなのに、前へ前へと引っ張っていたタルル。苦しい思いをさせないで、走ったり♪スタスタ歩いたり♪タルルに伝えることができて本当にうれしいです。拾い喰いは、教え方が悪いんだろうなぁと反省です。

  2. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    引っ張り癖、タルルくんほとんどないお見事でしたね。根気の要るトレーニングなんですよ~。毎回ビデオ撮影していたら後々良い教科書になったでしょうね。拾い癖・・・改善されていきませんか?執着の対象物なのでしょうか?枝とか葉っぱとか沢山集めてそれをタルルくんの見ている前でぶちまける、みたいな遊びは?チャーリーは松ぼっくりに以上に執着していたのをぶちまけ、氾濫作戦で改善していますが・・・必死さが裏目に出る?こともあるかな?「ほら、食べなさい~」みたいに大判振る舞い、いかがでしょうか?

  3. ミコ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    旦那も一緒の時にお散歩の動画を撮っていたので、今、いろいろ見返してみました。(毎回のはないですけれど)すごかったです前に、チャーリーママさんに、むしろ小枝で遊んじゃうくらいに、という考え、すごく心が軽くなりました♪ぶちまけ作戦もやってみます

  4. はなのおかぁちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はなは、かじれる物なら何でも!ですから、かじっちゃいけない物といい物の区別はまだ出来ていないように思います。叱ったり、褒めたりの繰り返しなので、スリッパは当分の間、『ダメ!』で統一します。トレーニングも出来るまでやってから終わりにすれば、はなにも私にもいい記憶として残りますもんね。それが自信になる!焦りそうな時は、一呼吸置いてがんばります今日、3回目の予防注射が終わりました。お散歩デビューまでもう少しです。

  5. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。動画ですか・・・すごかったです?なかなか興味深いですね。どんな問題もまず、気持を楽にこれがないとわんこに、いたずらに緊張を強いることになりますからね。バ~ンとぶちまけちゃってください。

  6. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうですね、区別がつかないのならすべてを禁止にした方がわかりやすいですね。でないと、「ダメ」というものに執着し噛み始める、と困りますから。3回目終わりましたか。いよいよですね。慎重にかつ大胆に、頑張りましょう。

  7. Keina より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます♪チャーリーママさんの「しつけ教室はお利口さんの集まる場所みたいになってる」という言葉。ズーンときました。ほんとにそうだなって思います。あまりトレーニングをやりたがらないメグに浴びせられた冷たーい視線。私まで「どうしてできないの」「何でやらないの」って腹を立てていました。そんな雰囲気で楽しめるはずがないですよね。いつでも味方になってあげなきゃいけないのに他人の目線で見ていた事、反省です。

  8. ボンママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    トレーニングをしても、中々上手くいかないと凹むんですよね….でも頑張るボンさんのお散歩は、家族皆が行きたがらないんですよね…そんな家族の姿を見ていると、ボンさんが可哀想になっちゃって….だから、私がお利口さんにしてあげて、家族皆がボンさんのお散歩も嫌がらずに行けるようにしたいなと思うんです♪

  9. あやっぺ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは!3回目ワクチンを間近に控え、部屋の中で練習中です。「つけ」は教えていませんが「おいで」で代用しています。家具の障害物など、ゆっくりと歩き止ると「おいで」すると足もとにきます。よ~しよしリードにも慣れてくれたようです。が、あくまで部屋の中ではいい子。実際はこうはいかないでしょうねまずはたるみに気をつけてお互い楽しい散歩時間にすることを目標とします。昨夜実家に遊びに行ったパピ君は大ハッスルでしたアウェイなのに我が物顔ではしゃぐはしゃぐ・・・。コマンドなんぞ聞く耳持たず(デカイ耳のくせに)教わったクールダウン方法をしても一時的・・すぐまたこれはまたコマンドしつけを徹底しなければ・・と課題が増えてしまいました。

  10. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そう・・・その時の情景を想像すると、心が痛みます。メグちゃん・・・いろいろなマイナスの体験がふっと脳裏によぎる時、「えっ?」と言う行動を取る、といわれています。焦らず行きましょう。人の目は時に冷たすぎます。わが子は自分でないと守ってあげられませんね。keinaさんはいろいろ体験しているので同じような悩みをもって外に向かえない、そんなわんこと飼い主さんのペアには優しい目を向けてあげられると思いますよ。

  11. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。凹みます、凹みます。妙に犬がらみは、他の事以上に凹むようなそんな気がするのは私だけでしょうか?そう・・・引っ張りが強いから?まあ・・・大変だと言う気持はわかりますけどね。でも、心が真剣に向かわないと犬の心は荒れてきますからね。ぜひボンママトレーナーによってボンさんをお利口さんにしてあげてね。頑張って

  12. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >デカイ耳のくせに・・・確かに。しかも耳人間の何倍もいいのでしょう?って感じですね。これからの課題が増えましたか。まあ、パピーですからね。やんちゃさは万歳でもあるかな。お家でのトレーニング、バッチリですね。そのまま玄関まで行って、ドアの前でおすわり、も取り入れてくださいね。ドアを開けるまでマッテ。ドアを閉めるまでマッテ、とかいろいろ工夫して。デビューの時はそのままさりげなくGO。ですね。また・・・他のワンコのいない時間を選ぶとか最初は刺激を少なくした方がいいかもですね。

タイトルとURLをコピーしました