「オイデ」:子犬の場合

この記事は約2分で読めます。

   

しつこいくらいに「オイデ」ですね。
でもお付き合いください。

家庭犬として必要なことは
呼べば来ること、
やめなさい、ということはやめる、
・・・
他に思いつきません。(どうでしょうか?)
このふたつに集約されるのではないでしょうか?

あまりに多くを求めることで
苦しいのは犬よりも人間の方なのかもしれません。
犬は飼い主さんについてきます。
よほどひどい仕打ちを与えない限り、
必死でついてきます。
それが永遠の友達、犬なのですよね。
それに比べて人間は、迷いが多いですよね。

では、今日の課題(課題?だったっけ?)

パピーの「オイデ」です。
パピーの定義も難しいのですが、
成犬になってもパピーのような犬はいますし・・・
疑いを知らず、いつもハッピー、恐れを知らない
そうですね、社会化期の子犬がパピーです。
まれに、ほんとうにまれに、パピーの時期から
疑り深く、人になつこうとしない犬もいますが、
まあこれは例外として。
子犬は踏んでしまいそうなくらい足元にまとわりつきます。
そのときが「オイデ」のチャンスです。
ついてくる行為に「オイデ」の言葉をかぶせます。
子犬の自発的にしている行動に
「オイデ」の言葉がかけられしかもあなたがうれしそうに
笑顔で待っている。
子犬は自信たっぷりにあなたのところに行くでしょう。
この一連の流れが、トレーニングの
行動が強化される過程です。
トレーニングとはなにも特別なことをするわけではないのです。
特別な犬のためにあるのではなく、
普通に生活する飼い主さんと犬のためのものです。
この点をお忘れなく。
また、パピーの「オイデ」で重要な点は、食事のとき、おやつのとき
先ほどお話した、自ら近づいてくるとき、どんどん
「オイデ」の声をかけ、ご褒美を与えてください、ということです。
この場合のご褒美は食事であったり、おやつであったり褒め言葉、
なでてあげること、すべてがご褒美です。
「オイデ」=うれしい、と強烈にインプットさせるために
「オイデ」の後に嫌がることをしない、
ここは充分押さえておいてくださいね。

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    朝からかくれんぼしていっぱい遊びました。私自身がめちゃくちゃテンション高い人と言われており、犬飼っているしつけ中の人から興奮しておしっこちびるから会った瞬間はテンションさげてと注意を受けたこともありました。喜んで「オイデ」着いてきます。ドアの向こうに隠れるともう自慢げ!!これこそ飼い主といったいになる最高の遊びですね。パピーの時期に毎日手にとるようにブログで教えていただき感謝でいっぱいです。この遊び&トレーニングで注意することはまとわりつくリッキーを踏まないように注意すること!!それと今日のご指摘「オイデ」の後には嫌なことはしない!!ですね。これと初歩のハードルさげたトレーニングでがんばりたいと思います。ワンコはいっぱい遊んで食べてただいま爆睡中です。またまたお願いが・・・そのうち、ぜひ「ハウス」の躾け方もお願いします。万一の災害時や急に預かってもらう時などのためにとっても必要な気が最近しています。ワンコとハッピーに暮らすってやってあげたいことがたくさんあるんだって強く感じている今日この頃です。それにつけても「ノー」の躾の方は簡単にはいきません><

  2. バニ母 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おそらく1歳を過ぎたであろうバーニーは、既にパピー卒業っていう時期なんでしょうねいつからか、急に、つきまとう事が少なくなりましたついてきても、追いかけるというよりは後から自分のペースでやってくる感じこれって、リーダー(バーニー)が私を監視してるって事じゃないですよねぇ、まさか…最近は、おいでのトレーニングも兼ねて、呼んで触ってなるべくコミュニケーションをとるようにしていますチャーリーママさんにいろいろと教えていただいて私のバーニーに対する気持ちのゆとりができたせいか少しずつですが、ガウガウが減ったりアイコンタクトが多くなってきたり、良好な関係が向上している気がしますこれらを日々習慣づけて、これからも頑張ります

  3. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちはリッキーママさん、テンション高いのですね。まあ、文面から、なんとな~く伝わってくるのは気のせいでしょうか・・・飼い主さん自身のON,OFFのスイッチの切り替えも重要なポイントになってくることもありますが、まあ、遊びは夢中になってやってください。ハウスですね?わかりました。ブログねた、ありがとうございます。少し後になりますが・・・。「ノー」のしつけ、行動をやめさせる方法もお話することになると思います。では、頑張ってください

  4. 四季 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    読んでいて呼べば来る事、やめなさいでやめる事そうなだ~と思いました。今の所ポルンは「オイデ」で来る子ですがやめなさいは時と場合によって聞かない時がありますね・・やっぱりチャイムの音で吠えて「ダメ」「やめなさい」って言っても聞いてくれません・・・沢山コミニケーションとって信頼される飼い主になりたい今日この頃です^^又勉強に来ます~

  5. ボンママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    やっぱりチャーリーママさんには、ボンさんの行動パターンまで読み取れてしまうのですね~!!!!昨日のコメントレスを見て、チャーリーママさんは凄いな~と改めて思っちゃいました!!!因に今日は、ボンさんのおいでにおやつを使ってみようと思いますどうなるか楽しみです~!!!!おやつを貰ってすぐ離れて行くボンさんの姿が…….浮かばない浮かばない

  6. まるも より:

    SECRET: 0
    PASS:
    昨日は些細なご報告に励ましてくださって嬉しかったですまた1つ実行してみたものがあるのですが。過去のもので、吠えた時の対応として「拘束して、目を見てノーと教える」(簡単に書いてしまいましたが)とありましたが、↓こんな感じでよかったのでしょうか。。。今朝、吠えた瞬間に私の横にいたので抱きしめるように拘束(したつもり)しながら座らせて、手で顔をこちらに向けて目を見て「だめ」。振り払おうとするのでもう一度「だめ」と言ったら目の表情がふわっと変わった(気がしました)ので「わかったね、おりこうさん」となでて褒めました。そのあと、落ち着いて歩き始めたのでこれでいいのかな?と。体の大きな子(24キロ前後あり長毛なので大きく見えるのです)なのでコツなどもありましたら教えていただければと思っています。ほんの少しずつ緊張しない楽しい散歩になっています!

  7. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは犬と向かい合う時、その子が特に何か問題を抱えている時、飼い主さんの心の余裕が一番の特効薬なんですね。で、どうやったら特効薬を手にいれられるか、要するに余裕が持てるかは、犬とはどういう動物かを知ること、その動物である犬とどうやって接するかを知ること、そして良い行動を習慣にすることです。後からついてきて監視?リーダーが?そんなことはないでしょう、多分・・・パピーの頃のような無邪気な走りがなくなってきただけではないですか?

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちはポルンくん、オイデで来るんですね?いいですね~お外の刺激の多いところではどうかな?やめなさいといって聞かない子のトレーニングのひとつに、刺激(誘惑)の多い場所でスワレやオイデ等できることをさせる、という方法があります。ここでできればさらにレベルアップしたトレーニングをしますが、大抵できなかったりします。できることができないのに、チャイムという刺激で吠えるポルンくんに吠えるな、といってもまずやめないですね。できることをさせて褒める、次は刺激の多い中でできることをさせる、これをやってみてください。

  9. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ははは・・・なぜわかったか、というとチャーリーの性格のパターンに似てますからね。ボンさんは。おやつも、さっさか取られないようにちょっとじらしてみたりしてその場で長く留まれるようにするといいですよ~。さて、今日のお散歩はどうなったのでしょう?

  10. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうですそのやりかたでOKというより、その方法しかない体が大きいので、大変でしょうけど、首が一番敏感なので、首輪を少し引くのもいいです。これは実際お見せするのがいいのですが・・・首輪の位置はあごのところ、耳のすぐ後ろです。クッと一瞬引きます。吠えそうな対象を見つけた瞬間が一番のタイミング。吠え出したら、やはり体を抱きかかえるように拘束(動きをとめる)するのがいいですね。目が変わる瞬間、今日のように見逃さずほめてあげてください。パニックから(吠えるのも一種のパニック症状である場合があると思います)さめた時、お母さんにほめられたら、どんなにうれしいでしょうその調子で頑張ってくださいね。

  11. SECRET: 0
    PASS:
    「オイデ。」まるちゃんは色んな所に着いてくるけど呼んでくる時は半々。おやつはあげようとする前にすでに傍にきてます(笑自分から着いてくる時に「オイデ」と言って強化していけばいいんですね♪実践してみます今のところ、オイデと言ってから嫌がる事はしないように気をつけてます♪嫌がることをする時は無言で捕まえてます

  12. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんはまるちゃん、なかなかお転婆ぶりが楽しいですね。特攻隊長のように、弾丸のように走りまくってますね。そうです、強化してください。オイデ=そばに行くこと、などとは夢にも思っていないでしょうから。大抵のワンコはおすわりと言ったらすわるでしょ?そのくらい、条件反射的になればしめたもんだと思いますよ。

  13. タルルママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは~。オイデのトレーニング、家の中で楽しくしています♪また、かくれんぼをしてオイデで私のところに駆け寄って来る時の、タルルの表情がかわいくてたまりません!口を開けて、耳を後ろにピンとさせて。チャーリーママさんありがとうございます!ただ、オーバーに褒めると、うれしいのか、興奮してしまいます。褒め方がへたなのかな・・・といつも思います。ちなみに、トイレをした後は毎回ドライフードを1粒あげて、一言ぐらい褒めてナデているのですが、この時は落ち着いています。オイデの時は、私がうれしくて興奮しがちに褒めているからなのでしょうか???甘噛みされてしまったりします。チャーリー君達はノーリードの写真が多いですねいつも、すごいなぁと思っています。

  14. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    もう完全に復活(笑)ですねう~ん、そうか、タルルくんのようにちょっと興奮しすぎてしまう子の場合は・・・駆け寄ってきて、そこで一回おすわりを入れてみましょう。そしてトイレのときのように褒める、という方がいいかもしれませんね。褒め方が下手なのではないですよ。むしろ楽しさが伝わって駆け寄った楽しさプラス褒めで、興奮するのですね。褒め方はお上手です。ただタルルくんには興奮させすぎてしまうのかな?ということですね。チャーリー達、写真を撮るときはリードを束ねてその場に置いて、マテ、なんですね。猫が通るとまずいですけどね・・・

  15. 豆たろうママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    オイデヾ(=^▽^=)ノの練習してきました★ う~ん…成功率6割ってとこです(;^_^Aまずまず… 様子を見ていると、まるでテレビゲームに熱中して、親の言うことが全く聞こえていない子供と同じ。自分の世界に入ってしまうと、わたしの声が聞こえていないようです(;´∩`)また明日もがんばります!

  16. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございますうん、まずまずですね。それよりも、テレビゲームに熱中して、親の言うことが全く聞こえない子供、そう観察できたママさんが素晴らしいと思います。そうなんです、犬はいつまでも子供の心を持ったままだからこそ、さらに楽しく導いてあげれば絶対上手く行くと思います。努力は裏切りませんよ~

  17. SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。わあ~さすが!!私のテンション高いの文面からも読み取れますか(@_@;)結構、私には隣近所のワンコ達、なつきます。でも、我が子には遊ぶ時以外は穏やかに・・・って思うのですがついつい・・・><>「ノー」のしつけ、行動をやめさせる方法楽しみにしています。さあ、今日はこれからワンコ目線にたって徹底的にリビングの掃除をしようと思います。

  18. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はい、多分ここに来ている方たちだったら見抜いてると思います・・・ついつい・・・はは・・・アジリティーなんてやったら最高でしょうね。テンション高い方が楽しいですしね。反面、興奮症の犬を相手にするときは少し注意していただかないといけませんが・・・。お掃除ですね頑張ってね~

タイトルとURLをコピーしました