無駄吠えはなぜ、止められないか(3)

この記事は約2分で読めます。

前回の記事、吠える犬への接し方、
大丈夫でしょうか?
「吠えないで~」
なんて言ったって、吠えてる子には通じていません。 
何にも言わないでください。
人間は何とかしなくてはいけないと焦りますよね、
で、声をかけたり、なでようとしてみたり
顔をのぞきこんだり・・・
これは、対人間であったら、もっともな方法でしょう。
が、犬には通用しません。
特に、興奮状態の犬には、全く通用しません。

なぜ、通用しないか、ということについての
今日からのお話です。
脳科学のお話になりますが、
大丈夫でしょうか?
私は、経済とかの話をきくと、とたんに頭痛がしますが・・・
みなさんは、大丈夫でしょうか?
ちょっと、お付き合いください。
可愛いワンコのためです。

脳内の科学作用が、犬のコントロール、やトレーニングに
重要な意味を持ちますよ、
という話です。
犬をトレーニングする立場の人間は
必ず頭に叩き込む必要があります。
また、一般の飼い主さんも知識として持っておけば
ご自分の犬だけではなく、他の犬に接する時に
必ず役に立つはずです。

脳は大きく分けて、大脳の皮質と大脳の辺縁系に分かれています。
辺縁系は本能をつかさどり、情緒面にも密接に関係しています。
一方、皮質は学習、や訓練、物事を知る、認知する
という働きがあり、また学習によってその働きは
どんどん高くなっていきます。
このうち片方の働きが優勢になると
片方は押さえ込まれる、というメカニズムがあります。

察しの良い方はもうお気づきでしょうか?
吠え、怯え、恐怖の状態を表している時、
犬は皮質の部分が押さえられているのですね。
なので、人間の指示に従わない、のではなく
従えない状態なのです。
従うという行動をつかさどる脳が、ロックされた状態だからです。

従わない、と従えない。
一字違うだけで意味が全然違います。
従わないという場合は、甘えであったりするのかもしれません。
要求吠えなどはそうなのでしょう。
しかし、要求吠えを定着させたのは、
吠えたあとの人側の対応がよくなかった、からです。
これはまたいつかお話したいと思います。
問題は、従えない状態の犬です。
これは、甘えではありません。
威張っているのでもない。
情緒面の脳の働きが優勢で、従う脳がロックされているのです。

なぜここまでくどくお話しするかというと
「抱っこすると甘えが酷くなる」
「抱っこは犬を威張らせる」
という考えが定着しきっていると感じるからです。

ご自分が、パニックを起こしている状態であると
想像してください。
どうしたら、止められると思いますか?
どうして欲しいですか?
どうしたら一番落ち着けると思いますか?

力強く抱きしめてもらいたいと・・・思いませんか?

コメント

  1. もち より:

    SECRET: 0
    PASS:
    チャリ男さんは滅多に吠えないのですが、柴さんに咬まれた時、パニッックになり何も聞こえない状態になりました。話し掛けてもパニックで私の目を見てない…。こんな事初めてでした抱きしめて胸にかかえこんで外界からチャリ男さんの五感をシャットアウトしてやっと落ち着き始めました。わんこは感情のある生き物なんだなあと終わってみてしみじみ思います。チャーリーママさんの記事を読んでると改めてスキンシップの重要性を感じます

  2. バニ母 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    なんか、朝からスッキリしましたそういうメカニズムだったんですね~だから、吠えながらにおい嗅ぎはしないんだ~とか同じ吠えるでも要求吠えとの違いってこういうことだったのね~とか自分なりにいろいろ考えてみましたちょっと停滞(逆行)気味だった吠えの矯正がまた少しずつ前進し始めました今朝は、吠えているときに名前を呼ぶだけで吠えるのを止めておすわりしたりこちらをチラチラ気にしながら吠えていたので、オイデといったら飛んできてそのまま吠えるのを止めたりこうやって進退を繰り返しながら、気長にやっていくんですね~そのうち、できるようになると信じて

  3. くんま より:

    SECRET: 0
    PASS:
    家の朱里は家に来てから吠えた事がありません。声はちょくちょく出すんですが、吠えるレベルではなく小さい声です。これって問題?

  4. ボンママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    聞いた事の無い言葉で、ボンママやはり頭痛です…..目がしばしばしてきましたでも頑張って最後まで読みましたよ~なるほどなるほどです確かに抱きしめられると落ち着きますもん!!!ワンコも同じですね早くボンさんを抱っこ出来る様に頑張ります

  5. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    もちさん、こんにちはあの時は大変でしたね。普段からスキンシップを心がけてらっしゃるので乗り越えられた、と思っています。わんこは感情豊かです。人間の想像をはるかにしのぎますね。うれしいしのがれかた(?)ですよね。

  6. まゆ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    一瞬、大脳?皮質?辺縁系?・・・となってしまいましたがメカニズムわかりました!パニックのスイッチがはいってロック状態、まさしくウチの子はそうなってるな~と・・・。私の周りではどうも「抱っこ=甘え」や「甘やかしてるから吠える」みたいな考えが定着してるみたいですワンちゃんたちだって、それぞれ性格の違いもありますよね。躾・トレーニングの方法はみんな同じやり方ではないと思ってます。でも私の周りにはわかってくれる方が少なくって・・・ホント、チャーリーママさんのお話でホッとしました~~

  7. SECRET: 0
    PASS:
    犬の脳のメカニズムとっても興味深いです。従えない状態は声をかけるだけじゃなく、抱きしめてあげる事を忘れないようにしますまるも昨日散歩デビューしたのでこれから何があるか分からないですし気をつけたいです。でも、まずは自分がパニックにならない事が前提ですよねまるは悪い事をした時に叱ると吠え返すのですが、これはなんなんでしょう??何よっ!!って感じで目を見て吠えてきます。反抗期でしょうか?

  8. まにゃ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    脳の話、大好きです♪あらためて、納得! です。。ラフターの事! ありがとうございました。ラフターには問題ないとは、おもうのですが。。犬語がわからない仔もいますし、言い返して来る興奮の仔も居て。。どうするのが一番良いのか? 迷っていたんです。コイで呼んで私が回りを制すれば良いのですね♪頑張ります!!でも、喧嘩を止めに入ったときは(泣)びっくりしましたけど。。下手に声を出して興奮させたら?ととっさに持って。。静かに見守ってしまったのです。。。我が家の仔達を制するのには、多少自信があるのですが、よその仔が入ると。。。迷ってしまいますが、基本は興奮は叱っても止められない!! 毅然と態度で示す! ですよねっ肝に銘じて、身にまとっておきます☆

  9. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はい、そういうメカニズムです。ほう~、すっきりしましたか?すごい頭の構造をお持ちですね。素晴らしい。飼い主さんの迷いが吹っ切れてくるとわんこは、微妙に察知します。それは本能的なものみたいですね。この人になら、ついていって間違いない、バーニーちゃんがそう考え始めているのだと思います。信じてあきらめない、これですね。

  10. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうか~、朱里ちゃんは吠えないのでしたね?みんなが、吠えで悩んでいてかえって心配ですか?大丈夫、問題ではありません。わんこの個性として受け止めた方がいいのではないでしょうか?医学的には問題はないのでしょう?

  11. tomochiro より:

    SECRET: 0
    PASS:
    自分に置き換えたら・・・静かに諭してもらうのが一番収まります。難しい話なんだけど、理解してみるととてもシンプルな事なんですよね。犬が興奮したらこっちもつられて慌てないで大げさなくらい(?)落ち着かないと!!ですね!

  12. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ボンママさ~ん、頭痛くさせてごめんね~。でも・・・目がしばしばは、また別の問題ではまっ、いいか深く考えないようにして、っと。ボンさんスキンシップ作戦の成功を祈ってますよ~

  13. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    メカニズム、仕組みがわかれば後は、応用。応用というのは、わんこがパニックを起こした時今はこの状態では何を言っても無理だ、とにかく落ち着けるために、とその場で行動に移せるか、ということ。練習あるのみです。また、メカニズムを知れば、知らないひとがどうのこうのと言っても、「うちはこのやりかたなので」と毅然としていられると思うのですね。心の安定に役立ちます。ほっとしていただけてよかった。

  14. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ブログ拝見しました~ナイスなお散歩デビューでした。その調子でね。そう、自分がパニックにならないように気をつけないと、ですね。飼い主さんの行動を、結構観察してますからね。まるちゃんのお手本にならないと。叱ると吠え返す?はい、それは口ごたえですね。それは、まだ小さいからとほっておいてはいけません。いわゆる、要求吠えと根っこは同じです。なので、吠え返したら「ノー」です。前に立ちはだかってください。吠えやんだらよく褒めてあげてください。叱ると、褒めるはいつもセットでお願いしますね。

  15. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちはラフターちゃん、喧嘩を止めに入るというのは大したものですよね。飼い主さんとしては「おいおい」でしょうけど。で、止まったんですか?他の飼い主さんたちはどうしているのでしょう?確かに、静かに見守るというのは賢明でしたよね。よその子は難しいですよね。本当に。でも、出来ることしか出来ないのですから・・・身にまとうか~。たまに脱ぎ捨ててあるので、急いで着たりします。私・・・

  16. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちはそうです難しい事でも、自分に置き換えたら・・・ですよねもちさんがコメしてくださったのですが、チャリ男さんが咬まれたことあったでしょ?いろいろあって、わんこは感情のある生き物だなあ、としみじみ思われたそうです。その感情の豊かなわんこに犬というだけで犬としての理論だけをあてはめていいのか?それが真実か?といつも思っている(腹を立てている)私です。ああ~、毒だししなくっちゃ・・・

  17. アントム より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今朝、来客がありやっぱり吠えまくるアン・・・ここぞとばかりにやってみました、抱擁・・・でも大脳辺縁系が支配したアンは暴れる暴れる気が付いたら抱擁でなく、ヘッドロック状態になってました。静かにはなったけど、これではダメですね焦らず少しずつやっていきます。

  18. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんはははヘッドロックですか。ちょっと見てみたかったかも、です。難しいですよね。まさに、支配されていますからね。アンちゃんも青天の霹靂なのではないでしょうか?でも、まあ、静かになったということを評価して次回も(ひょっとしたらヘッドロックを警戒するかも)頑張ってください。

  19. こてつ。 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    熟読しましたぁ~!!うんうん 最近のルイにもありました。手術の痛みでパニックになった時、ギュ~っとしたら落ち着きました。そうですね、人が淋しいときやつらいとき、温もりが安心させてくれますもんね☆チャーリーママさんのお話、本当にお勉強になります

  20. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    熟読ありがとうございますぅ~手術はルイくんにもこてつさんにもなかなか大変な出来事、試練でしたね。でも、こてつさんに抱きしめられてルイは落ち着けたのですね。よかった・・・お勉強になりますか?これからもよろしく。追伸:スヌード最高、グッズ屋泣かせ

タイトルとURLをコピーしました