犬を「うちの子」にするために

この記事は約2分で読めます。


リーダーシップを発揮してください、
犬をリードしてあげてください、
犬のリーダーとして毅然と生きてください。

こう告げると、躊躇する方が多いのはどうしてでしょうか?

犬のリーダーになるということは、
恐怖を使って(暴力で)犬を従えるということでは
ありません。
犬に暴力を使う人はむしろ犬のリーダーにはなれません。
犬は恐れているだけです。
リーダーになるということは
尊敬される存在であるということ、
あなたに従って安寧を得たいです、という犬の気持を育てる
ということです。

昨日の記事で
「私はあなた(犬)を守る」
ということを行動で示す、とお話しました。
犬を守ることがリーダーとしての
究極の努めなのです。

では具体的に・・・

あなたの犬が他の犬連れの方に吠え立てています。
そのときとるべき行動は?

「ごめんなさい、ごめんなさい」
といつまでもぺこぺこしないでください。
あなたがうろたえたら、犬はあなたを弱い人だと認識します。

あなたが取るべき行動は、
「ごめんなさい」
とひとことあやまり、犬をその場から引き離します。
そして座らせ、顔をあなたの方へ向けさせ
吠えてはいけないことを告げます。

「簡単に言わないで~」

はい、そうですね。私にも簡単ではありません。
よくわかります。

しかし、これを続けない限り、あなたの気持は伝わらない、
そればかりか、犬があなたの前に出て
あなたを守り始めてしまうでしょう。
なぜなら、あなたは犬が吠え始めると
うろたえて、他人にぺこぺこし、制御すべき犬を
そのまま吠えさせているからです。

毅然と、普段の生活でも、命令される人ではなく
いけないことはその場で矯正する。
それを続ける事によって、必ず言う事をききます。
吠えるという衝動を抑えてくれます。
なぜなら、あなた、リーダーがやめろと告げているからです。

犬は非常にシンプルです。
従うか、従わせるか。

同じ布団に寝ると権勢症候群になるだとか、
ソファーには乗せるなとか、
そんなことはリーダーになるために何の意味もない、
と思っています。
大切な事は、普段の犬への接し方。

だから、リーダーになることに躊躇しないで欲しいです。
リーダーになるということは犬との生活を
寒々しいものにすることはありません。
むしろ、犬を安定させ、良い関係ができるはずだと思います。
その積み重ねによって「うちの子」になっていくのです。

具体的といいながら具体的ではなくてごめんなさいです。
が、大切なのは飼い主さんのリードの仕方なんです。

頑張りましょうね~

コメント

  1. まるも より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。更新時間と私のおじゃまする時間が前後しているので、新参者なのに早速ですみません。そして、話題が吠える事に関してだったので・・・書かれている飼い主の姿は、ちょっと前までの私の姿そのものです。他の犬に吠える以外は、私にとってほとんど問題はないと感じていたのですが、吠える事への私の対応自体が問題の入り口になっているのかもしれません。そう感じるようになったのは、チャーリーママさまのご指導と再度読んでいるシーザーミランの本のお蔭です。気づいたのはほんの少し前からということになります、恥ずかしいです。今日のご指導、ちょうど実践しているところです。でも、もっと日常も含め、リーダーとして穏やかで毅然とした状態を維持できるようにしたいと思います。過去の内容も徐々に拝読していますが、コメント欄の下にある「絵文字を表示」という所だけは、パソコンに不慣れな私は怖くて触れません(笑)

  2. バニ母 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ムムムム…ムズカシイなぜそんなに難しいと感じるか…?たぶん、必要以上に人間的な感情を付け加えて彼女の行動のウラ(意味)を読もうとしてしまうからなのかな?と自己分析…今日の話題からは少しずれてしまうかもしれませんがこちらがリーダーになる、という観点で捕らえたときに一番難しいと感じるのは、遊んでほしい、と訴えられたときの対応です応じてあげられるときと、全く無理なときがあります今は無理だよ、とリーダーとして伝えることができたとしてそれをいつ実行すれば良いのでしょうか諦めて眠ってしまったときなどはそれはそれでもう全てクリアって考えてよいのですか?なんか、人間的には、ふてくされて眠ってしまった感じになってあまり良い関係が続いていかなくなるような気がしちゃって犬は、諦めてしまった残念な感情をいつまでも引きずらないと思っていいですか?『犬は今を生きる』って、つまりそういう意味なのかなぁ

  3. そらママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。昨日公園で散歩させていたところ、一ヶ月前にあったボーダーコリーのワンちゃんには、うちの子は吠えずに挨拶にいったのですが、遠くからやってきたラブにかいは吠えました、私はその場から立ち去ったのですが、その後私がどのような行動をとったらよいか分かりませんでした。ちゃんとかいの顔を見て吠えてはいけないことを教えるのですねリーダーシップを取ることは、ワンちゃんを迷わすことなく安心した生活をさせるために大切なことだとよく分かりました。今かいは、私に向かって早くおやつ頂戴と吠えなくなりましたチャリーママのお陰です

  4. 四季 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    勉強になります。読んでいると私と当てはまってる~と思うことばっかり・・・吠えたら私が謝ってばかりでした。しっかり「いけない!」と教えなければりっぱなリーダーになれないのですね。毎日迷いっぱなし。でもチャリーママさんのブログで勉強します^^

  5. 豆たろうママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    犬に自分から吠えかかっていくことはありませんが、よく吠えかかられます。豆たろうは我慢しているようで『ぐるるる~・・・』っとうなっています。人に吠えるのが一番心配、、、自転車に乗っている人に吠えてもし転倒したら・・・とか心配になりますチャーリーママさんの通りに、しばらくがんばってみたいと思います

  6. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    新参者であろうと、古株(笑)であろうといつでもどうぞ、ですね。吠える事への飼い主さんの対応が問題の入り口・・・そうですね、そうなのかもしれません。また、そこが解決のための入り口でありまた到達すべきポイントです。頑張りましょうね。一緒に。絵文字・・・(笑)大丈夫ですよ、私も最初間違って投稿押しちゃったりして、ずいぶん慌てました

  7. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    優しいのですね~、バニ母さんは。バーニーちゃんは幸せだ大丈夫です。諦めてしまった残念な感情(笑)・・・大丈夫、引きずりません。それが犬です。また、人間が見習うべきところなんですね。だから犬は永遠の友達なんですよ。人間が安心して心を許せる、器の大きさを持っています。だから、そんな犬のリーダーになるためには暴力はいらないのです。

  8. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちはかいちゃん、その場から離れても吠えていましたか?吠えたときリードを少し引いてママを見上げればその場で「ノー」です。それでも吠えるようなら離れて吠えてはいけないと伝えてください。もう吠え止んでいるときに吠えてはダメだといっても多分もう、忘れています。何に吠えていたのか。ということは何に対して叱られているかがわからない、と思います。いけない行為のできたら2秒以内に叱る、これがタイミングです。難しいんですよ~

  9. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    飼い主さんが勉強するのだ、と気づいていただけて、とてもうれしいです。出張トレーニングをやっても、そこのところが伝わらないで、結局続かない、そういうパターンがありますので。あとは、少しずつ、実践していただいて、わからないところ、疑問が生じましたら、遠慮なくコメントしてください。頑張ってね~

  10. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    豆たろうくん、我慢するんですね。我慢したときにはいっぱい褒めてあげてください。そうすると、吠えなければ褒めてもらえる、ママが喜んでいると思えば、自転車に乗った人に吠えることもない、と思いますよ。頑張ってくださいね。

  11. アスパシア より:

    SECRET: 0
    PASS:
    家の玄関チャイムが「ピンポ~ン♪」遊びに夢中で不意を付かれたアスパと一瞬目が合いお互いに「???」と同時に「マテ」の指示を出しました吠えませんでした~~大成功でしたいつも、チャイムが鳴る前から気が付くようで先に吠えられてしまうのですが、こうして、機先を制することが出来れば、よりコミュニケーションが取れるんですね最近、アスパの目が違ってきています良いにつけ、悪いにつけ、目の輝きに強い意志が現れている気がします集中力もアップして、学習能力も上がってきたような・・・(親バカです)

  12. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    良いにつけ、悪いにつけ、目の輝きに強い意志が悪い方の輝きはちょっと怖いかもでも、ワンコは学習するのが好きよね。自信がつくから。また、学習はタイミングが命。わざと、失敗させる場面を作って失敗させないで褒める、究極のトレーニング法です。ああ、チャーリーも頑張らないと

  13. ボンママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ワンコが吠えた時に、相手の飼い主さんにヘコヘコ謝っていると弱い人だと思うのですね!!!!ボンママまさにこのタイプ….ボンさんが私をリーダーとして認めてくれないのは、弱いからだったんですねなるほど~!!納得ですやっぱりワンコを躾ける為には自分が変わらなくては行けないのですねボンママ頑張ります

  14. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    優しい飼い主さんなんですね。ボンママさんも。ワンコの物の捉え方は人間とは違うのですね。吠えて相手の人に平身低頭で謝る事は、人間としてはとても礼儀正しいことですが、一言謝れば、相手には伝わりますので飼い主さんは、ワンコに集中していただきたいです。そうですね。自分が変わらないといけないんですよね。でもきっと変われるということは良い事、これからの人生にとってきっとプラスになることなので・・・やはりワンコに感謝ですね。

  15. tomochiro より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ありゃりゃ・・・私はうちのが吠えたら相手のワンコに謝ってました(汗)余計たちが悪いですねワンコって飼い主の事良く見てるのですよね。そんな風に捉えてるなんて思いもしませんでした。気をつけなきゃ。。。チャーリー君、いい笑顔だぁ

  16. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    相手のワンコに?謝っていた?tomochoroさん、優しい、優しすぎるでしょ?たち、悪くはないですけど。ちろくんはどう捉えているかは微妙ですね。最も巧妙なワンコの捉え方は、「ああ、お母さんもあっちへ行けって吠えてるけどそんなんじゃ、効かないよ。もっと、こんな感じで吠えなくっちゃ、バウバウ」みたいな・・・ワンコは謝っているとはわからない、ということですね。ワンコ道は奥が深いっす。

  17. apple-pie より:

    SECRET: 0
    PASS:
    数日分をまとめて読ませて頂きました。「フセ」も「マテ」も中途半端、マズルコントロールも相手への謝りも過剰気味。なんだか私、だめ飼い主の見本みたい。かなり、落ち込んでしまいました。でも、ココちゃんじゃないけど「目」です。じっと見つめてくれる目、朝の寂しげな目、夜の嬉しげな目。この子には私が必要なんだなと思える時ですね。

  18. SECRET: 0
    PASS:
    散歩するようになってまるがワンちゃん相手に吠えるようになったら私もすいません、すいません。って謝りながら足早に去って行く所だったかも。毅然とイケナイよって教えなきゃリーダーには見てもらえないんですね。というか、今でさえお友達と見られてる可能性が高いかもですでも、この前抱っこ散歩に出かけた時は近所の庭に繋がれてたワンちゃんに吠えられても平然としてたのがちょっと救いかな。もう少しすると恐れが出てくるかもなので今のうちに慣れといてもらわなきゃ★

  19. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは落ち込まないでくださいね~。大抵の方、の通る道というかそのように飼っていらっしゃいます。問題の出ない子と、出る子といますし、飼い主さんがどう受け取るかもいろいろですし・・・まあ、基本的にワンコの純な目に応えてあげられるかどうかそこですよね。ゆる~く行きましょう

  20. チャーリーママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    うん、うん、お友達でいいよ~。優しく、遊んでくれる存在で大丈夫。で、お外の世界に触れた時、毅然と守ってあげられれば、自然にリーダーとして認められるはずです。この自然に、というのがポイントね。で、今は吠えられても平然としてるじゃないですか。ここで注意してほしいことを一点。慣らさなきゃ、と思うことでわざわざ近づける方が多いです。近づけないでね。お散歩が始まってもね。最初は、フレンドリーなワンコに協力してもらって慣らさせてもらってください。まあ、まるちゃんはワンコと遊び慣れてると思うけど・・・念のためにね

タイトルとURLをコピーしました