無駄吠えをどうやって止めるか(3):犬に自信を

この記事は約2分で読めます。


匂いかぎの重要性、認識していただけましたか?

匂いをかぐ、かいで相手を知りたい(相手が犬であれ人であれ)
これは犬の本能です。
が、かいで記憶すること、今までかいだ匂いと照合する作用
これは高度の脳の働きです。だから、お散歩時の匂いかぎを
すべて禁止することのないようにお願いします。

無駄吠えをどうやって止めるか(1)の最後に
予告的に「正しく脳を発達させるのに必要な事は?
また、辺縁系、本能のスイッチを入り難くするために
必要な事は?」と書いておきながらここまできてしまいました。

もうみなさんお気づきですよね。
そうです、正しく脳を鍛えるためには、
匂いをかぐことも重要です。
犬が匂いをかぎ合うことは、会話していることです。
匂いを通して相手を知り、安心を得るのです。

前回チャーリーの場合をお話しました。
お願いできる人には
「おたくのわんこのお尻の匂いをかがせてやって
もらえませんか?」
とお願いします。
相当パニクっていなければ、チャーリーは匂いを
嗅ぐことができます。夢中で。
そして、パニクってない限りちゃんと記憶できます。
で、これがどうして無駄歩えと関係があるのか、というと・・・

自信がつくからです。

経験不足=自信のなさ=不安=パニック吠えまたは他の問題行動

これは絶対的な図式です。(と思います)
「なぜ、吠えるの?」
「なぜ、唸るの?」
「なぜ、攻撃するの?」
犬は時々悲しくなるような反応をみせます。
穏やかな時には想像もつかないような顔をして・・・。
でもこれらは、多くの場合(本当に多くの場合)
自信の無さの現われです。

叱ったり、叩いたり、拒絶したり・・・
なぜ、そんな行動をとるのかわからないと
つい、してしまいがちな反応・・・

どうかお願いします。
犬に自信をつけさせるために
脳を鍛えましょう。

具体的には、匂いかぎをさせる(いつまでも延々と匂いをかがせ
るというのはNGです。飼い主さんの指示で止めてください)

また、他の犬と上手に挨拶ができるように、
匂いかぎのサポートをしてあげてください。

基本のトレーニング(スワレ、フセ、マテ、ツケ、コイ)の徹底も
脳のトレーニングになります。

飼い主さんに意識が集中するように、飼い主さんが
犬にとって魅力のある存在になる、

犬の言葉に耳を傾ける(カーミングシグナルを理解してあげると
犬はあなたを信頼します)等、
犬が自信を持てるように
どうぞサポートしてあげてください。

そして、その結果、自信をつけさせてくれたあなたを、
犬はリーダーとして尊敬し、慕うようになるでしょう。
また、そのリーダーが「ノー」ということは
絶対にノーだ、と犬は従うのです。

無駄吠えをさせない努力をするよりも
いかに止めるかに視点を変えると、人も犬も
もっと気楽に生活できるのではないでしょうか?

コメント

  1. まるも より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます!昨日のお返事で褒めていただけるようになってきていることが本当に嬉しく感じています。今回の一連のお話しや他の話しのおかげで、シーザーミランの本や多和田さんの「犬と話をつけるには」の内容が具体的にわかりました。そして、一つ一つに私は納得できるのです。今までは色々な本を読んでは色々な方法をやっていたので、きっとこの子は私がどうしたいのか理解できなかったと思います。かわいそうなことをしてきました。この1ヵ月半ちょいの勉強で、私の中で筋が1本通った状態になってこの子への対応がはっきりしてきたから願っていた方向に向いてきたのかと感じます。ありがとうございました。引き続き勉強させていただきます!

  2. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。出張トレーニングで手詰まり感を感じるときは一本の筋を通していただくときに何を根拠に筋道をつけるのかを飼い主さんが決めかねているときです。我々は、シザーミラン、多和田さん経験者、実力者である彼らの言葉が聞けるというラッキーな環境にいます。もちろん本を通してですけど。本の教えに命を吹き込むのは飼い主さんの取り組みです。まるもさんはあっぱれです。

  3. tomochiro より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いかに止めるか。。そうか~この前散歩中にバトルしかけた時にすぐに抱っこしたら少ししてから興奮は治まりました。その法則(?)が分かればふいに起こるバトルに飼い主がビクビクしなくてもいいですよね(笑)

  4. apple-pie より:

    SECRET: 0
    PASS:
    最近は別口にかまけていて、wanの勉強がおろそかになっており、久々に勉学の場を求めてやって参りました。言葉の通じない相手だからこそ気持ちを汲まなくてはいけないのですね。必要なのは、wanに自信を持ってもらう、そのための手助けをする。お尻を嗅がしてもらう事のお願い、考えた事もありませんでした。簡単な手助けだったのに。今日の散歩から始めてみます。(ただ、犬に会えるかが不安、、、)ところで、お店のホームページが開きませんが、会員制になったのですか?

  5. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    秋田犬に向かっていったという一件のことですか?なかなか精悍ですね。ちろくん。そうです。いつ吠えるのかといつも思っているのと吠えても止められればいいんだ、というのでは、安心感が違いますよね。その安心感、結構伝わりますからね。

  6. ボンママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    デイジーも、徐々に他のわんちゃんに近寄ろうと、するようになりましたこれだけでも少し成長してくれたように思います!!後は、自信を付けてくれて、上手に挨拶が出来ればですよね!!↓匂いかぎをされている時に、相手の顔を見る事は無礼な事なんですね….ボンママ知らなかったですその点では、お尻を向けて匂いかぎをさせてあげるボンさんはかなり礼儀正しいワンコなのですね~

  7. こてつ。 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうなんです。。。ルイはちょっとビビリィ~な子で、穏やかな大型犬(ラブちゃんや、ゴールデンなど)には、率先して近づくんですけどとにかく大きな音が苦手なようで、家の裏のマンションに貸し店舗があるんですけど、最近はシャッターを開ける音でさえ吠えるようになってしまって(手術後から、シャッター音に吠え始めました)お散歩していても、ちょっと吠えられちゃうとヒ~ンってなってしますんです。本当、社交的なチャリ男さんに弟子入りしたいくらいです(笑)

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    お元気ですか~。マーロン君も元気ですか?出来そうな事は試していただきたいのですが相手のわんこは充分選んだ方が良いです。突然、がっ、っと来る子もいますので、おとなしい、優しい子を選んでくださいね。ホームページですね。もう少しお待ちください、と言ってます。URLが少しだけ変わります。

  9. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ブログ拝見しました~。デイジーちゃん頑張ってました。いろいろと、ボンママさんが考えてトレーニングしてあげていることがデイジーちゃんの自信につながっているのだと思います。また、ボンさんの存在も良い方向に向かっている要因だと思いますよ。俺様が守ってやるからな!って言っているように見えます。

  10. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは手術後、少し様子が変わってきた、ということですね。ルイくんにとって相当過酷な経験だったのだと思います。我が家のチャーリーもそうでした。ですが・・・ここで、やみくもに慰めると、恐怖とか怯えが定着してしまうので、毅然と吠える必要はないよと伝える事が必要ですね。具体的にいうと、シャッターの音が怖くて吠えるでしょ?その時の対応は「大丈夫よ~」となでるのではなく、ぎゆっと抱っこして「吠えないのよ」と諭すのが正解。慰めは多くの場合、わんこの行動を肯定してしまうことになるんです。人間にはOKな対応ですけど。ここは、飼い主さんが毅然と吠える場面ではない事を伝える。そうするとお散歩での吠え(怯えから吠えに発展しやすいので)も予防できるかな?と思います。頑張ってね。

  11. kaoru より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして、5歳の超ビビリなチョコラブを飼っているkaoruと言います。無駄吠えの記事、とても興味深く拝見しました。うちの場合も同じなのかなとちょっと分からなかったので質問させて下さい。てつ(♂未虚勢)は、2歳手前までは誰にでもフレンドリーで挨拶も問題なくできていました。しかし未虚勢の性か、知らない未虚勢♂に何度となく攻撃され(すれ違いざまに突然耳を噛まれたり、押し倒されたり)今では未虚勢の♂は特に、元々の興奮症も手伝って他の犬ともすれ違いができなくなってしまいました。相手の飼い主さんが理解ある方で、落ち着いて挨拶できると大丈夫なのですが、我が家の近辺の方はほとんどが挨拶させない派なので練習することもできません。今ではなるべく犬と会わない時間を選び、どうしてもすれ違わなくてはいけない時は、相手を少しでも驚かせないように&てつの気持ちを落ち着かせるために、両前足をつかんで抱きかかえるようにして話しかけながら相手が通り過ぎるのを待つようにしています。どんな犬もだめなのかと言うわけではなく、顔見知りのお友達とはまったく問題なく遊べます。しつけの先生にも色々と教えていただきやってきましたが、最近では正直なところ、知らない犬が来るとUターンしてしまうのが一番楽だと思っています。長々と書いてしまいすいません。もし、こんな私にアドバイスがあれば、よろしくお願いします。

  12. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    初めまして。チョコラブのてつくんですね。ビビリそうには見えませんね。運動もよくされていて筋肉質な体型ですね。大型犬は永遠のパピーといわれるくらいいつまでも子犬の心を持っていますが・・・。2歳くらいは、真の自立期で、問題が起こりやすい時期ではあるんですね。なので、その頃と、トラブルがあった時期が重なってしまった、その結果、馴染みのない犬には興奮するというスイッチが、入りやすくなっていると考えられます。お友達のわんこと仲良く遊べているのでそれ以上望まないのであれば、そのままUターンという方法でもいいのかな、と思います。が、コメントされたというのにはもっと何かいい方法が、と思いがあるのでしょう?何点かアドバイスできますが、まずkaoruさんがてつくんに対して完全なリーダーシップを取ることが第一です。このブログでもリーダーシップに関しては何度かお話していますので参考にしてください。また、シザーミランはご存知でしょうか?この方の本は教科書としてぜひ読んでいただきたい。次にてつくんの意識をkaoruさんに向けさせるのにジェントルリーダーをおすすめします。他の犬とのすれ違いの時に、すわれをさせて顔をあなたの方に向けさせやすいです。視線を逸らせたら「ノー」ですね。立ち上がるのも「ノー」です。大型犬ですので小型犬に比べて拘束し難いですがジェントルリーダーは非常に助けになります。あと、話しかけながら通り過ぎるのを待つということですが、話しかけると興奮は落ち着きますか?落ち着かないのであれば,話しかけはてつくんにとって励ましと受け取られているかもしれません。なので、そういうときも強めに「ノー」です。興奮をなだめるのではなく、認めないことを伝えるためです。飼い主さんの意識の差で、伝わり方は全然違います。また、よかったらコメしてください。

  13. SECRET: 0
    PASS:
    チャーリーママさんの(2)(3)を読ませていただいて一つ一つに納得がいきました。リッキーだいぶ仲間のワンちゃん達に慣れ鼻を合わせて匂いを嗅ぎお尻をくんくんされることに抵抗がなくなりました。>>>自分は匂いをかぐけれどかがれることは拒否、という犬はいませんかこのケースのワンちゃんに会いました。なるほど・・・やっぱりあるんですね。いよいよ今週は朝いっぱいのワンコのいる近所の公園に連れて行って、まずは抱いた状態でいっぱい匂いを嗅がれて来ようと思っています。三匹の仲間の犬達がきっとフォローしてくれることでしょう。散歩の途中のにおい嗅ぎ、拾い食いにつながってはと「ダメ!!ダメ!!」ってリードをひいてしまうことが多いです。お散歩デビューしたての時にはあんなにすいすい歩いていたのに・・・この頃は何でいろいろな物の匂いを確認しだしたのだろうと思っていました。「鼻→目→耳」の順なんですね。私も読ませていただいてはっとしました。一つ一つの行動から心を読み取ってあげたいな~と思いました。

  14. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。近所の公園デビューですね。まず抱っこで、と慎重に考えてあげるリッキーママさんは偉いですね。でもリッキーくんのことだから、降ろして~、ってなりそうですよね。チャーリー部長たちにサポートしてもらって楽しくデビューできるように祈ってます。これからどんどん、お外の物に興味が出てきます。広い食いの心配なときは「おいで」で対処するといいですね。最初のうちはおいで→ご褒美でね。

  15. kaoru より:

    SECRET: 0
    PASS:
    たいへん分かりやすいアドバイス、とっても為になりました。ありがとうございます。シザーミランさんの本も一度探してみようと思います。リーダーシップの点に関しては、ロングリードで遊んでいる時の呼び戻し、散歩の時の脚側もできるので、自分では大丈夫だと思っています。以前は、家に居る時に前の道を犬が通る時、散歩中によその家から吠えられた時などにも興奮していたのですが、今では「ノー」と軽いショックで我慢できるようになりました。生活する上で問題だと感じるのは、知らない犬が近づいて来た時だけなのです。恐いと感じる相手と無理に会わせる必要性も感じないので、それだけならUターンで充分なのですが・・・。チャーリーママさんの記事を読んでいて、何か方法があるのでろうかと思って質問させていただきました。過去の記事もこれからじっくり拝見させていただきますね、本当にありがとうございます。

  16. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。知らない犬が近づいてきた時だけUターン、悪くはないと思います。で、もし余裕があれば知っている子が来て、遊びたい時も知らない子が来て飛びつきたい時も脚側でスワレ、マテの状態までもっていけたらいいな~とは思います。できそうですけどね・・・。Uターンする何秒か前にやってみてすぐにツケでUターンというトレーニングはどうですか?回避ではなく意識を変えて、トレーニングとするのです。どうでしょうか?

  17. momotaママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >シャッターの音が怖くて 吠えるでしょ?その時の対応は 「大丈夫よ~」 となでるのではなく、ぎゆっと抱っこして 「吠えないのよ」 と諭すのが正解。 と他のレスに書いてあるのを引用してます。↑まさに、大丈夫よ~と撫でていました(汗)うちは窓から通行人に向かってなのですが、ぎゅっと抱っこで諭すのですね!吠えるのはこの時だけなのですが、この方法で頑張ってみます!ちなみに、長時間の留守番の時はこの窓のシャッターは閉めてあります。これは、開けたほうがいいのでしょうか?でも誰も諭す人がいないんでは、吠え放題ですよね、、、(汗)

  18. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。まず、シャッターを開けておいてお留守番をさせたとき、吠えるかどうか、これが知りたいところですね。反応して吠えるのか、飼い主さんたちに知らせる意味で吠えるのか、このどちらでしょうか?現に、お留守番のときには一切吠えず飼い主さんたちがお家にいるときだけ吠える(お仕事ですね、犬にとって)そういう子がいますので。で、お留守番のときにも吠えるようでしたらシャッターは閉めておきましょう。

  19. momotaママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    わかりました!>お留守番をさせたとき、吠えるかどうか、これが知りたいところですね。↑これなんですよね~ご近所の方に聞いてみようと思います。吠えてるようならシャッターですね!ありがとうございます。躾もいろいろ参考にさせてもらってがんばりまっす。

  20. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    参考になりましたでしょうか?頑張ってくださいね。これからも何でもご相談ください。パパさんにもよろしく。

タイトルとURLをコピーしました