引っ張ればあなたはついていきますか?

この記事は約2分で読めます。

引っ張ればあなたは犬についていきますか?

行きません。

そうですか~?
本当に?

あなたの前方、リードを力一杯引っ張る犬の後を
必死でついていく飼い主さんを見かけますが・・・

確かについていっている・・・

結果的についていっている。

ということは犬は
常時首(ハーネスの場合は胴)にテンションがかかること=あなたがついてくる

そう学習してしまっている、
そう考えられると思いませんか?

また、リードの範囲内は飼い主さんの後ろ盾がある
ということで強気になる、場合もあります。

とにかく、最初から
リードを張らせない工夫をしていきましょう。
覚えさせたくない行動は、まず経験させない
ということが一番ですので。

具体的には
犬や人が好きな犬は、早く近づきたいために
走り始めると思います。
そうした時は一緒に走る。
これはあくまで、飼い主さんが力で犬をコントロールできる
(犬が小さい、大型犬だがまだ小さいとか)
場合です。
一緒に走れば、リードが張れることがありません。

お散歩デビュー時は引っ張ったら立ち止まったり
くるりと方向を変えて飼い主さんの行きたい方に進む、
という方法はやめたほうがいいと思いますので。
理由は、お散歩は楽しいものだ、
ということを植えつけさせたいから。

まず、だっこ散歩等でお外の刺激に慣らし
興味を持たせて、歩く意欲を育ててあげましょう。
そうすれば、歩きたい、興味のあるものに近づきたい
という健全な成長を促せます。

間違っても、ワクチネーションが完璧に終わるのを待つような
ことはしないでいただきたいです。

社会化の扉はある時期、突然と閉ります。

それがワクチネーション終了と、お散歩デビューに
重なった時、
歩かない
または
家に帰りたいためにリードを引っ張る
ことにつながってしまいます。

コメント

  1. 豆たろうママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はい着いていきますだって・・・楽しそうに走ってる豆たろうについていくの、とてもきつくて大変だけど、うれしいですからおかげで階段から引きずられ落ちて、膝をパックり割りました最近は、不安定な場所から下ったりするときには、「待って、ゆっくり降りて」というと、振り返りながら、ときにはお座りをしながら、わたしが安全に降りるのを待っていますそれは、やっぱり豆たろうの優しさでしょうか?

  2. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はは・・・大きな怪我でなくて(骨折とか)よかった。気をつけてくださいね。お散歩できなくなっちゃいますからね。豆たろうくんの優しさ・・・そうでしょうね。経験(ママがすっ転んだ)によって学んだ、のかも。引っ張るとママが大変だ。頑張って。

  3. はなのおかぁちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今日は首輪を上手につけることが出来ました。おやつに突進してきた隙にスポッタイミングよくはまって、ほっご飯の後にもやってみました。ぐぅ~でしたぁ。今日も少し寒かったけど、雨は降っていなかったので抱っこ散歩しました。ウッドデッキへ出たいけど、やっぱり怖いのかかなりの腰の引けようでお隣のわんちゃんとママさんも外にいて、ちょっと吠えられちゃいましたが、はなはそんなのお構いなしで、しっぽをフリフリ。とっても嬉しそうでした。それから、ちょっと気になっているんですけど、はなはどうも私達の履いたスリッパや靴下が大好きで、それを噛ませるのはいけないことなのでしょうか?何かの本に、『飼い主さんの匂いのついたものは噛ませてはいけない』みたいな事が書いてあって…今は、噛ませる専用スリッパなるものが存在しています。

  4. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ぐぅ~、でしたか~。よかった、よかった。毎日練習したらきっと「なんだ~、最初は何されるかと思ったけど簡単簡単」ってはなちゃんは思うでしょうね。嫌がっている、ということは違う方向から見ると自信のなさの現れです。嫌がるから止める、という飼い主さんが多いですがそれではますます自信がなくなります。靴下、スリッパ・・・これは意見の分かれるところですね。でも、現場主義で考えます。うちも噛ませるための,噛んでもいい靴下があります。が、足を噛んできたり、玄関の靴を噛むというイタズラがないので、OKなんだと思います。はなちゃんは、ほかのスリッパを噛みますか?その場合は、スリッパを与えない方がいいでしょう。犬の中にはこれはいいけど、こっちはだめ、そう区別できる子もいるんですね。見極めが大切ですね。

  5. あやっぺ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。まだ散歩デビューには1か月ありますが、知識だけは確実に増えています。チャーリーママさんのおかげですデビュー初日は、多分すぐバテる気が・・私。小走りでもハァハァしてそうでも散歩が楽しいと感じてくれたら嬉しいです。私の運動不足も多少は解消も期待してるので天気が悪いので数日抱っこ散歩はお休みしたりすぐ撤収したり・・パピ君には刺激になってますかねぇ?明日は実家に遊びに行きます。はしゃぎすぎないように気をつけなければ!キャリーバッグにも慣れてほしいです。実家のMシュナはパピがまだ?好きではないらしいので多分パピはゲージ行き・・。粗相も多いしね。

  6. ころころん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    お散歩デビュー間もない頃は、リードを張るのどうのと考える前に、とにかく犬と一緒に走ってました。だって、コロンは外に出られたのが、嬉しくて嬉しくて、臭いを嗅いでるか、走っているかで、上り坂だろうが、下り坂だろうが、おかまいなし。10代の娘ならともかく、いい年したおばちゃんは、体力勝負でした。今、5ヶ月で、それほど走りっぱなしではないですが、好きな方に引っ張って行きます。こっち、とちょっとリードを緩めてから、引いてもお構いなしで、ゲーゲー言いながらも、行きます。この場合、引っ張らせないという面では、リードを緩めても犬と同じほうへ進んだ方がいいのでしょうか。それと、お聞きしたいのですが、時々何が原因かわからないのですが、突然スイッチが入って、猛ダッシュで5mくらいの間を4~5回行ったり来たりすることがあるのは、なぜでしょう?そんなことがあるとは、しつけ本とかには出ていないですけど、普通にあることですか?スイッチが切れると、元のように落ち着きますが、ダッシュの最中は、何も聞こえないようです。

  7. やまと母 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    引っ張りのベテランで、飼い主が一生懸命ついて行ってる、チャーリーママさんが時々見かけてるのは、ずばり私とやまとの黄金ペアです。本当に毎日大変です。また、雨がぽつぽつ降ってきました。雨の日は公園に行かなくてすむので楽です。

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。そうですか~、まだ一ヶ月もあるんですね。あやっぺさんが知識を蓄積されている、何倍ものスピードでパピくん(男の子でしたよね?)も成長してますよ。ご実家へ・・・それは楽しみですね。どんどんいろいろなところに連れて行ってあげてください。楽しい経験を積めばキャリーも大好きになりますよ。粗相が・・・マナーバンドをつけてはいかがですか?

  9. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。>いい年したおばちゃん・・・コロンちゃんのその行動はまるでうちのカレンです。たま~にいますよ、そういう犬は。一種の興奮症です。私的には脳のスイッチの問題だ、と思っていますが・・・。押さえが利かない状態でもあります。ので、毎日気をつけていただきたいことは・マッサージをする(皮膚感覚を鈍感にし、また皮膚刺激によって脳を育てる)・落ち着いた声で接して、拘束技で落ち着かせることを日課にする・基本的な指示に(スワレ、フセ、ツケ)どんなときにも従えるように練習するということです。成犬になれば落ち着いてはきますが、それを手助けする意味でも3項目は励行していただきたいです。

  10. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おっはようございますぅ~。天気悪いですね。黄金ペア・・・はい、見てますよ。しっかりついて歩いています。ただ、ツケの指示を解除している時はダ~ッっと・・・これはお互い様、ということで。

  11. だらだら犬を飼ってる人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    まじめな書き込みいつも感心して読ませてもらっています。>社会化の扉はある時期、突然と閉ります。冷たい言い方ですね。でも同意です。小学生の子供1年間家に閉じ込めていたら虐待になるのに犬にはそれを薦める医者が居る。おかしいですね。リードは家に居る時と遊んでる時は首輪もはずしてるフトドキ者です。

  12. まるも より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます!すみません・・・ワクチネーションってなんですか?どこかに解説があったのかもしれないのですが。。。教えてくださいませ。

  13. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    あはは・・・おはようございます。冷たかったですかね。認識をよろしく、ということですね。問題をわざわざ作ってどうする、的なことが山ほどある。6ヶ月までの教育に関して訓練士さんたちが熱心でないのは後々の仕事がなくなるから?なんていじわるな考え方もしたくなります。フトドキ者・・・

  14. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。ワクチネーションですね。いわゆるワクチン接種のことです。一回目はいつ、二回目はいつ、三回目は~というように計画されますよね、それです。今は3回の接種が主流なので大体すべて終わると3~4ヶ月になってしまいます。それまで外に出すな・・・ということでは、社会化が出来ないのは当然なんですね。

  15. やまと母 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    最近気付いたのですが、やまと、つけは覚えてません。どちらかと言うと否定形、ここで匂い嗅ぐな、マーキングするなで、引っ張る必要がない場所では、くっついて歩いてるだけ。だから天敵犬に会うと、私の言うこと聞く耳持ちません。唯一歩道橋の下りのみ、ゆっくりつけのコマンドを理解します。そこでは天敵が来てもコマンド優先です。少し変えなきゃいけないなと思っているところで、コマンド練習してるのですが、一筋縄ではいかないというか、無駄に散歩時間が長くなるばかりです。ストレス溜めてもいけないので一緒に走る時間も必要だし。かなりお疲れ気味です。花屋の奥さんに、犬が疲れた顔してるねと言われてドキッです。

  16. ボンママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はい!!ばっちりボンさんに散歩の主導権を握られっぱなしです(汗)ボンさんの場合は、充分すぎる程お散歩は楽しいものだと理解をしているので、私が主導権を握れるように頑張ります!!!まずは私の動きに注目させる事ですよね!!後、アイコンタクト….分かっているのに、中々出来ない….でも、頑張ります

  17. まにゃ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    家では、リードもカラーも(迷子カラーは着けてる)外している不届き者ですでも・・・あたり前と思っていましたよっ!!我が家の仔達も「スイッチ」入るとリードの範囲内でも「クルクル」走り回ります。。ほんの1分無いくらいですけどねっ!「興奮症」です入った瞬間にG0!! とコマンドを言って終わる頃、呼び寄せ「シッツ」を繰り返していました。・・・今は、ここでならOKと思った所で、こちらからGOさせてますスイッチもコントロール出来る様になって来たかなぁ~(外では!!の話しですけど。。)お散歩デビュー前は、ほんと今思うと付きっきりでしたねぇ~バッグに入れて散歩・・あらゆる音を聞かせ、家ではTV着けっぱなし・・カラーに慣れ・リードに慣れ・外でロングリードでレッスンさせてました。おやついっぱい持っておもちゃも持って・・私から気がそれたなっ!って時に呼んで・来たら褒めてとか。。かくれんぼしたり・・とにかく楽しく、短時間で毎日毎日。。。今思うと・・良くやったなぁ~ってこれから、頑張る方々!! フレーフレーです。チャーリーママにもフレーフレーです♪いつも毎分毎秒、犬達の事・指導の事意識しているチャーリーママは、「すごい!!」

  18. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    我々人間が難しい本を読むとぐったり疲れる以上に犬たちは頭を使ったトレーニングやゲームで疲れるらしいです。非力な方、一緒に長いお散歩が出来ない方のためにぜひ短時間でもいいのでトレーニングしてください、とお伝えしています。具体的には↑のまにゃさんのコメントを参考にしてください。彼女のお家は4頭、甲斐犬のカイくん、ゴールデンのマンナちゃん、フラットのラフターちゃん、ウィペットのきりんちゃん、という個性派揃い。トレーニングも上手にこなされますし、飼育に関して学ぶ事の沢山ある方です。やまちゃんは賢いので、それをどんどん生かす訓練をするといいのかな、と思います。

  19. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。ボンさんにはもうすでに確固としたボンさんワールドが出来上がっているのでトレーニングはなかなか大変だと思います。ちょっと良くなったかな~、と思ったら元に戻ったり・・・でも、不思議なものでそれを我慢してあきらめないで続けるとある日ぱたっ、と問題行動が消えてしまう、そういうものです。犬が根負けするというのかな~、犬の心にストンと意志がはまった、パズルがはまるみたいに、そんな感じです。頑張りましょうね。

  20. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    まにゃさん、良くやった~、本当にすごいです。その努力があって、多頭飼いが成り立っているのですね。半端ではありません。犬飼いの鏡だ。社会化期は過干渉でOK。ですよね?とにかく楽しく体験させること。年を取るごとにですね~、細かいことが気になったりしますね。犬の世界にはまだまだ乱暴な常識が幅を利かせていますが、それにもいちいち引っかかって口では言えないもんだから、この場を借りてくっちゃべってます~。

タイトルとURLをコピーしました