引っ張り癖、まず、頭を制する!?

この記事は約2分で読めます。

がむしゃらに、前へ前へ。
サッカーならばOK。
犬のお散歩には・・・遠慮しときたいですよね。

チャーリーくらいのサイズでも
ガンガン引っ張られると腕、、痛くなりますもんね。
大型犬に至っては、命がけです。
何とかしなくては、でしょう。
いろいろ見てきて思うのですが、
引っ張っている犬は意識が飼い主さんに全く向いていませんよね。

もっと言うと、
引っ張れば飼い主さんがついてくる
そう考えて(というよりそういう習慣がついている)いるように
見えます。
なぜかというと、本当についてくるから。
そういう状態でしょ?
引っ張り癖というのは。

で、今日のお題、
頭を制する・・・とは???

犬の行動を制御するにはまず、頭部ですね、
首から上のコントロールが非常に重要になってきます。
そういう意味で、マズルコントロールがあるのですし、
アイコンタクトもあるのです。
で、そのための前準備として
パピーの頃から
頭やマズルを触りなれましょう、というところからスタートしてみましょう。

頭は非常にデリケートな部位なので
また、人の手を広げた形はDNAの中に
危険な形(攻撃の形)としてインプットされていますので
頭をなでようと手を上にかざしてはいけないわけです。
また、
先程も出てきたマズルコントロール、
やっている方、いらっしゃいますか?

結構激しくやっていませんか?
無理やりマズルをつかんで、上下、左右
・・・
NGです!

マズルコントロールというトレーニングはしなくてもいい、
これをすることで、むしろ頭を触られる事を
極端に嫌がったり、歯磨きができなくなったり、
最悪の場合は噛み付きがひどくなります。
反射的に歯を当てるような感じ。

ただ・・・飼育本の中には
良い叱り方の例でマズルをつかんで叱るように
と書いてあるそうですね。
(私はその手の本は見ないので知りませんが)
飼い主の力を見せつけるための方法だそうです。
う~~~ん。

でも、マズルはつかめた方が便利です。
ハミガキとか、投薬とか、目の周り、口の周りのお手入れなど
のために。
では・・・
どのようにしたらいいかということで
チーズを用意しましょう。
手に塗るので柔らかいものがいいですね。
そしてこのように小指のところに塗ります。

次、犬が自ら食べるために
手の中に、マズルを突っ込んでくることを励まして
実行させます。

チーズでなくても大好きな物で、塗れるものならOK。
最初は自信がない犬は食べたくても突っ込んでこれないと
思います。不安ですからね。
なので、励ましは必要ですよ。
犬が自ら突っ込む、ここがポイントです。

次回に続きます。

コメント

  1. はなのおかぁちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    引っ張り癖…。   大型犬である我が家のはなは、お散歩に出られるようになったら、どんな風になるんだろう?期待と不安が入り混じったような、でもほんとの気持ちは…ちょっと不安が、大きいです。はなはもりもりご飯を食べてすくすく成長し、重さもずっしり長い時間の抱っこも辛くなってきたので、はなをすっぽり入れるバックを作りました。過去の記事を見て、ココちゃんが入っていたバックを参考にさせてもらったんです昨日早速、はなを入れて家の前を抱っこ散歩しました。想像していたよりはるかに大人しく、外の匂いをクンクン嗅いだり、じーっと色々な音に耳を傾けたりしていました。何だか私自身も五感を刺激された気分フィラリア予防の薬を処方してもらうため、そのまま車に乗り病院へ。先生の前では相変わらずの興奮っぷりでしたが、さすがに夜は疲れたのか、興奮しすぎることなく遊んでいました。はなも私も少しずつ世界が広がっています。お散歩デビューまでにまだまだやるべきことがありますね。楽しみながらがんばります

  2. ボンママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    手におやつをぬって、慣れさせるトレーニング!!!なるほど~~♪これはとっても良いですね!!ボンさんにもやってみようと思います☆随分と触られる事に慣れてはきたと思うのですが、更に距離を縮める為に、ちょっと試してみようと思います~~♪

  3. あやっぺ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。我が家のパピヨン君は水曜にワクチン予定です。GW過ぎての散歩デビューです、ワクワク抱っこ散歩も怖がらなくなり、近くに人がきてもキョトン。ワンコには会えなかったので・・どうかな?実家のワンコには普通に接してました。只今部屋の中で練習中。ただ、リードが嫌いらしくつなぐとかなりテンション座り込む。なんとか歩かせてもリードが張るとイヤイヤをします。テクテクしてると尻尾も普通で足もとをチョコマカしてます。頭はどうかな?今度確認してみます。部屋と外では違ってくるでしょうが、引っ張りに屈しないよう頑張ります

  4. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。はなちゃんはラブラドールだから多分人も犬も好き好き~で悪気はないのだけれど、ガンガン引っ張ってしまうかもしれませんね。(たとえ横について歩けても)なので・・・最初が肝心です。参考にしてくださいね。

  5. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ボンママさん、こんにちは。ボンさんへ、チャレンジですね。私としてもちょっと(大分)楽しみです。食いしん坊のボンさんだからチャーリーみたいにガッってくるかな?それとも・・・ユンボが怖くてハウスに入る、そんな感じのボンさんになるかな?注意点は、手を近づけない、ボンさんに近づいてこさせる、これですよ。

  6. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    もうすぐお散歩デビュー、楽しみですね。だっこ散歩の途中、頼めそうな人がいたら積極的にパピ君にフードを食べさせてもらってください。人の手に慣れる、人が好きになる、抱っこしていて人が近づいても警戒しなくなる。いい事ばかりですからね。まずリードを張らないようにしましょう。最初はあやっぺさんがリードをもたずにパピ君が引きずるままにします。その状態で足元をついてくるようにします。リードに慣らす、ツケのトレーニング一石二鳥です。

  7. Keina より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは♪こんな風に自然と手に顔を突っ込ませる方法があったんですね。少しずつ改善されてきたもののメグは未だに手が恐く、時々、歯を当ててくることもあります手の指で丸く形を作っただけで尻尾をお尻に隠し、遠くに逃げて震えてしまいます。パピー時代の心の傷が、こんなにも深いとは・・・(T_T)この方法、がんばってトライしてみます。

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。パピー時代のトラウマ?マズルをぎゅっとつかんだっていうのでしたっけ?性格によって、というか犬種によってもトラウマになりやすい子となりにくい子がいるのです。メグちゃんは特に小さいし、スムースなのでいろんな刺激がダイレクトに体にかかるのでしょうね。音も空気も、湿度も。なのでやはり体への刺激(マッサージ)はおすすめですね。最近ドッグマッサージの本とか出てますよね。またTタッチ、というのもいいかもしれません。今日の記事の方法、メグちゃんにはまず,塗っているところも見せてくださいね。で、やはり手を近づけない。クリッカーでやったようにタッチが出来ればOK。後は、触って触って触りまくる、ことですね。

  9. ミコ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    自分から突っ込む!なるほど~ですすごく勉強になります♪マズルは優しく撫でていたんですが、撫でるだけでつかんでいませんでした。投薬の時などのためにも、優しくつかめるように、練習します。そういえば、タルルの前で軽くグーをすると、何か持ってると思うようで、鼻をフンフンいわせて、鼻をグーの中に入れようとします。この要領で、おやつを使いもっと手を開いてみます~。

  10. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます~。そうそう、さすがミコさんは勘がいいです。出来る事を発展、応用、これがトレーニングの基本中の基本。自ら鼻を突っ込む・・・自らマズルコントロールですかね。

タイトルとURLをコピーしました